*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
生野銀山





最近、天然石の魅力を再認識して、様々な石を少しずつ集め始めてい

る私に、息子が、「運動になるし行って来たら。」とすすめてくれましたの

で、八月十九日、日曜日に夫の運転で二人で生野銀山に行きました。























IMG_0297_convert_20120822163617.jpg



パンフレットによりますと、生野銀山は八〇七年に発見されたと伝え

られているそうで、室町時代から本格的な採掘が始まったそうです。





この日は、ボディバッグにコンデジを入れて、身軽な格好で観光坑道

『金香瀬坑』の中を歩きました。

























IMG_0330_convert_20120822154336.jpg



坑道の中には、『坑道爆破体験装置』があり、「観光地のこういう装置

は故障していることが多いのよね。」と思いながら、何気なくスイッチ

を押してみましたら、
























IMG_0331+2_convert_20120822154511.jpg


轟音とともに岩陰に光が点滅し、心臓がドキッとしました。



























IMG_0338+2_convert_20120822154621.jpg



崖のようになっているところなど、『指輪物語』のモリアの坑道を思

い出しました。




















IMG_0324_convert_20120822163753.jpg


檜で作られた、「五枚合掌支柱組」、










IMG_0348_convert_20120822154826.jpg


「馬蹄形鋼枠二枚合掌」など、坑道が崩れ落ちないよう工夫されて

いるのが興味深く思えました。





坑道の中は夏も冬も気温は十三度位で、一定しているとのことでした。

























IMG_0350+2_convert_20120822170719.jpg








IMG_0352_convert_20120822170316.jpg


















IMG_0375_convert_20120822155015.jpg



坑道の外には夏の陽射しが待っていましたが、坑道の出口や入口から

はひんやりとした空気が漂って来ていました。


























IMG_0410_convert_20120822155348.jpg



坑道を出てから、金香瀬旧坑露頭群跡を歩きました。羽柴秀吉が激賞

したと言われているお水の流れている所だけあって、川の水も綺麗で

良い風景でした。






帰りにお土産を幾つか購入しました。まだ写真は撮っておりませんが、

機会があれば、いつか記事にも載せたいと思っております。































IMG_4179+2_convert_20120822153035.jpg



蕗とももは、お利口にお留守番をしていてくれました。(写真は別の

日のものです。)




























IMG_4182+2_convert_20120822153246.jpg


八月六日、お庭の植木鉢に出来ていた小さなイチゴを、もものおやつ

に与えました。

























IMG_4184+2_convert_20120822153333.jpg



「ももちゃん、美味しいですか。」

























IMG_4189+2_convert_20120822153508.jpg



ももは、美味しそうに茎まで食べてしまったのかと思いましたが、



























IMG_4198+2_convert_20120822153614.jpg


茎はももの背中にくっついていました。口に入れてみて、美味しくな

かったので、背中に擦りつけたのかもしれません。






















IMG_4206+2_convert_20120822153830.jpg



ももはもっと欲しかったようで、しばらく探していましたが、もう

無いと分かるとお野菜を食べ始めました。

















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>







IMG_4201+2_convert_20120822153724.jpg



キッチンペーパーの上に乗って、イチゴのおかわりを探すももです。











クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)