*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪見うさぎ
IMG_9028+1_convert_20140208190555.jpg



お野菜を食べるももの後ろ姿です。まるくてふわふ

わで可愛くて仕方ありません。(←いきなり親馬鹿

全開のブログで申し訳ございません。)

















IMG_9044_convert_20140208191124.jpg




私の住んでいる所では、三日ほど前から寒い日が続

いており、昨夜は会社から帰宅した夫から、「今日

は夕方から雪が降っていたよ。」と聞いておりまし

たが、今日、リヴィングルームの窓からお外を見る

と、小さなお庭は雪景色でした。


















IMG_9064+1_convert_20140208191903.jpg




毎日、お遊びの時間に窓を開けて日光浴をしている

ももにも、降り積もった雪を見せたいと思いました

が、和室の窓を開けても、ももの目線の高さでは、

お外の雪は、はっきりとは見えません。























IMG_9070+1_convert_20140208192012.jpg



こちらでは、雪が積もるのは数年に一度位のことで

すので、この機会にももと雪の写真を撮影しようと

思い、久し振りにももにハーネスを着け、一分間だ

けテラスに出しました。








家には、ただいま大学の試験期間の息子がおりまし

たので、試験勉強中の息子に撮影の協力をお願いし

ました。(息子は快く引き受けてくれました。)

















IMG_9088+1_convert_20140208192206.jpg




初めて見る雪景色に好奇心いっぱいのももです。














IMG_9107+1_convert_20140208192403.jpg




リードを息子に持ってもらい、息子には、ももを

お庭の土の部分には出さないよう頼んで、写真を

撮影しました。玄関のドアは開けたままにしてお

きました。ももが寒がってすぐにお家の中へ入る

かもしれないと思いましたが、ももは初めて見る

雪に興味津津で、一分間だけだったせいか、寒さ

は気にならないようでした。
















IMG_9115+1_convert_20140208192744.jpg




玄関先のテラスに積もった雪の上には、夫と娘の足

跡が残っていました。足跡は、ももと比べると大変

大きく感じられました。

















IMG_9116+1_convert_20140208193105.jpg




「ももちゃん、雪は冷たいでしょう。」

















IMG_9118+1_convert_20140208193237.jpg




息子が、「雪の上にももちゃんの足跡がついたね。」

とうれしそうに申しました。私も、ももの小さな足

跡を見てうれしい気持ちになりました。

















IMG_9120+1_convert_20140208193649.jpg




「ももちゃん、ほんの少しの時間だけれど、白くて

ふわふわの雪の上で遊べて、雪の感触も味わうこと

が出来て、良かったわね。」






長くお外に出ていると身体も冷えてしまうと思い、

一分間だけのお外のお遊びの時間を終えて、ももを

抱き上げ、バスタオルで身体を拭いてから、二十四

時間エアコンで暖房している、蕗ともものお部屋に

戻り、そこで、大判のコットンにピュア○イエンス

をスプレーしたもので、ももの身体全体をもう一度

丁寧に拭きました。


















IMG_9135+1_convert_20140208194001.jpg




「ももちゃん、お疲れ様でした。一分間という短い

時間だったけど、楽しく遊べて良かったわ。お手入

れも終わって綺麗になってすっきりしたわね。」







ももは和室に戻ってお手入れが終わってから、私の

足元にやって来て、お鼻でツンツンとしてくれまし

たので、「雪遊びは楽しかったわ。」と伝えてくれ

たのかもしれません。私の勝手な思い込みにももは

呆れているかもしれませんが・・・。








今日は、息子が小学生の時に雪が積もった時のこと

などを思い出して、二人で、「あの時は楽しかった

ね。」などと思い出話も出来、楽しい一日でした。

















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>








IMG_9151+1_convert_20140208194700.jpg




「雪って、冷たくて、真っ白で、ふわふわだったわ。」












クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。