*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金網の向こう側




好物のパセリを頂くももです。




「ももちゃん、これから小さくちぎりますから待っ

ててね。」



昨日のお遊びの時間、ケージの扉を開けると、もも

は牧草をお口に銜えて飛び出して参りました。牧草

を上手に食べることが出来るかどうか、じっと見て

いますと、ももはわざと反対方向を向いてお口をも

ぐもぐさせています。ももの口元を見ようと前に回

りますと、ももはサークルの中に走って行ってしま

いました。そこでも更にもぐもぐしておりましたが、

ももがサークルから出て来た後、その場所を確かめ

てみますと、カーペットの上に牧草が落ちていまし

た。






昨年の九月に、牧草や硬いままのペレットを食べら

れなくなって以降、娘は何度かほんの少しですが、

牧草を食べるももを見たことがあるそうですが、私

は一度見かけたことがある位で、ほとんど見ること

はありません。






ももを見ていますと、今でも硬いものを食べたいと

いう思いは残っているように感じます。

















IMG_2659+1_convert_20140320204140.jpg



ももは撫でるのを止めた後などに、ケージの上に飛

び乗って、そこから金網の向こう側に飛び降りて、

そこでケージの横や奥をホリホリしたり、

















IMG_2662+1_convert_20140320204704.jpg




お野菜を小さくちぎっている私の様子を、「まだ終

わらないの。」とでも思っているのか、金網の向こ

う側から観察していたり、

















IMG_2674+1_convert_20140320204953.jpg



新しい休憩場所として寛いでいたりします。



禁止された場所で遊ぶことは、ももにとって楽しい

ことのようです。







少し前までは、ももが金網の向こう側に行く度に注

意して呼び戻していましたが、こちらの隙を見て、

またケージに飛び乗って飛び降りてを繰り返すこと

になり、却って危なく思えますので、最近は、金網

の向こう側へ降り立ってしまった時は、そこでホリ

ホリをすることで、ももの気晴らしになるのならと

いう気持ちもありますので、そのままそこでしばら

く遊ばせるようにしています。






一晩で大量の牧草を食べていたももが、軟らかいお

野菜とふやかしたペレットしか食べられなくなった

ことで、余ったエネルギーをどこかで発散したい思

いがあるのではないかと、もものホリホリを見てい

て感じます。





以前はお遊びの時間のほとんどを、もものお相手を

して過ごしていた私も、現在はお野菜をちぎること

に時間がかかり、ももはそれを仕方ないことと思い

つつも、やはり退屈に感じたり、物足りなく思った

りしているのでしょうと、不憫に思える面もありま

すので、安全に発散出来る方法を模索している所で

す。
















IMG_2676+1_convert_20140320205220.jpg




しばらく金網の向こう側で遊んだ後、私のそばに来

て休憩するももです。





「撫でて。」と暗に要求しています。

















IMG_2680+1_convert_20140320205847.jpg



お腹が空くと、小さくちぎったお野菜を頂きます。

















IMG_2681+1_convert_20140320210835.jpg



「ももちゃん、もうすぐお野菜をちぎり終わります

から、その後、一緒に遊びましょうね。それまでも

う少し待っててね。」


















IMG_2648+1_convert_20140320211415.jpg




ケージの上を見つめるももです。もものそんな様子

に気付いた時は、すぐに「駄目よ。」と声をかけま

す。

















IMG_2655+1_convert_20140320212059.jpg




ももは、そんな時は素直に

















IMG_2656+1_convert_20140320212858.jpg




こちらに戻って来ます。



「ももちゃん、お利口さん。高い所から飛び降りる

のは、うさぎさんには危ないから、安全な場所で遊

びましょうね。」



















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_2451+1_convert_20140320203920.jpg











クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。