*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きな変化
IMG_9329+1_convert_20130920195630.jpg




現在は、昨秋以前の過去記事を閉じておりますが、このブログ

を始めたのは、四年前の六月だったと思います。






ももと暮らし始めて九か月位経っていた頃で、明るく楽しいブ

ログにしたいと思い、ももとの暮らしを少しずつ綴って参りま

した。残念ながら、今の私には「明るく楽しい」ブログを綴る

ことは難しくなって参りました。

















IMG_9334+1_convert_20130920200006.jpg



九月十六日、月曜日の朝のことです。



ペレットを食べかけたももが、そのままやめてしまいました。

いつもは、私の膝に乗って来て催促する程なのに、その日は

お野菜を一生懸命食べているだけで、少しおかしいなと気に

なりました。






前日の夜のペレットを食べる速度が、いつもに比べて少しゆっ

くりだったことと思い合わせて、もしかしたら、硬いペレット

は食べ難くなったのかもしれないと思い、お皿に残っているペ

レットをお湯でふやかして与えてみました。








ももはふやかしたペレットをあっという間に食べ終えました。

前日まで、二百粒弱とはいえ大きなウ○チをしっかりしていた

ももですが、その日は、ウ○チの量も減ってしまい、大きさも

小さくなって、繋がったウ○チもしています。








二本の歯が抜けた後も、ももは以前と変わらない食事をとり、

元気に過ごしてくれておりましたが、三本の臼歯がグラグラ

している現在の状態では、牧草やペレットを食べることは出

来なくなってしまったようでした。
















IMG_9333+1_convert_20130920195902.jpg




いつもお世話になっている、兎専門店さんに電話で健康相談

をお願いしましたが、その日の朝、ももがペレットを食べよ

うとして諦めて、お皿から離れて行った時の姿が目に浮かん

で来て、涙が止まらなくなってしまい、色々と聞いておきた

いと思っていたことをお話し出来る状態ではありませんでし

た。










うさぎ専門店さんのオーナーが、電話でお話しして下さった

ことは、「ふやかしたペレットを与えたことは正解だ。」と

いうことと、「うさぎさんは牧草を食べなくても生きていけ

ます。」ということでした。お店のうさぎさんで、八歳で歯

が四本抜けて十一歳半まで生きた例もあるとのことでした。






そして、前回動物病院へ行った八月三十日から十七日目でし

たが、もう一度、ももの歯の状態を診て頂いた方が良いとの

アドバイスをして頂きました。私は頭痛と腰痛で運転出来る

状況ではなかったため、そして翌日はいつも、ももを診察し

て頂いている先生が不在のため、翌々日の九月十八日、夫に

お休みをとってもらい、夫の運転で、家族で動物病院へ行っ

て参りました。(今年の夏は、ももの体調があまり良くなか

ったため、旅行の予定を取り止めておりましたので、夫は夏

休みを取っておらず、その変わりに少しずつお休みを取り、

家族で日帰りで出かけようと話していたところでした。)















IMG_9300+1_convert_20130920200145.jpg



動物病院では、レントゲン撮影と、麻酔をしての歯の診察と

治療をして頂きました。お腹を動かすお薬(プリンぺラン)

も処方して頂きました。






動物病院の先生のお話では、グラグラしている三本の臼歯

はぐらつき度合いに差はあるものの、しっかりついている

状態で、すぐ抜け落ちそうな状態ではないとのことでした。

そして、グラグラしている歯のうち、一本が伸びていたの

で削って下さったとのことでした。













今後のももの食事について御相談させて頂き、ふやかしたペ

レットとお野菜を与えて行くことにしました。

















IMG_9304+1_convert_20130920200255.jpg




九月十五日までと、九月十六日以降とでは、ももの食生活は

大きく変わることになりました。動物病院から帰宅後、沢山

のお野菜をもものために購入しました。ももは今は軟らかい

お野菜を好み、茎等の硬い部分は食べることが出来ません。








今迄、牧草がどれ程ももの健康に役立ってくれていたかを、

改めて感じています。







今は、もものケージにはお野菜を入れていますが、昨日、もも

はどこからか牧草を引っ張り出して来て、食べたそうに振り回

しますので、もものお遊びの時間に、大きなお皿に二番刈りと

三番刈りとオーツヘイを入れてお部屋に置きました。





ももはお皿に入れた牧草に飛び付きましたが、牧草を銜えて口

に入れても、吸い込んで行くことが出来ず、しばらくすると落

としてしまいました。その様子を見て、私はまた泣いてしまい

ました。







ももの食生活の大きな変化に、私もしっかりついて行かなくて

はなりません。






昨日は、お遊びの時間の後、中々ケージに戻ろうとしないもも

を、リヴィングルームに連れて来ました。私と息子(夏休み中

です。)が昼食を食べ始めると、ももも、お野菜を入れたお皿

を置いた場所へ行って食べ始めました。






ももがいつも過ごしている和室では、ト○レは完璧なのですが、

リヴィングルームでは、縄張りが決まっていないせいか、小さ

なウ○チをト○レ以外の場所にしていました。













お遊びの時間のももは、いつもと変わらず元気に過ごしており

ます。そんなももにカメラを向けて褒め続けていると、ももは

動画のような反応を示しました。よろしければ御覧下さいませ。

(音声入りです。)



















あまりに褒められるので、照れているのでしょうか。喜んで

いるのでしょうか。あまりの親馬鹿ぶりに、ももに鬱陶しく

思われないよう気をつけたいと思います。





「カメラを向けたまま話しかける私に、可愛い、楽しい仕草

を見せてくれてありがとう、ももちゃん。これからもずっと

仲良く楽しく過ごしましょうね。」
















追記:今日はもものお迎え記念日です。ももと暮した五年間

は、毎日楽しい思い出でいっぱいです。歯に問題を抱えてい

るももは、食生活の変化を余儀なくされましたが、これから

も楽しく元気に過ごせるよう、ももと一緒に頑張って参りた

いと思います。

















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_9312+1_convert_20130920200357a.jpg




ももがしっかりお野菜を食べて、元気に過ごせますように・・。













クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





Secret
(非公開コメント受付不可)

食生活を変えなければならなくなってしまったんですね…。
食べたいのに食べられないももちゃんの様子を想像すると、痛ましくて辛くなります。

食生活が変わっても、ももちゃんが元気に過ごせるよう祈っています!
オンDさんへ
こんばんは。
御訪問と温かいコメントに感謝致します。
ありがとうございます。

今年の夏は、ももの体調をずっと気遣う日々でしたが、牧草や
硬いペレットを食べられない姿を見るのは、私にとってショッ
クな出来事でしたので、今回の記事を綴っている間も何度も泣
いてしまう有様でした。

今日のももは、少し食欲も出て来たようで、沢山のお野菜を一
生懸命食べております。その様子を見て、私の心も少しずつ明
るくなって参りました。ももも、私達家族も、ももの変化を受
け入れて、頑張って参りたいと思っております。

ももと暮らし始めた頃は、こんな日が訪れることを想像もして
おりませんでしたが、お野菜を食べる量も少しずつ増えて参り
ましたし、ももの楽しい性格は今も変わらず健在です。^^

> 食生活が変わっても、ももちゃんが元気に過ごせるよう祈っています!

オンDさんの優しいお言葉に、とても励まされました。ありが
とうございます。

これからも、オンDさんのブログでおこげちゃんのお元気な姿
を拝見するのを楽しみにしています。
鍵コメントさんへ
こんにちは。
御訪問と温かいコメントに感謝致します。
ありがとうございます。

鍵コメントさんの温かいお言葉に、大変励まされました。

突然の食生活の変化に、ももも大変な思いをしていること
と思いますが、最近は大量のお野菜を一生懸命食べる姿を
見ることが出来るようになって参りました。

ももの歯が減って弱くなった分を家族で支えて行けるよう、
頑張って参りたいと思っております。

鍵コメントさんのおっしゃる通り、『五歳なんてまだまだ
これから。』ですよね。私も、ももと一緒に頑張って参り
ますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。