*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もも、動物病院へ






先日、家族でランチに出かけた際、レストランの敷

地に咲く芝桜をコンデジで撮影しました。花壇には

チューリップやパンジーも咲いていて、可愛い花々

を眺めているだけで心が弾みました。















我が家のももは、毎日元気に過ごしておりますが、

前回の歯の診察・治療から一か月余り経ちましたの

で、昨日、四月二十六日(土曜日)に、動物病院に

連れて行って参りました。






動物病院には、夫の運転で高速を使い、家族で参り

ました。午後の診察開始時間の数分前に到着しまし

たが、既に沢山の方が来られていて、診察まで二時

間待ちました。

















IMG_4795_convert_20140426231036.jpg





午後の診察時間になり動物病院へ入りますと、待合

室はとても混んでいましたので、車の中で待つこと

に致しました。





車の中では、私の膝に大き目の防水マットをかけ、

その上にキャリーから出したももをのせました。

ももは動物病院へ行くといつもそうなのですが、今

回も、車の中で待っている間も、とても緊張してい

るようで、はじめのうちは目を大きく見開いていま

した。(今回の記事の写真は全てコンデジで撮影し

たものです。)


















IMG_4799+1_convert_20140426231418.jpg




「ももちゃん、安心して歯の状態を診て頂きましょ

うね。」





ももは、途中からは退屈して来たのか、時々、私の

膝の上で身体の向きを変えて車の中を観察したり、

マットをホリホリしたりもするようになりました。
















IMG_4816+1_convert_20140426231736.jpg




私は車の中で待っている二時間近くを、ずっともも

を撫でておりましたので、最初はずっと緊張した表

情だったももも、だんだん緊張が解れて来たようで、

目を閉じて気持ち良さそうに歯を擦り合わせて音を

立てるようになりました。













診察時間が近付き待合室に入りますと、二時間前と

変わらず混んでいました。




ももの順番になり、気になることとしてお顔を撫で

ている時、ももの左目から涙が出ていて手が少し濡

れることがあることをお伝えしました。この点につ

きましては、診察後、問題ないとのことで安心致し

ました。








ももの歯の状態は、表面を見ただけでは分からない

面があるため、麻酔をして診察して頂くことになっ

ており、ももに、「頑張ってね。」と伝えて、もも

はキャリーのまま別室に運ばれ、私と付き添ってく

れた子ども達は診察室を出ました。





待合室はとても混んでいましたので、ももの麻酔が

覚める頃まで、車の中で待つことに致しました。








車の中から待合室に戻り、しばらくして診察室に呼

ばれ先生から御説明を受けました。診察室に入って

来られた先生の表情を拝見して、今回も何かあった

のだと感じました。






先生は、今回の診察の際に抜けたももの歯を差し出

されました。ももの右上の臼歯が一本抜けたとのこ

とでした。そのため、現在、ももの右上の臼歯は、

一番奥に一本だけ残っている状態になったとのこと

で、写真を見せて頂きました。







私は、ももは既に歯を四本失っていると思っており

ましたが、それは私の記憶違いだったようで、ノー

トに書いております通院記録を見ますと、今回抜け

たのが四本目の歯にあたります。(これまでは三本

の歯を失った状態でした。)








歯が抜け落ちた後に、新しく生えて来た歯が抜けた

分を入れますと、今迄に五回、歯が抜けており、そ

れらは全て動物病院で診察して頂いている時に抜け

ました。












動物病院の先生からは、あまり歯を保たせようと無

理に思わなくても、全部抜けてしまっても、その場

合は、歯を削る治療の必要がなくなりますという趣

旨のお話を伺いました。






先生の御言葉には、ももの現在おかれている状態を、

あまり悲観的に考えないようにというニュアンスが

込められているのかもしれません。















長くなってしまいましたので、今回の記事はここま

でにしたいと思います。機会があれば、ももの歯に

ついて、もう少し記録しておきたいと思っておりま

す。
















ももの歯の問題による通院記録

2014-04-26

歯の不調による受診 :25回目

歯のカット:20回目

麻酔:22回目

ももの体重:1,780g

(今回、右上の臼歯が一本抜けたため、合計4本の

歯を失ったことになる。新しく生え換わった歯が

抜けた分を入れると、5回抜けたこととなる。)

















※この記事は予約投稿です。








<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>







IMG_4810+1_convert_20140426232028.jpg




動物病院から帰宅後のももは、お野菜とふやかした

ペレットを食べる姿を見せてくれましたので、安堵

致しました。ももが毎日を心地よく過ごせるよう、

これからも頑張って参りたいと思います。













クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村












プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。