*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画『ホビット』のこと・もものこと
二月の出来事もあまり記録出来ずにいるうちに、三

月となってしまいましたので、少しだけ振り返って

おきたいと思います。





















上の写真は、娘からの御土産のフランスの焼き菓子、

カヌレです。他にも、オランダの焼き菓子やチーズ

等、家族で美味しく頂きました。



















IMG_1133+1_convert_20140304191829.jpg



娘は、Handmade Shop*うさぷりん*さんのところで、

可愛いピンク色のお財布を購入出来たそうで、これ

から使うのを楽しみにしています。





娘は、可愛いお財布を、ももと一緒に撮影しても良

いと申し出てくれましたが、美しいレースの部分を

眺めつつ、花うさぎの写真集の、ももが写っている

ページを見せた際、もものお手手によるサインがつ

けられたことを思い、今回はお財布のみの写真を撮

影することに致しました。


















IMG_1253+1_convert_20140303230936.jpg




「素敵なお財布を購入出来て、良かったわね。私は

お財布を触ったりしませんから、一緒に写真を撮影

しても大丈夫だったのに・・・。」




「そうなの。ではまた機会があれば撮影しましょう

ね。」

















IMG_1119+1_convert_20140304191358.jpg




二月二十五日の午後のことです。休憩するももの両

前足が、私の足先を挟んでいました。



あまりにもうれしかったので、必死にカメラに手を

伸ばして無理な姿勢で撮影しました。




うさぎさんと暮らしていると、夢のようにうれしい

出来事が時々起こります。

















IMG_1183+1_convert_20140303214645.jpg




ベッドのそばで寛ぐももです。




ふかふかの毛で覆われたうさぎさんの足の裏は、ふ

わふわで、とても優しい手触りで、大好きです。


















IMG_1204+1_convert_20140303215125.jpg



三月二日(日曜日)は、夫と息子と私の三人で、映

画『ホビット 竜に奪われた王国』を観て参りまし

た。





トールキン原作の『ホビットの冒険』は、娘と息子

が幼い頃、二度読み聞かせをしたことのある本で、

私達家族にとっては、同じくトールキン原作の『指

輪物語』と同じように、お気に入りの作品です。







映画での『ホビット』は三部作で、今回公開されて

いるのは二作目です。前回の第一部が公開された時

は、息子はセンター試験の直前の頃で、夫と娘と私

の三人で映画館に出かけました。






息子の大学入試が終わって、合格発表後、それまで

購入していた様々なBlu-ray Discを家族で一緒に観

ましたが、そのうちの一つに、映画『ホビット』の

第一作である、『ホビット 思いがけない冒険』も含

まれていました。







前回は近くの映画館の3Dで観ましたが、今回は夫

の運転で、IMAX3Dを鑑賞出来る映画館まで行

って参りました。






私は、原作と映画は別物として捉えておりますが、

今回の作品も、映画として楽しく鑑賞して参りまし

た。





原作での冒険がゆっくりとした時の流れを感じさせ

るものであるのに対し、映画はスピーディで目まぐ

るしく進んで行きます。




初めてのIMAX3Dは、迫力があると感じました

が、高所からのカメラワークの場面では、3D酔い

しそうな感じがしました。





今回の作品の中で腑に落ちないと私が感じた所は、

はなれ山の裏口の前で、トーリンがビルボのことを

「盗人」と呼んだことです。第一部でトーリンの危

機を命懸けで救ったビルボに対する言葉としては、

これまでのお話の流れからは唐突過ぎるように感じ

ました。(原作では、その時点ではそんな言葉は出

て来ません。)





トーリンが、それだけ深くアーケン石に取りつかれ

ているということを表しているのかもしれませんが

・・・。





原作を子どもの頃に読んだきりにしては、息子は細

かい部分を詳しく覚えていますので、映画を観た後、

原作ではどうだったかと息子に聞きながら、作品の

感想を話し合って、とても楽しい時間を過ごすこと

が出来ました。




第三部も、とても楽しみです。



















IMG_1231+1_convert_20140303215652.jpg



元気に毛布を運んで遊ぶももです。


















IMG_1234+1_convert_20140303215948.jpg




日曜日の朝、ももに、「今日はお出かけするから早

めにお家(ケージのことです。)に戻ってね。」と

話しかけながら、ケージの扉を開けました。



その時は息子も一緒にもものお部屋に入り、ももが

食べるお野菜を小さくちぎるのを手伝ってくれてお

りました。

















IMG_1239+1_convert_20140303220045.jpg




私は一度お部屋を出て、ペレットをふやかして戻っ

て参りますと、足元にひんやりとした感触がしまし

た。



あわててカーペットの状態を確かめましたが、特

に濡れている所もありません。


















IMG_1242+1_convert_20140303225947.jpg




ももにふやかしたペレットを与えながら、何気なく

襖の方を見ますと、出入り口の白木の床にもものオ

○ッコがされているのが見えました。




私が、「あっ。」と声を上げますと、ももは食べか

けのペレットのお皿をそのままに、瞬時にサークル

の段ボールの陰に隠れました。




私は急いで床のお掃除をして、ラ○ンピードをスプ

レーして除菌と消臭をしておきました。























IMG_1288+1_convert_20140303231112.jpg





その後、ももに、「ももちゃん、ご飯(ペレットの

ことです。)は食べないの。」と声をかけますと、

サークルの奥から出て来て、残りのペレットを食べ

始めました。

















IMG_1315+1_convert_20140303232051.jpg




お出かけするからといって、もものお遊びの時間

を短くしようとしたのがいけなかったのだと、私

が思っていることを、ももは感じとったようでし

た。






その日は、「今日はこれからお出かけするけれど、

帰って来たら沢山遊びましょうね。」と、ももにお

約束をして、沢山撫で撫でをしてからケージに戻る

よう説得しました。






「毎日数回、合計数時間、ケージのお外に出て遊ん

でいるから、一回位短時間で入ってくれても良いの

では・・・。」などという考えは、一回一回のお遊

びの時間を楽しみに待ちわびているももには、当然

ながら通用しないということを、ももの「抗議のオ

○ッコ」は語っているのでした。


















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_1084+1_convert_20140304191046.jpg



茎についたままの人参の葉を美味しそうに食べる

ももです。












クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。