*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜の出来事
今回の記事は、ももの体調に関する記録として綴って

おりますので、うさぎさんの突然の体調の変化(悪化)

と、その後の回復に至るまでの三~四時間の記録に

興味をお持ちの方でなければ、スルーして頂ければと

思います。(写真等もございませんが、それでもよろし

ければ何かの御参考になればと思います。)






二十四日(木曜日)の夜十一時半過ぎ、ももの三回目

のお給仕を始めて、日付が変わって二十五日の午前

一時を過ぎた頃のことです。




小さくちぎり終えたもものお野菜をお皿に入れてケージ

にセットしてから、最近換毛中なのか普段に比べ抜け

毛が多いもものブラッシングを終えて、サークルの中に

敷いたカーペットに落ちたももの毛を、ティッシュペーパ

ーにグルーミングスプレーを吹き付けて拭き取っていま

すと、突然、それまで機嫌良く元気に過ごしていた(と、

私には見えました)ももが、サークルから走り出てケー

ジの中に駆け込みました。






私は、もものブラッシングとお手入れが終わってから、

撫で撫でを沢山して、その後、いつもと同じようにサー

クルの中の拭き掃除を始めたのですが、ももは、撫で

撫での時間が足りずに怒ってケージに戻ったのかしら

と思い、ケージの中を見ますと、ももの身体がケージの

奥で小刻みに震えているように見えました。




もものいるお部屋は二十四時間エアコンをつけたまま

で、室温二十六度を保っているのですが、ももには暑

いのかもしれないと思い、設定温度を二度下げました。





しかし、ももの様子は変わらず、不安になった私は娘に

も、ももの様子がおかしいと伝えました。娘と一緒にもも

のいるお部屋に戻り、凍らせたペットボトルを入れた人参

の形をしたケースをケージの中で横たわっているももの傍

に置きました。







夜間に診察して下さると聞いていた動物病院に、お電

話をしましたが繋がらず、娘がスマホで確認しますと、

夜間の受付は十二時までとのことでした。





その時の私は、救急の動物病院があっても、うさぎを

診て下さる先生がおられるかどうか分からないというこ

とが頭の中に浮かんで来たり、夜まで、ずっと元気にし

ていたももが、深夜に突然体調を崩したことに気が動転

しておりましたが、娘が、ももがケージの中でウ○チをし

ていることに気付きました。













IMG_2890+1_convert_20140727223558a.jpg




普段のももはケージの中のト○レはほとんど使わず、

お部屋用のト○レを主に使っているのですが、その時

は、ケージの中の隅に座って底トレーに落したり、ケー

ジの中のトイレの上で横になったり座ったりしながらウ

○チをしている状態でした。













IMG_2894_convert_20140727223847.jpg




ケージの扉は開けたままにしていましたが、ももはケ

ージの中で横になったり、座ったり、回ったりしていま

した。





ケージの底トレーに落ちたウ○チを見ると、普段の丸

いコロコロした乾いたウンチではなく、軟便でした。





それまでのももの様子から、「お腹が冷えて痛いのか

もしれない。」と思い、冷やすために置いた凍らせたペ

ットボトルを入れた人参の形のケースは退けて、薬草

ホットパッドを用意しました。






暑い夏に、暑さに弱く、熱中症を起こしやすいと言われ

ているうさぎさんを温めても大丈夫なのかという迷いも

生じましたが、娘が、「お部屋の設定温度も下げている

から大丈夫と思う。」と、申しましたので、試してみようと

思いました。





「ももちゃんがケージから出て来てくれないと、腰を温

められないわ。」と、娘に話していますと、ももがサーク

ルに走り出て来ましたので、タオルで包んだ薬草ホット

パッドを腰に当てて、もものお顔を撫でました。




私達の会話を聞いたももが、即、ケージから出て来たと

いうことは、今迄何度か薬草ホットパッドで手当てをした

経験のあるももも、「薬草ホットパッドを今回も当ててもら

いましょう。」と考えたのかもしれないと、その時、思いま

した。













IMG_2895_convert_20140727224202.jpg





ももが落ち着いて来た頃、ももは軟便でお尻周りが汚

れた状態でしたので、片方の手で頭を撫でながら、も

う片方の手でお尻周りの汚れを拭き取っていましたが、

そのことに途中で気付いたのか、逃げ出してしまいまし

た。






ももの体調は、だんだん良くなって来ている感じはし

ましたが、心配でしたので、娘と交替で見守ることに

しました。次にお部屋に入りますと、ももは私が小さく

ちぎってお皿に入れておいたお野菜を食べているとこ

ろでしたので、大分良くなって来たと思いホッとしまし

た。





朝五時半を過ぎた頃には、ももはすっかり元気を取り

戻し、ウ○チも、軟便から丸い形のウ○チに戻りまし

たので、ももにケージに戻って休むようにと声をかけ、

私もお部屋を出ました。













IMG_2902+1_convert_20140727224415.jpg


(七月二十五日午後に撮影したももです。)




その後ももは、すっかり元気になりましたが、お尻周

りと後ろ足が汚れてしまいましたので、毎日少しずつ

グルーミングスプレーを吹き付けたティッシュで拭いた

り、鋏で汚れた毛をカットしたり、ももが疲れないペース

でお手入れしています。(手に負えない場合は、うさぎ

専門店さんや動物病院にお願いすることになると思い

ます。)














IMG_2916+1_convert_20140727224819.jpg




※七月二十九日、記事中にももの写真を五枚掲載

致しました。












<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_1480+1_convert_20140720224735.jpg

















クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。