*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
元気過ぎて・・・
IMG_4744+1_convert_20140104041731.jpg



年末に体調を崩したももを心配して、最初の二日

間はほぼ付き切りに近い状態でお世話をしました

が、その甲斐あってすっかり元気を取り戻したこ

とを喜んだものの、今度は元気過ぎて困る位にな

ってしまいました。(勿論、その方がうれしいの

ですが、「丁度良いところで止まるというのは至

難の業なのでしょうか。」と、私はももに申し上

げたい心境でございます。)




今回の記事では、そのうちの一つのエピソードを

御紹介致します。
















IMG_4769+1_convert_20140104041915.jpg



「ももちゃんは、『くノ一のように通り過ぎて

行きましたよ。」(目撃者、蕗の証言)
























一月二日の夕方、もものお部屋に入り、ケージの

扉を開けると、ケージの床に敷いたわら座布団の

大きい方が上の写真のような状態になっておりま

した。



ももの食欲も元通りになり、いつも通りのお世話

に切り替えたのが気に入らなかったのか、食欲不

振だった間の分を取り返そうと、旺盛な食欲が湧

いて来て、普段の量のお野菜とペレットでは足り

ず、わら座布団を破壊したのか、硬い歯触りのも

のが欲しくなったのかは分かりませんが、凄いエ

ネルギーを感じました。



(このわら座布団の状態を見た私は、すぐにもも

に牧草を与えてみましたが、その件に関しまして

は、後日の記事に記載致したいと思っております。)

















IMG_4781+1_convert_20140104042243.jpg




ももに破壊されたわら座布団を撮影しようと思い、

カメラを手に、ケージの天井の扉を開けていると、

ももがケージの後ろの二段ボックスの上に置いた

ベッドの上に飛び乗りました。





ももは思春期の頃、ケージの奥の本棚の後ろに何

度か侵入したことがあり、それを防ぐため金網や

オイルヒーターや衣装ケースなどを置いて何重に

も防御しております。




そして、二段ボックスの上から本棚の後ろへ行く

ルートを塞ぐために、もものキャリーを二段重ね

にして置いております。

















IMG_4784+1_convert_20140104042415.jpg




ケージの上に身を乗り出すももです。







ももは三歳頃から少しずつ落ち着き始めたように

思っておりましたが、最近のももは思春期の頃の

ような興奮状態が続いており、あちこちホリホリ

したり、金網の向こうへ行こうとしたり、ケージ

に飛び乗ったり、縄張りを拡張しようとする動き

が見られます。




最近、あまり何度もケージの上に飛び乗りますの

で、危ないと思い、ケージから出す回数を、一日

五回から三回に減らそうとしたのですが、丁度そ

の頃、食欲不振になりましたので、ストレスがか

かっては良くないと思い、良い方法で発散してく

れることを願いながら、元通り、一日に五回ケー

ジから出る生活をさせています。


















IMG_4787+1_convert_20140104042511.jpg



何年か前、ももがケージに飛び乗るのを防ごうと

して、ケージの天井扉を開けたままにしていた時、

ももがケージの縁に飛び乗り、そのまま開いたケ

ージの中に設置されたメッシュトンネルの上を目

にも止まらぬ速さで駆け抜けて行ったことがあり、

その時の記憶が甦りました。






あの時は、娘と私がお部屋で見ておりましたが、

娘が、「凄い。ももちゃん、忍者走りで駆け抜け

て行ったわ。」と、愕きの声をあげておりました。




でも、今のももは五歳になっており、流石にそん

なことはしないでしょうと思いながら、ももに戻

るように声をかけました。




ももの『忍者走り』を目撃して以後、ケージの天

井扉を開けておくことで、ももがケージに飛び乗

ることを防ぐのは止めました。何事も簡単には諦

めないももには、その方法では、却って危険度が

増すと思ったからです。





その後、乾燥させた葛の葉やチモシーリース等、

ももの好きなおやつを入れておくために購入した

ガラスの容器をケージの横に置くことで、ももが

ケージに飛び乗るのを防げることが分かり、そう

していました。(ガラスの容器の蓋には大きな取

っ手がついており、ももはその容器の上に乗るこ

とが出来ず、大きなガラスの容器が邪魔で、ケー

ジに飛び乗れなくなったからです。)




しかし、最近のももはパワーアップしたようで、

いつの間にか、ガラス容器の後ろからでも楽に瞬

時にケージの上や、更にその奥の二段ボックスの

上にも飛び乗れるようになりました。


















IMG_4789+2_convert_20140104173437.jpg




こちらの反応を窺うももです。


勿論、「駄目。こちらに降りて来なさい。」と

繰り返し申しました。




(この状況で抱っこして降ろそうとすると、もも

が慌てて逃げようとして却って危険だと思い、冷

静に声をかけるだけにしております。)




普段のももなら、ケージに飛び乗る前に気付いて

声をかけると、やめることが多いのですが、最近

のももには、思春期の頃の激しさがあります。


















IMG_4791+1_convert_20140104042606.jpg




ももは、天井扉の開いたケージを超えて、金網の

向こうの世界へ行くことに決めてしまいました。

ももの様子を見て、本能の強さには勝てない時が

あると感じた瞬間でした。

















IMG_4792+1_convert_20140104042654.jpg


斜めに開いた天井扉の上を慎重に器用に歩くもも

です。
















IMG_4794+1_convert_20140104042804.jpg










IMG_4795+1_convert_20140104042857.jpg










IMG_4796+1_convert_20140104042948.jpg










IMG_4798+1_convert_20140104043042.jpg










IMG_4799+1_convert_20140104043133.jpg



今回は、何年か前の時のように駆け抜けるという

ことはなく、歩く速度で通り抜けていました。



ももの『忍者歩き』と名付けたいと思います。

















IMG_4800+2_convert_20140104043237.jpg



「金網の向こうの世界」へ到達したももです。



この後、抱っこして連れ戻そうとする私を避けて、

大急ぎで瞬時に、天井扉を閉じたケージの上に飛

び乗り、ももを受け止めるために置いているクッ

ションベッドに飛び降りました。






ももの思春期の頃のような興奮状態が、一日も早

く治まってくれることを願う日々です。














<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_4713+1_convert_20140104163556.jpg










クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)