*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もも、動物病院へ
今日の記事は、ももの通院記録として綴っており

ますが、悲観的な気分に満ちているかもしれませ

んので、それでも良いと思われる方以外はスルー

して頂ければと思っております。




ももは歯の状態は良くないものの、元気に過ごし

ておりますので御安心下さいませ。




















昨日深夜というべきか、日付の上では今日の未明

のことですが、もものお顔を撫でている時、左目

が濡れていることに気付きました。







今回のももの症状の原因が歯のせいかどうかは分

かりませんが、うさぎさんの『鼻涙管閉塞』につ

いては、これまで本やネットで目にしておりまし

たので、今朝、大学へ行く前の娘と一緒に、私の

運転でももを動物病院へ連れて行って参りました。

















IMG_3415+1_convert_20131129180326.jpg




待合室でキャリーの中で待っているももです。






今回も麻酔をして歯の診察と、目の状態を診て

頂きました。





治療を終えた後に伺ったお話は、ももの鼻涙管

は詰まっている状態だったということと、右上

の前から三番目の歯が抜けたということでした。





前回の診察の時には、ももの右上の歯はぐらつい

ていない状態になったということで、回復への希

望を持っていたのですが、今回でももの歯は合計

三本失われたことになります。






「ももの歯は悪化して行っているということです

か。」とお聞きしますと、そうですとのことでし

た。ももの場合は、最近は三週間に一回受診して

おり、歯の状態は外側から見える部分は大丈夫で

も、見えない内側が悪化していて気付き難いとい

う意味のことをおっしゃいました。





娘は治療前の問診の後、そのまま大学へ向かいま

したので、診察後、私はももと一緒に車で家に戻

りました。



帰りの車の中で、「こんなに早いペースで歯が抜

けて行くと、ももはいつまで自力で食べることが

出来るのでしょう。」などと考えていると涙が出

て来ました。






悪化して行くももの歯の状態を良くする方法

がないことが、本当に悲しく辛く感じます。








動物病院で、もっと色々とお聞きしたいこともあ

ったのですが、また歯が抜けてしまったことがシ

ョックで、そのまま帰って来たことを残念に思い

ました。


















IMG_3417+1_convert_20131129180614.jpg



動物病院で抜けたももの歯と、処方して頂いた

点眼薬です。帰宅後、コンデジで撮影しました。

















IMG_9697+1_convert_20131129181022.jpg




動物病院から帰宅後、お野菜を食べるももです。
















IMG_9709+1_convert_20131129181123.jpg




昨日の夜から数時間で急に悪化した、ももの左

目です。














IMG_9709+3_convert_20131129181509.jpg



もう少しよく見えるように上の写真をトリミング

しました。慢性化しやすい症状のようですが、少

しでもよくなるよう、本を見てマッサージをした

り、目薬をさしたり、お手入れをしっかりして行

きたいと思います。
















動物病院から帰宅後、ももは好きなお野菜を食

べた後、私の膝に前足をのせて、ペレットを催

促しましたので、早速ふやかしたペレットを差

し出しますと、いつものように一気に食べ終え

ました。その後パウダールーム(ト○レ)で用

を済ませた後、いつもなら撫でてと甘えて来た

り、毛布を運んで遊んだりするのですが・・・。

















IMG_9718+1_convert_20131129181629.jpg



今日はケージに戻ってしまいました。



今朝、動物病院へ行くためにキャリーにももを

入れてくれたのは娘なのですが(私は二回目の

洗濯機を回したり、出かける準備をしておりま

した)、娘が、「ももちゃんはキャリーに入る

のをすごく嫌がっていた。」と申しておりまし

たので、無理に連れて行かれたと思い、普段よ

り余計に怒っているのかもしれないと思いまし

た。

















IMG_9720+1_convert_20131129182116.jpg



「ももちゃん、娘も、ももちゃんの目と歯のこ

とを心配して一緒に付いて行ってくれたのよ。

大学に行かなくてはいけないから、少しでも早

くももちゃんにキャリーに入ってほしかったの

だと思うわ。だから大変だったかもしれないけ

れど御機嫌を直してね。」と話しかけました。






動物病院から帰宅後のももは、いつもとても疲

れているようですので、今回も、そのせいもあ

るのでしょうと思い、お野菜を小さくちぎって

お皿に入れたり、キャリーを拭いて消毒をして

片付けたりしながら、ももが出て来るのを待ち

ました。













ももはキャリーを片付け終えた頃、やっとケー

ジから出て来てくれましたが、いつものように

は遊ばずに、お部屋を散策(?)していました。


















IMG_3425+1_convert_20131129180727.jpg




ケージに戻ってお野菜を食べるももです。



「ももちゃん、お疲れ様でした。また後でね。

しっかりお野菜を食べて、また遊びましょう

ね。」





どうかももが一日でも長く元気に過ごせます

ように・・・。















<覚書>

2013年11月29日 もも、動物病院へ

歯の診察 :17回目

歯のカット:15回目

麻酔:16回目

点眼薬:1回目

















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_9628+1_convert_20131129180152.jpg



昨日(十一月二十八日)、毛布を運んで遊ぶ

ももです。








クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







Secret
(非公開コメント受付不可)

鍵コメントさんへ
こんばんは。
御訪問と温かいコメントを頂き、ありがとうございます。

鍵コメントさんの温かいお言葉には、言葉に出来ない程
励まされました。心より感謝申し上げます。ありがとう
ございます。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。