*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二月十八日の出来事
今回の記事では、ももと私にとって大切な日となっ

た、二月十八日の出来事について、もう少し詳しく

記しておきたいと思います。





















二月十二日の歯のカット後から二月十八日の夜まで、

ふやかしたペレットとすりつぶしたお野菜(主に春

菊)を食べて、何とか過ごしたももです。





二月十八日の夜に小さくちぎったお野菜を食べること

が出来るようになるまでは、私にとって緊張と不安の

日々でした。
















IMG_0231+1_convert_20140221185016.jpg




二月十八日は、ももの歯の状態も回復に向かい始め

た転機の日だったように思います。









その日の午後のお遊びの時間、息子がもものお部屋

に来て、ももと一緒に毛布遊びをしたり、もものお

野菜を沢山すりつぶしてくれたことは、ももにとっ

ても、とてもうれしいことのようでした。

















IMG_0245+1_convert_20140221182121.jpg




「あなたに毛布を運んで来ましたよ。今度はあなた

が毛布を投げて下さい。」と、息子にお鼻でツンツ

ンと合図するももです。

















IMG_0250+1_convert_20140221182816.jpg




ももは、お野菜をすりつぶしている息子と、ももの

ケージのお掃除をしている私の、両方に交代で毛布

を運んで参りました。





「今度はあなたに運んで来ますよ。」と、合図を送

ってから毛布を運んで来る姿は、とても可愛く思え

ました。
















IMG_0261+1_convert_20140221182947.jpg




元気に毛布を運ぶももの姿に感動し、喜ぶ私達の反

応に、ももの心も弾んでいるようでした。


















IMG_0262+1_convert_20140221183053.jpg





昨年の九月にももが牧草を食べられなくなって以降、

私の心は、大袈裟ではなく、希望と絶望の間を往復

しているような状態にあるのですが、この日はまた

希望の光が見えて、とてもうれしく思えた日でした。

















IMG_0269+1_convert_20140221184252.jpg




息子に頭を撫でられて、少し緊張しているももです。

















IMG_0290+1_convert_20140221184646.jpg




春菊をすりつぶす息子の様子を、すぐそばで見つめ

るももです。

















IMG_0301+1_convert_20140221185440.jpg




「ももちゃん、近付き過ぎると(お手手にぶつかっ

て)危ないよ。」と、息子に声をかけられて、

















IMG_0302+1_convert_20140221185804.jpg



益々息子の手に接近するももです。


















IMG_0295+1_convert_20140221185209.jpg



「美味しそう。早く食べたいわ。」と心待ちにして

いるももです。

















IMG_0315+1_convert_20140221191105.jpg




息子は床の上ですりつぶすことに疲れたのか、ミニ

テーブルの上に乳鉢を置いて、すりつぶすことにし

ました。そんな息子の背中を見つめるももです。








ももは、息子のお膝にお手手(前足)をのせたり、

お膝をずっとペロペロしたり、息子に「ありがとう。」

という、感謝の気持ちを表していました。




息子も、そんなももが可愛くてならないようで、

「ももちゃん、ありがとう。」と御礼を申しており

ました。









この日の深夜から、ももは少しずつ手でちぎったお

野菜を食べ始め、翌日十九日には、お野菜の半分は

すりつぶしたものを、半分は手で小さくちぎったも

のを食べることが出来るようになり、二月二十日に

は、これまでと同じ量のお野菜を、全て手でちぎっ

たものを食べることが出来るようになりました。








今回のことで、既に四本失われているももの歯は、

絶妙なバランスの上で食べることが出来ている状態

にあるのだと感じました。





これからも、ももの歯の治療は続きますが、少しで

も長く、ももが快適な状態で過ごせるよう、私達家

族に出来る限りのことをして参りたいと思います。















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_0271+1_convert_20140221184420.jpg




毛布遊びの合間に休憩するももです。
















クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。