*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
迷うもも




一昨日、三月六日のことです。



ももは、最近の一番のお気に入りのお野菜であるパ

セリを食べた後、しばらく遊んでは、「撫でて。」

と、そばに来ることを繰り返していました。


















IMG_1771+1_convert_20140308195154.jpg



しかし、もものお野菜を全て小さく手でちぎるには

かなりの時間がかかります。

















IMG_1778+1_convert_20140308195342.jpg




ももは待ちくたびれて、眠ってしまいました。





その日の夜のお遊びの時間も、同じようなことが繰

り返されました。





そして、ケージに戻る時間になっても、ももは中々

入ろうとしませんでした。春が近付いて、ももも寂

しいのかもしれないと思い、「それなら、ももちゃ

んもリヴィングルームに一緒に行っても良いわよ。」

と、声をかけました。







ももは気が乗らない時は、その一言でサッとケージ

の奥に入ってしまうのですが、
















IMG_1785+1_convert_20140308195532.jpg



その日は、ケージの出入り口の所でどうしようかと

考え始めました。

















IMG_1787+1_convert_20140308200137.jpg



「もっと遊びたいけど、あのお部屋はここより寒い

し、皆それぞれ好きなことをしていて、あまり遊び

相手になってくれないし、マーキングすると注意さ

れるし・・・。」などと考えているのでしょうか。

















IMG_1792+1_convert_20140308200524.jpg




「でも、久し振りにリヴィングルームにお出かけする

のも楽しいかもしれない。」と、少し気持ちが傾きか

けたようです。

















IMG_1793+1_convert_20140308200732.jpg



実際、ももはこの後、ケージの外に出て来ました。






私と一緒にももの判断を待っていた娘が、ももがケ

ージの前に降り立ったことを喜んで、「では一緒に

行きましょう。」と、両手を差し出しますと、その

性急な動きに愕いたももは、素早くケージの奥に入

ってしまいました。






もものその時の表情や行動から、また近いうちに同

じような機会が訪れることを確信した私は、その時

は、そのままケージの扉を閉め、おやすみの挨拶を

してお部屋を出ました。







そしてその翌日、三月七日の午後、ケージに戻る時

間が来ても、ももはやはり、中々ケージに戻ろうと

しませんので、「それなら抱っこして一緒にリヴィ

ングルームに行くことにする?」と声をかけました。




ももは、ケージの前でじっとしたままでしたので、

ゆっくり手を伸ばし、ももを抱っこしましたが、

ももは全く逃げるそぶりもなく、大人しくしてい

ました。「私は、今日はリヴィングルームに行く

わ。」という、ももの固い意志のようなものを感

じました。







ももにとって最も安心して寛げる、縄張りの外に出

るということは、とても緊張する出来事のようです。

(とはいえ、リヴィングルームも、ももの第二の縄

張りとなりつつあるようですが・・・。)











リヴィングルームでのももの様子につきましては、

また後日の記事に載せたいと思います。
















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_1788+1_convert_20140308200323.jpg












クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)