*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
リヴィングルームでのももの様子
昨日は私の体調が悪化して、朝とお昼のお給仕はし

ましたが、夜はもものお世話に行くことが出来ません

でした。夜、娘がもものお世話をする際に、その旨、

ももに伝えてくれたとのことですが、ももは大変お怒り

の御様子で、荒れるももに、おやすみの挨拶に和室

に入った息子が、「ももちゃん、怖い。」と、呟いたそう

です。






今朝のももの様子なども後日お伝え出来ればと思って

おりますが、今回の記事では、ももが三日間リヴィング

ルームで過ごした時の写真を、もう少し掲載しておきた

いと思っておりますので、よろしければ御覧下さいませ。



















ももは、好物の春菊はいつも私が手でちぎっているそ

ばから食べることが多く、その時食べ切れなかった分

もケージの中で一番先に食べ終えます。














IMG_9717+1_convert_20140610201159.jpg




春菊以外のお野菜はお皿に残したまま、ケージから

出て来て遊びます。














IMG_9733+1_convert_20140610201727.jpg



ふやかしたペレットを食べ終えた後、お鼻に少しペレ

ットを含んだ茶色い水分を付けたままで、大きなベッ

ドを運んで遊ぶももです。






うさぎさんの足にはフローリングの床は良くないとの

ことですので、ももの遊ぶ範囲にマットやカーペットを

敷きましたが、ももは、フローリングの床の部分まで

ベッドを運んでおりました。



以前はフローリングの部分には行きませんでしたが、

今回は大分慣れたようで、ソファの下はお気に入りの

場所になっていました。




ももの姿が見えない時、「ももちゃん、どこにいるの。」

と呼びますと、ももはソファの下からお顔を覗かせて

くれました。その様子はとても可愛く思えましたが、

「ソファの下で何をしているのでしょう。」と少し心配で

もありました。





ももが和室に戻ってから、ソファの下を確かめてみま

したが、特に悪戯等はしていないようで、良かったと

思いました。長期間になると、何か始めるかもしれま

せんが・・・。













IMG_9742+1_convert_20140610202035.jpg










IMG_9744+1_convert_20140610203017.jpg




冬に購入したマットをケージのそばに置いておきま

すと、ももは楽しそうにマットを掘って遊んでいまし

た。















IMG_9794+1_convert_20140610204709.jpg




ココヤムクッションの上で毛繕いをしたり、休憩した

りするももです。













IMG_9701+1_convert_20140610194825.jpg










IMG_9692+1_convert_20140610194408.jpg










IMG_9811+1_convert_20140610205512.jpg



マットの上で寛ぐももです。すっかりリヴィングルーム

に馴染んでいます。





リヴィングルームの室温は和室に比べて高めなので

すが、丁度気温の下がった時期で良かったです。














IMG_9824+1_convert_20140610205839.jpg



和室側の外壁塗装が終わった後、リヴィングルーム

側の外壁塗装をして頂くため、蕗とももを和室に戻し

ました。蕗はケージごと和室に戻しましたが、ももは

ケージだけを先に和室に戻し、ももを戻そうとしますと

ソファの下に隠れてしまいましたので、その日は夜遅

くまでリヴィングルームで過ごしておりました。




蕗とももがリヴィングルームからいなくなると、とても

寂しい気持ちになりました。娘と息子も同じ気持ちの

ようでした。



今迄も蕗ともものお世話のため、和室で一日何時間

も過ごしておりましたが、一日中姿を見ることが出来

るのは、とても良い面があることに気付きました。






以前はペレット入れとしてもものケージに固定してい

た容器に、最近はきゅうりを入れているのですが、

ももは、きゅうりが無くなりますと、その容器をペロペ

ロと舐めてこちらを見て、「もっとほしい。」とアピール

する様子や、ロフトの上で眠っている姿を見ることが

出来て、日中のももの様子を一層よく知ることが出来

ました。




スペースの問題やコード類のこと等、色々工夫が必要

な面が残っておりますが、蕗とももがもう少しリヴィング

ルームで過ごせる時間を、これからも持てると良いなと

三日間を過ごして思いました。
















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_9693+1_convert_20140610194607.jpg














クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)