*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
動物病院から帰宅後のもものことなど




二月十三日(木曜日)、動物病院から帰宅後のもも

です。キャリーのお掃除をしようと、底に敷いた牧

草を取り除いている所へやって来ました。

















IMG_9729+1_convert_20140214201347.jpg




「ももちゃん、二日連続の動物病院の受診、お疲れ

様でした。歯の問題は難しいわね。もう少し、この

ままで頑張りましょうね。」






十三日の動物病院へは、後期試験を終えて大学も実

質春休みの息子が付き添ってくれましたが、そのお

陰で、ももの歯について、二人で色々と話すことも

出来ました。その時の会話についてもいつか記録し

ておけたらと思っております。









今は、ネットを通して様々な情報を得ることが出来

ますが、うさぎさんの歯をカットする際に、無麻酔

でして下さる動物病院も地域によってはあるようで

す。(むしろ、それが普通と思われている方々も沢

山いらっしゃるかもしれません。)







ももが現在通っている動物病院は、以前にも綴って

おりますが、ももが一歳八か月の時、突然体調を崩

したことがあり、その時、近くの動物病院を受診し

たものの色々と不安に思うことがあり、御相談させ

て頂いたうさぎ専門店さんにご紹介して頂いた所で、

それ以来、ずっとももを診て頂いております。






私が車を運転して通える範囲には、麻酔をせずうさ

ぎさんの歯の治療をして下さる動物病院はおそらく

ないと思い、現在、我が家がおかれている環境の中

で、出来る限りももの心身に負担のかからない方法

で治療を受けつつ、ももと楽しい時間を過ごせるよ

う頑張りたいと思っております。


















動物病院から帰宅後のももは、栄養剤とお腹のお薬

のお陰で、元気に過ごしておりました。お腹のお薬

のせいか、食欲も旺盛で、夜、娘がもものケージの

お掃除をしている時、ももはお皿に入れた小さくち

ぎったお野菜を、普段よりは食べ難そうではあるけ

れど、少しずつ食べ始めていたとのことでした。







その日(二月十三日)のお昼頃は、お野菜を食べよ

うとしてお口に入れても、全く食べられないようで

したので、少しでも食べ始めたと聞いて、とてもう

れしく思いました。






ももは、今迄に二度、麻酔をして歯の治療を受けて

数日後に、もう一度麻酔をして歯の治療を受けたこ

とがあります。







一度目は、二〇一二年の十一月二十五日に歯のカッ

トをして頂いて、四日後の二十九日に牧草を食べら

れなくなり(その頃のももは牧草を食べていました。)、

もう一度歯を診て頂くと、ぐらついていた歯が抜け

るということがありました。






二度目は、二〇一三年十二月二十七日に歯のカット

をして頂き、その三日後の十二月三十日に食欲不振

でお口をモゴモゴしているももを見て受診し、切歯

と左下の一番手前のグラグラしている臼歯をカット

して頂きました。





十二月三十日の治療を受けた後のももは、大変体調

が良く、昨年の九月に牧草を食べられなくなって以

来、はじめて、ほんの少しですが牧草を食べたり、

元気いっぱいに過ごしておりました。






二月十二日に歯をカットして頂いた後は、お野菜を

食べることが出来なくなり、十三日に診察して頂い

て、数日間は様子を見ることになりましたが、出来

れば短い間隔で麻酔を受けずに済むように、ももが

この数日間で新しい歯の状態になれ、上手くお野菜

をたべることが出来るようになってくれればうれし

いのですが、今のももを見ていると、中々食べ難そ

うで、もう一度見て頂く日まで、少しでも楽に過ご

せるようにと思っております。

















IMG_9731+1_convert_20140214201517.jpg




動物病院から帰宅した日の深夜(日付が変わって

十四日です。)、ももが以前食べていた早取りの

金時人参(京かんざし)をすりおろしてお皿に入

れて持って行きますと、

















IMG_9740+1_convert_20140214201639.jpg




ももは、あっという間にたいらげました。




ももの食べる勢いを見て、更に二本分、早取りの小

さな金時人参をすりおろすと、それもすぐに食べ終

えました。
















IMG_9744+1_convert_20140214201753.jpg



小さくちぎった春菊の葉を乳鉢ですりつぶすと、こ

ちらも凄い勢いで食べました。私はすりつぶした春

菊をお皿に入れようとしましたが、その前にスプー

ンから直接食べてしまいました。







小さな乳鉢でしたので、春菊の葉を何回かに分けて、

小さくちぎってはすりつぶしましたが、ももは、そ

の度に待ち切れないように私の膝に乗って来て、す

りつぶしたものをスプーンで掬うと、すぐに食べる

ということを繰り返していました。





春菊の葉を一束分と、大根の中抜き菜を少しすりつ

ぶした後は、私の肩がだるくなってしまいましたが、

ももがとても喜んでくれたので、私もとてもうれし

く思いました。

















IMG_9752+1_convert_20140214201910.jpg




深夜の二時間あまり、もものお食事のお世話をして

いましたが、ももはお腹がいっぱいになると、気持

ち良さそうに横たわりました。





「ももちゃん、一緒に頑張りましょうね。」














<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_9714+1_convert_20140214201007.jpg



二月十三日、動物病院から帰宅後、ふやかしたペレ

ットを食べるももです。














クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)