*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
もも、今月三度目の動物病院へ




昨日のもものケージの中です。お皿にすりおろした

金時人参と、すりつぶした大根の中抜き菜を半分ず

つ入れておいたのですが、ももはすりおろした人参

だけを食べて、すりつぶした大根の中抜き菜は全く

食べていませんでした。

















IMG_9939+1_convert_20140217183003.jpg




昨日、ケージから出て来た時の、もものお顔です。



すりおろした人参をお皿から食べる時に、横に入れ

ていた、すりつぶした大根の中抜き菜がお鼻につい

てしまったようです。





ももにお鼻を拭きましょうと声をかけると、一目散

に逃げて行きましたが、すぐに、「撫でて。」と戻

って参りましたので、ティッシュペーパーにグルー

ミングスプレーを吹き付けたものでお鼻を何度か拭

きますと、目立たなくなりました。





「ももちゃん、今日は動物病院へお出かけする日で

すよ。一緒に頑張りましょうね。」















IMG_9940+1_convert_20140217184330.jpg




ももは、二月十二日に定期的な歯のチェックを受け、

歯のカットをして頂いた後、それまで食べていたお

野菜を食べることが出来なくなり、翌日、十三日に

もう一度動物病院へ連れて行きましたが、何日か様

子を見ましょうとのことで、それ以後は、毎日ふや

かしたペレットと、すりつぶした春菊や大根の中抜

き菜、すりおろした人参等を食べて過ごしていまし

た。
















IMG_9943+1_convert_20140217183237.jpg



二月十二日に歯をカットして頂いてから四日経過し

た、二月十六日(日曜日)になっても、ももの歯の

状態は変わらず、お皿に入れた小さくちぎったお野

菜は食べることが出来ないままで、お遊びの時間も、

以前のように活発に遊ぶこともなく横たわっている

ことが多く、つらそうに見えますので、十二日、十

三日、十六日と、今月三度目の受診になりますが、

もう一度、動物病院へ連れて行って参りました。
















IMG_9944+1_convert_20140217183331.jpg




以前なら、ももがバタンと横になる様子は微笑まし

く思えたものですが、昨日は、連日の動物病院の受

診で疲れているのでしょうと、可哀そうに思えて来

るのでした。













二月十三日に動物病院へ行く際は、ももも、歯の治

療が必要だという自覚があったのか、私がキャリー

をセットした後、お部屋を出ている間に、息子が見

守る前で、自分からキャリーに入ったそうですが、

十六日は、中々入ってくれませんでした。













二月十六日(日曜日)、夫の運転で動物病院へ着い

て、息子と私でももの診察室へ入り、歯の状態が良

くないことをご説明しますと、もう一度麻酔をして

診察しましょうとのことで、ももの入っているキャ

リーは先生が奥へ運んで行かれましたので、私と息

子は待合室で待っておりました。






数十分経って、再び診察室に呼ばれた時は、先生の

表情は、先程の診察室の三人の沈鬱な雰囲気を一掃

するかのような明るい表情で、「(十二日の診察の

時に分かった、)新しく生えて来た歯がぐらぐらに

なっていて、抜けました。」とおっしゃいました。







先生は、ももの不調の原因が分かったと思い、安堵

されているようでした。




「もし、これでも食べられないようなら、お電話し

て下さい。」とのことでした。


















IMG_9947+1_convert_20140217183508.jpg




昨日、動物病院から帰宅後のももです。




動物病院から戻り、お部屋に入ってキャリーの扉を

開けると、ももは、すぐにお部屋用のト○レに行き

ました。そこで用を足した後、ケージの中に入りま

した。







ももがケージに戻った後も、ケージの扉を開けたま

まで、キャリーのお掃除と消毒をしていますと、

ももがケージから出て来ましたので、ふやかしたペ

レットを与え、お野菜を数種類、小さくちぎったも

のを容器に入れて、ケージの中に入れました。








昨夜の間に、ももが小さくちぎったお野菜を食べ終

えていることを期待しましたが、ももは食べること

が出来ないようでした。









十三日の診察の際、歯をカットした後、元通りに食

べることが出来るようになるまで、数日かかること

もあるとの御説明を受けましたので、二~三日は様

子を見て、それでも小さくちぎったお野菜を食べら

れないようなら、動物病院にお電話させて頂くつも

りでおりますが、出来れば、少しずつでも、食べて

ほしいと願っております。













昨夜、ももの写真をPCに取り込んで、ももがバタ

ンと横たわった時の写真を見ていると、急に悲しい

気持ちでいっぱいになってしまいました。






今日、ももが子うさぎの頃からお世話になっている、

うさぎ専門店さんのオーナーに、お電話でももの状

況をお話ししましたところ、ももがふやかしたペレ

ットとすりつぶしたお野菜を自分から食べているの

なら、私が感じている程、悲観的な状況ではないと

おっしゃって頂きました。




動物病院の先生や、うさぎ専門店さんには、いつも

様々なアドバイスや助けを頂き、有難く思っており

ます。
















IMG_9790+1_convert_20140217183659.jpg



すりおろした人参のみ食べて、すりつぶした大根の

中抜き菜は残すももです。一番好きなのは、すりつ

ぶした春菊のようです。すりつぶした春菊は、ほぼ

毎回食べています。







現在、娘はヨーロッパへ研修旅行に出かけており、

娘の代わりに息子が、もものお世話を色々と手伝っ

てくれております。娘が帰宅する頃には、少しでも

元気なももになっていてほしいと願いつつ、これか

らも、もものお世話を頑張りたいと思います。

















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_9797_convert_20140217183928.jpg










クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)