*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
『貴婦人と一角獣』展
IMG_1374_convert_20131010201222.jpg




このブログのタイトルは、「リュリュママの日記」とな

っておりますが、最近の私の更新ペースでは、「リュリ

ュママの回想録」と変更した方が良いのではと反省しつ

つ、少しずつでも日々の記録を残して参りたいと思って

おりますので、これからもどうぞよろしくお願い致しま

す。



























今年の春休みに、娘がルーヴル美術館で私へのお土産と

して購入してくれたものの中で、とりわけ気に入ったの

が、美しい花模様の中に可愛いポーズのうさぎの絵が入

っている、小さな小物入れと定規でした。








「これは、凄く気に入ったわ。他にもこの絵柄の品があ

れば欲しいくらいよ。」という話を娘に何度かしており

ましたが、その絵柄の入った作品の元はフランス国立ク

リュニー中世美術館所蔵のタピスリーで、何と、大阪国

立国際美術館で展示されているとのことで、九月二十九

日、日曜日に夫の運転で家族四人揃って行って参りまし

た。

















IMG_1371+1_convert_20131010200144.jpg



「ももちゃん、今日はお留守番をお願いね。」

















IMG_2725_convert_20131010195508.jpg



私は九月半ば頃にむちうちになってしまい、頭・肩・

腕・手・腰・膝・足とあちこちが痛みますので、しば

らく外出を控える状態が続いており、この日も少し迷

いましたが展示期間中に是非観ておきたいという思い

で出かけました。

















IMG_2724+1_convert_20131010195327.jpg



美術館の中は撮影禁止でしょうからと思い、コンデジだ

けを持参しました。娘と息子が私のバッグを持ってくれ

ましたので、ただいま満身創痍(?)の私は助かりまし

た。
















IMG_2733+1_convert_20131015190357a.jpg




展示室の別のフロアには、写真撮影用のスペースがあり

ました。そこに置かれた手作りの一角獣の角をつけて、

家族で順番に写真を撮りました。







展示室の中は撮影禁止のため、写真はございませんが、

大きな六枚のタピスリーはとても素晴らしく、観る機

会を持てたことを本当にうれしく思いました。








展示室に書かれた説明や図録によりますと、『貴婦人と

一角獣』タピスリー連作は、1500年頃作成されたもので、

『触覚』・『味覚』・『嗅覚』・『聴覚』・『視覚』・

『我が唯一の望み』の六点によって構成されており、最

後の『我が唯一の望み』については、様々な解釈が提示

されているそうです。







娘からのお土産の定規にも、タピスリーの千花文様やう

さぎ、犬、ハヤブサが描かれており、それらの持つ雰囲

気にすっかり魅了されましたが、美術館でタピスリーを

観て、それらはタピスリーの魅力のほんの一部分を伝え

ていたに過ぎないことが分かりました。







この六点の連作タピスリーは、過去に一度だけフランス

国外に貸し出されたことがあるだけだそうで、現在展示

環境の全面改修のため、日本で展覧会が開催されたとの

ことです。



今年の春に娘からのお土産を通してタピスリーの絵柄と

の心ひかれる出会いがあり、その年の秋に美術館で本物

のタピスリーに出会えるとは、とても幸運な出来事だと

うれしく思いました。















IMG_1378+1_convert_20131010202821.jpg



とても豪華で美しいタピスリーを観た感動による気持

ちの高ぶりの醒めやらぬままに、図録をはじめとして、















IMG_1375+1_convert_20131010202542.jpg




タピスリーの絵柄の入った、缶入りチョコレート、ハン

カチ、鏡、ペーパーウエイト、ファイル、絵葉書、2014

年度の手帳等を購入しました。
















IMG_1393+1_convert_20131010203412.jpg



今年の春の娘からのお土産である、定規と小物入れも

一緒に写真に撮りました。これらの品々を見る度に、

美しい作品を前にした時の至福の時間を思い起こすこ

とでしょう。

















IMG_1404+1_convert_20131010203834.jpg



「ももちゃん、お留守番お疲れ様でした。今日も美味し

いお野菜を沢山食べて、これからもずっと元気に過ごし

てね。」














<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_1423_convert_20131010204131.jpg










クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)