*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
りんご大好き・ももの歯のこと



大好きな林檎を食べるももです。
















IMG_8582+1_convert_20130128175617.jpg



ももの歯について少し覚書を残しておきたいと思います。





二〇一一年十二月二十三日、三歳四カ月の時、ももは一回目

の歯の治療を受けました。それ以後、定期的に診察をして頂い

て、今年の一月で十回目の治療を受けました。麻酔をして歯を

削って頂いたのはその内九回です。




昨年の三月七日にうっ滞の治療を受けましたので、一昨年の

十二月以降、ももが動物動物病院に出かけたのは十一回にな

ります。

















IMG_9133+1_convert_20130128175745.jpg



もものふわふわのお尻尾です。





六回目の歯の治療を受けた昨年の九月三十日、ももが四歳二

か月の頃、右上の臼歯が一本抜けました。その日以降、それま

で毎日おやつとして与えていた干しりんご一粒を止めて、代わ

りに乾燥青パパイヤを与えるようにしました。
















IMG_9145+1_convert_20130128175858.jpg



「ももちゃんの歯がこれ以上悪くならないように、干しりんご

のおやつは止めておきましょう。」という私の言葉に納得し

たのか、ももはお手入れの後の御褒美として始めは大人し

く青パパイヤを食べていました。

















IMG_9149+1_convert_20130128180209.jpg



七回目の診察の際、動物病院の先生にもものおやつについて

のこれまでの経緯を話しますと、お楽しみも少しはあっても良

いのではないかというニュアンスのアドバイスを頂きました。






その日の動物病院から帰宅後、ももは青パパイヤを口にしな

くなりました。その様子を見て、ももは動物病院での先生との

会話を聞いていたに違いないと思いました。その日から、もも

は再びお手入れの後の御褒美として、小さくカットした干しり

んごを一粒食べるようになりました。

















IMG_9150+1_convert_20130128180901.jpg


ももの二本目の歯が抜けたのは、二〇一二年十一月二十九日、

動物病院で九回目の歯の診察を受けた時のことです。




その日は四日前に動物病院で歯の治療をして頂いたばかりだ

ったのですが、突然牧草を吸い込めなくなったももを見て急い

で動物病院へ電話をし、夕方帰宅した息子に付き添ってもらい、

私の運転でももを診察に連れて行きました。
















IMG_9170+1_convert_20130128181658.jpg


五日間に二回麻酔を受けることになってしまったこと、レン

トゲンでももの歯根を見ると、心配な状態の歯がまだあるこ

と等を考えると、もものこれからについて私の心は不安でい

っぱいでした。





動物病院からの帰り、暗い夜道を運転しながら、「お楽しみ

がなくなるのは可哀相だけど、やはりももちゃんのおやつの

干しりんごは止めようと思う。」と息子に(キャリーの中の

ももにも)話しかけました。

















IMG_9175+1_convert_20130128181843.jpg



「人間でも身体に悪いと分かっていても、美味しい物を全部

止めるのは中々難しいからね・・。ももちゃんも少しはお楽し

みがあっても良いと思うよ。」という意味のことを息子は申し

ました。





受験生の息子は忙しい時間の合間を縫って、一人で動物病院

へ行くのを心細がっている私のために、「今日はいっぱい勉強

して来たから大丈夫だよ。」と明るく応えて付き添ってくれたの

でした。








その日の夜、蕗ともものいる和室に息子がお休みの挨拶に来

た時、蕗は完全に息子を無視しました。ももと息子と私で動物

病院に出かけて行ったことを、蕗は拗ねているようでした。





それとは対照的にももはまっすぐ息子の元に駆けつけ、息子

の膝に両前足を乗せて何度も何度もお辞儀をして甘えていま

した。ももが息子にそんな御挨拶をするのは初めてのことで

す。





始めは、牧草を飲み込むことが出来なくなったももを心配し

て一緒に動物病院に付き添ってくれたことに感謝しているの

かと思いましたが、途中で、帰りの車の中で息子が、「ももち

ゃんにもお楽しみは必要かも。」と語ったことを覚えていて、

そのことに感謝しているのではないかと思えて来ました。





そのことを私が話しますと、息子も娘も、同意しました。



大変な時に付き添ってくれた上、ももの気持ちを代弁してく

れた息子に、ももは何度も「ありがとう。」と言っていたよう

に思えてなりません。ちなみに、夕方まだ帰宅していなかっ

たため、動物病院まで付き添えなかった娘に対して、ももの

態度はいつもよりそっけなかったと、娘は申しております。





ももに熱烈な感謝の意を表明された息子は、「ママがももち

ゃんに夢中になる気持ちが少し分かったような気がする。」

と申しておりました。







その日以降、色々と考えた末、お手入れの後の御褒美の干

しりんごは止める代わりに、りんごを小さくカットしたものを

おやつとして与えることにしました。生のりんごは干した物

に比べて糖分も少なく柔らかいので、歯への負担も少ないよ

うに思えるからです。






小さな頃から干しりんごを毎日の楽しみとして来たももは、

お手入れの後の干しりんごの御褒美を止めた時、私の膝の

上でホリホリをしたり、膝の上でうさぎ立ちをして前足を私の

身体にかけたりして一生懸命催促していましたが、生のりん

ごをほんの少しおやつとして与えるようになってからは催促

も止み、納得してくれているようです。









ももの息子へのあの甘え方は、息子への感謝の表明であると

共に、私へのアピールでもあったのかもしれません。そして

そのアピールは家族全員に十分伝わりました。

















IMG_8791+1_convert_20130126194107.jpg



「今年もよろしくお願い致します。」



そうでした。新年の御挨拶も出来ておらず申し訳ございま

せん。厳しい時代の流れにブログの更新もままなりません

が、今年が皆様にとって良い年となりますよう願っており

ます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>







IMG_9153+1_convert_20130128181434.jpg



ブログの管理画面に入ることも出来ずにおりました間も、御

訪問下さった方々に心より感謝申し上げます。ありがとうご

ざいます。











クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Secret
(非公開コメント受付中)

さすがももちゃん!
お久しぶりです。リュリュママさんもももちゃんもお元気なようで安心しました。
それにしてもさすがももちゃん、ちゃんと人の会話を聞いているのですね!
うちでもよく、話していた内容に付随するような行動をする時があるので
『うさこ、さっきの聞いてたな〜。お前本当は人間の言葉全部理解して
るんでしょ?正直に言ってみ?』と言っています(笑)
息子さんももう、ももちゃんの魅力の虜になっちゃいますね!

先の記事の動画も拝見しました!冒頭の見事なぶん投げに、モニターの前でどよめきが起こりました!
でもももちゃん、うさこみたいな暴れん坊にはならないで下さいね(^^;
うさうささんへ
こんにちは。
お久し振りでございます。
温かいコメントを頂きとてもうれしく思います。
ありがとうございます。

うさこちゃんも、話していた内容に付随するような行動をされる
とのこと、うさこちゃんがTVを楽しまれているお姿からも、き
っとそうでしょうと思っておりました。(笑)

うさぎさんは人間の言葉をかなり理解しているように思います。

はい。息子もももの甘え方には愕いてしまったようで、とても
うれしそうでした。^^

動画も御覧下さったとのこと、ありがとうございます。モニタ
ーの前でどよめきとは、ももは幸せなうさぎさんだと思いまし
た。

良いシャッターチャンスを狙っても、中々思うような写真は撮
れずにおりますので、
うさうささんが撮影された、箱を投げるうさこちゃんのお写真
の素晴らしさには改めて敬意を表します。

うさぎさんは元気で過ごしてくれることが何よりですから、
うさこちゃんのお元気な御様子を見習って、ももにも更なるパ
ワーアップを願っています。^^
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)