*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
リヴィングルームで過ごすもも





先日の夜のことです。ももはいつものように、元気

に毛布を運んで遊び、ふやかしたペレットとお野菜

を食べ、撫で撫でも沢山要求して、

















IMG_5497+1_convert_20140418201313.jpg




休憩もしました。その日は、娘がお料理を担当して

くれましたので、息子が、夕食の時間だと私を呼び

に来てくれた時、私はまだもものお野菜をちぎり終

えていませんでした。






私は、「まだお野菜をちぎり終わっていないので、

お先に三人でどうぞ。」と申しましたが、息子は

それなら待っていると申しますので、少し思案し

た後、とりあえず、ちぎり終えている分をケージ

に入れ、残りは夕食後、すぐにもものいるお部屋

に戻って来てちぎり終えれば良いと思い、ももに、

「すぐに戻って来ますから、ももちゃんはケージ

に戻って、お野菜を食べて待っていてね。」と、

声をかけました。





するとももは、小さくちぎり終えたお野菜をお皿に

入れている私の手元に突進して参りました。私はお

野菜に気を取られていて、その時は、一瞬何が起こ

ったか分かりませんでしたが、ももは私の言ったこ

とに怒ったようで、私の手にももの前歯が当たった

ようです。






怪我はしませんでしたが、軽い痛みがあり、ももに

「駄目でしょう。」と注意をすると、サークルの奥

に逃げて行きましたので、追いかけて捕まえ抱っこ

をして、「人に歯を当てたり噛んだりしてはいけな

い。」と、今後のこともあるので言い聞かせました。




その後、仰向け抱っこもしましたが、ももは静かに

していましたので、自分がしたことが悪いことだと

分かっているようでした。







ももは、昨年の九月に、乾いたペレットと牧草が食

べられなくなり、それ以降、大量のお野菜を手でち

ぎって与えるようになりましたので、その間、ケー

ジのお外でのお遊びの時間も長くなり、回数も多く

なり、それにつれて、ももの要求水準も高くなって

来ていることを感じています。





大好きな牧草を、自分の歯で思うように食べられな

いももを不憫に思う気持ちがありますので、私も、

ももの要求を出来る限り叶えたいという気持ちで接

していることを、ももも感じ取っているようで、そ

の日は、ももも寂しいのでしょうと思い、リヴィン

グルームに連れて行くことにしました。
















IMG_5526+1_convert_20140418201712.jpg




ももに、「まだケージに戻りたくないのなら、リヴ

ィングルームに一緒に行くことにする?」と声をか

けますと、ももはその場でじっとしておりましたの

で、抱き上げてリヴィングルームに連れて参りまし

た。














IMG_5516+1_convert_20140420001822.jpg




和室から運んだ、もものベッドの上で寛いでいます。





「これから何をして遊びましょうか。」と、考えて

いるところかもしれません。
















IMG_5533+1_convert_20140418202518.jpg




晩御飯を一緒に頂くももです。

















IMG_5549+1_convert_20140418202905.jpg





ももがよく行くドアの手前に、おもちゃを置きまし

た。ももは、この場所が気に入ったようです。

















IMG_5567+1_convert_20140418203211.jpg




この日は、娘にも沢山撫でてもらって満足したよう

でした。

















IMG_5584+1_convert_20140418203442.jpg




好物のパセリは、和室にいる間に食べ終えて、春菊

を入れた容器も空になり、残っているのは人参葉と

大根の中抜き菜とセロリの葉の入ったお皿です。

















IMG_5587+1_convert_20140418210225.jpg




ももは、一生懸命食べているうちに、お野菜をのせ

たトレーの上にのってしまいました。

















IMG_5606+1_convert_20140418203738.jpg




この日の夜、娘は、「ももちゃんは、大分落ち着い

て来たわね。」と、何度も申しました。





昨年の暮れ頃、リヴィングルームで過ごした時は、

お部屋のあちこちを走り回りながら、ウ○チを一粒

ずつ落して、マーキングをしておりましたが、この

日はドアの近くに置いたト○レで用を足し、もも用

に敷物を置いたスペースで楽しそうに過ごしていま

した。
















IMG_5616+1_convert_20140418204133.jpg




ももを我が家にお迎えして五年七か月になりますが、

リヴィングルームで過ごした回数は少なくても、前

回のことを忘れるということはないようで、一回毎

にお部屋に慣れ、落ち着いて来ているようです。






野生のうさぎさんも、一度訪れた場所は忘れず記憶

に留めているのでしょうと思います。
















IMG_5618+1_convert_20140418204341.jpg




「ももちゃん、しっかりお野菜を食べて、これから

もずっと元気に過ごしてね。」

















諸々の事情により記事の更新が滞り、申し訳ござい

ません。その間も、御訪問、応援クリック等を頂き

感謝申し上げます。ありがとうございます。これか

らも少しずつでも、我が家の(主にももの)記録を

綴って参りたいと思っておりますので、どうぞよろ

しくお願い申し上げます。

























<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>







IMG_5534+1_convert_20140418202703.jpg












クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)