*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
蕗とももの宝石箱 (3) 「神は細部に宿る」
IMG_6025_convert_20120916063357.jpg



今回の記事では、ちくちく村LingeさんのAyana'さんに製作して頂いた、

宝石箱の後ろ側や夜の幻想的な美しさを御紹介出来ればと思っており

ます。


















IMG_6293+2_convert_20120916063716.jpg



上の写真は、宝石箱の全体を後ろ側から撮影したものです。



Ayana'さんは、宝石箱をどこから見ても素敵な作品として仕上げて

下さいましたので、どの角度から見ましても様々な魅力を感じるこ

とが出来ます。


















IMG_5683_convert_20120916062049.jpg



蕗の配置やポーズも素晴らしく、何度眺めても見飽きることがありま

せん。




Ayana'さんから頂きましたメールでは、完成した宝石箱の撮影はお外

でされていて、落ち葉が敷き詰められた背景と渾然一体となったお写

真には、深い感動を覚えました。




出来ることなら、私も森の中で宝石箱の撮影を行いたいのですが、現

実には難しい面もございますので、この記事を御覧頂いている皆様に

は、是非宝石箱の後ろ側に広がっている森を、心の中で御想像して頂

けましたらと思います。


















IMG_5513+2_convert_20120915182947.jpg



緑色の洋服を着た妖精の後ろ姿を見て、ピーターパンのお話を思い出

しましたが、

















IMG_5612+2_convert_20120915193831.jpg



正面からお顔を眺めますと、とても可愛い女の子の妖精でした。




木の葉で作られた帽子や洋服、履いている靴の何と可愛いことで

しょう!







Ayana'さんはこの宝石箱にも、素晴らしい温かい物語を作って下

さいましたが(それについては、また後日の記事でも触れたいと思っ

ております。)、その物語の中で、彼女はももにりんごを運んで来て

くれました。

















IMG_5614+1_convert_20120916061638.jpg


美味しそうなマカロンや、ミニチュアのケーキ、苔生す木の壁の雰囲

気、

















IMG_5616+1_convert_20120916061756.jpg


どの部分も美しく作られた宝石箱を眺めていますと、「神は細部に

宿る」という言葉が何度も心に浮かんで参ります。

















IMG_5517_convert_20120915183631.jpg



人参を持った白くて黒い目の可愛いうさぎさん、下の方にはラズベ

リーも見えます。




壁に貼られているのは、フランスのアンティークの切手と、Ayana'さん

がオーストラリアで実際に使われたという大切な切手です。これは、

今年の夏、娘がオーストラリアに参りました記念にと貼って下さった

のだそうです。そのお話を娘にも伝えましたら、とても喜んでおりま

した。細やかなお心遣い、ありがとうございます。

















IMG_6093_convert_20120916175959.jpg



宝石箱の裏側は、表側のフランスの美しい薔薇の花園や背景のアンテ

ィークな雰囲気、美味しそうなスイーツの世界に囲まれた蕗とももが、

夜になると、その世界を抜け出て森の中へ出かける時の、二つの世界

の境界ともなる重要な魅惑に満ちた場所でもあります。



おとぎ話のような不思議な明るさに満ちた、その温かな優しい場所を

眺めているだけで、私はとても幸せな気持ちになります。


















IMG_5608+2_convert_20120915193341.jpg



次は、Ayana'さんがお作り下さった宝石箱の夜の姿をお伝えしたい

と思います。




グランドピアノの中に置かれたガラスの容器の上に、LEDのライトを

置きますと、

























IMG_5815+2_convert_20120916062343.jpg


闇の中で七色の光に照らされる宝石箱を眺めることが出来ます。



















IMG_5816+2_convert_20120916062436.jpg















IMG_5824+1_convert_20120916062519.jpg
















IMG_5826+2_convert_20120916062631.jpg
















IMG_5827+1_convert_20120916062723.jpg
















IMG_5829+2_convert_20120916062821.jpg



この幻想的な宝石箱の様子を、海外でのサマースクールを終えて帰

国したばかりの娘も一緒に、家族全員で眺めた日のことは一生忘れ

ないことでしょう。




私及び家族にとりましては、宝石箱そのものが大いなるサプライズ

でございますが、その上更なる素敵なサプライズをたくさん頂きま

したことを心より感謝申し上げます。











長くなって参りましたので、宝石箱の細部の魅力につきましては、ま

た後日の記事に掲載させて頂きたいと思います。(次回は、ももの記

事を掲載する予定でおります。)

















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_6249+2_convert_20120916063804.jpg








クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)