*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
「京かんざし」・切ない気持ち




毎日元気に毛布を運んで遊ぶももです。

















IMG_8377+1_convert_20140201185656.jpg




ケージの床に敷いたわらマットも、毎日元気に齧っ

ています。




硬い牧草を食べることが出来た頃は、牧草を齧るこ

と自体がストレス解消になっていた面もあるのかも

しれないと思います。






牧草をほとんど食べることが出来なくなった現在は、

わらマットを齧ることで、硬いものを齧りたい欲求

を満たしたり、ストレス解消に役立てているのかも

しれません。

















IMG_8382+1_convert_20140201185902.jpg




毎日の毛布遊びも、掘ることや運動することへの欲

求を満たしたり、
















IMG_8443+1_convert_20140201191637.jpg




(私が毛布を投げるのを待っているももです。)




ももにとっても、私にとっても、一緒に遊ぶ楽しさ

を味わえる大切な日課のようになっています。
















IMG_8422+1_convert_20140201192006.jpg




お野菜を食べるももです。

















IMG_8458+1_convert_20140201191900.jpg




ふやかしたペレットを食べるももです。





ももが牧草や乾いたペレットを食べていた頃は、主

にケージの中でお食事をとっていましたが、それら

を食べられなくなってからは、ふやかしたペレット

を食べる様子を見守るようになりました。







今朝のももは、いつもよりお腹が空いていたのか、

私がミニテーブルの上で乾いたペレットの重さを量

ってお皿に入れていると、私の膝の上からミニテー

ブルの上に乗り、お皿の中の乾いたペレットを少し

食べました。







そのままの状態で与えても大丈夫なのか分からず、

ももの歯に負担になるかもしれないと思い、「今か

らふやかして来るから待っててね。」と、ももに声

をかけ、お皿を持ってお部屋を出ました。






ももは素直にお部屋で待っていてくれました。そし

てふやかしたペレットをいつものように美味しそう

に食べてくれました。

















IMG_8408+1_convert_20140201192135.jpg




「何か特別に美味しいお野菜はないかしら。」とい

うように、お野菜を盛ったトレーの周りを香りを確か

めながらぐるぐる回ってチェックしているももを見て

いると、「何か、ももちゃんの好きな目新しいお野菜

があれば・・・。」という気持ちになります。


















IMG_8476+1_convert_20140201192447.jpg




夫が購入して来てくれた、「京かんざし」という人

参を食べるももです。ももが食べやすいように、他

のお野菜を小さくちぎってお皿に入れ終えた後、キ

ッチン挟やスプーンで小さくした人参をキッチンペ

ーパーの上に置いて、トレーにのせました。






「京かんざし」を初めて食べた時は、葉の部分にも

人参の根の部分にも、目を輝かせていましたが、三

日間連続で食べると飽きて来たようです。

















IMG_8487+1_convert_20140201192937.jpg



ももは小さくした人参、「京かんざし」をほんの少

し食べた後、トレーをホリホリして、トレーの端を

お口に銜えて引っ繰り返そうとしました。

















IMG_8495_convert_20140201193401.jpg



「ももちゃん、今日も沢山遊べて良かったわね。ま

た夜に遊びましょうね。」






ももがケージに戻った後はいつも、ケージの小窓を

開けて撫で撫でをしてから、お部屋を出ます。

















IMG_8498+1_convert_20140201193637.jpg




お部屋を出る時、もものケージの方を見ますと、

ももはお野菜を食べようとしていたのを止めて、

こちらの方をじっと見ていました。ももは私がお

部屋を出ようとする時は、いつもこんな風にこち

らを見ています。





毎日長い時間をももと一緒に過ごしていますが、切

ない気持ちになる瞬間です。
















※この記事は予約投稿です。









<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_8479+1_convert_20140201192740.jpg











クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)