*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
ももの前歯をカットして頂きました
昨日は、娘に赤紫蘇の葉を漬けるのを手伝ってもらいました。梅雨が

明けて漬けた梅と一緒に干す頃には、真夏の太陽が照りつけているこ

とでしょう。






























昨日、日曜日は夫の運転で動物病院へ行き、ももの伸び過ぎた前歯を

カットして頂きました。


























IMG_2013+2_convert_20120625182337.jpg



先月は、ももにもうすぐ動物病院に行く予定だと告げた段階で、オ○

ッコで不満の表明をされましたが、今回は、数日前に早目に伝えた時

も、前日も、当日も、ももは落ち着いていました。


























IMG_2017+2_convert_20120625182509.jpg



ただ、動物病院に行くためのキャリーを用意した後、ももがケージか

ら出易いようにお野菜を入れる容器を取り出そうと思い、ケージの上

の扉を開けて、手を入れた途端、突進して来たももに軽く噛まれまし

た。





























IMG_2020+2_convert_20120625182702.jpg



普段のももは、ケージの上部から手を入れて容器の出し入れをしても

突進して来たりはしませんので、動物病院へ行くことに対して緊張して

いたのだと思います。


























IMG_2062+2_convert_20120625183122.jpg



動物病院の待合室で、娘にそのことについて話した時、娘は普段から

もものお世話をする時は、「少し怖い。」と感じているそうで、ケージに上

の扉から手を入れる時は、もう片方の手でももの頭を撫でながら入れる

ようにしているとのことでした。

























IMG_2064+2_convert_20120625183312.jpg



ももが思春期の頃、そういう風にしてはどうかと私がアドバイスした

ような気もするのですが、最近のももは、突然突進して来ることなど

もほとんどなくなっていましたので(一歳頃までは動物病院やうさぎ

専門店さんに連れて行った後などは、帰宅後怒って突進して来たりし

ていました。そんな風にするのは、帰宅後一回だけで、それで気が治

まるようでした。)、私はいつの間にか、ももと接する時の緊張感を

失くしてしまっていたのかもしれないと思いました。


























IMG_2069+2_convert_20120625183520.jpg




動物病院でのももは大変緊張していたようで、診察を受けた後、麻酔

して歯をカットして頂くため、先生がももを抱っこしてキャリーに戻そ

うとされた時、ももの後ろ足が大きくブルブル震えていました。








動物病院から帰宅後も、ももは先月までのように走り回ったり、ケージ

の上に飛び乗ったりせず、少しサークルの中にいた後、すぐにケージ

の中に入ってしまいました。そして、こちらに背中を向けて横たわりま

した。





















IMG_2056+2_convert_20120625182944.jpg




「ももちゃん、怖かったの。よく頑張ったわね。」と、声をかけると、振り

向いて撫でてのポーズをとりました。たくさん撫で撫でをしてから頑

張った御褒美の乾燥りんごを一粒差し出しますと、ももは美味しそう

に食べました。


























動物病院で、ももの歯をカットする前と後の状態を撮影したものを

iPadで見せて頂きました。娘がそれをスマホに撮りましたので、もも

の治療の記録として、ここに載せておきたいと思います。個人的な記

録ですので、ここからはスルーして頂ければと思います。



























DSC_0565+2_convert_20120625183912.jpg


<六月二十四日、歯をカットする前>

















DSC_0564+2_convert_20120625183947.jpg



<六月二十四日、歯をカットして頂いた後>




動物病院の先生のお話では、今回は、奥歯は伸びていなかったとのこ

とで、前歯のみカットして下さったとのことです。


























<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_2071+2_convert_20120625183635.jpg






クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ももちゃん、うちのちゃちゃと同じです。
うちもケージの上から牧草の補充やペレットを入れたりするのですが
ちゃちゃはケージの中に手が入ってくると突進してきて、手で引っ掻くか
噛みます。縄張り意識が強いのでしょうか。
なので掃除するのも大変。娘さんと同じように片手でなでなでして
片手で掃除などをするのです。
私も怖いなと思いながらやっているので、その気持ちが伝わっているのでは。
病院おつかれさまでした。
前歯すごい伸びているんですね。
カットしたからなんでも食べてくれますね。
No title
歯というのは、結構伸びるものなのですね。
コロンは歯の処置をすることがないのですが
これを切るのは、ももちゃんも怖い思いをしてしましますよね。
みんな病院には行きたくないですもの。
怒ったり、拗ねたりしちゃいますよね。
でも、ナデナデいっぱいしてもらって、りんごを美味しそうに食べてくれた
ももちゃん。 良かったですね。 嬉しくなりますね。
ももちゃん、偉かったね~ 頑張ったね~ 
なっちゃんもナデナデさせてね! ナデナデ \(^o^)
怖かったんでしょうね・・・
ももちゃん、前歯カットお疲れ様でした。
病院に行くと怖い思いをするということ、ちゃんとわかっているんですよね。
そりゃ、押さえつけられて口を無理やり開けられて何かされるんですもの、うさぎに
とってはとてつもない恐怖ですよね。
足がブルブルと震えて・・・ももちゃん、とっても怖かったのでしょうね・・・
私も病院に行くと、私がうさことずっと一緒に居たいが為にうさこに恐怖を味わせて
いるのだと、時々申し訳なくなります。

言葉も声も持たないうさぎは、体全身を使って色々なメッセージを発信して、
噛む事もその手段のひとつなんだろうと思います。
怖いとか不満だとかの気持ちから噛むことはなかなか治らないとは思いますが
娘さんは上手に接しておられるそうで、よかったです。
どうか、噛まれてもなるべくびっくりしないであげて下さいね^^
なっちゃんへ
こんばんは。
コメントを頂きありがとうございます。

ももは昨年の暮れに上の前歯の裏側が斜めになったのをカットして頂いて
以来、四月以降は毎月麻酔をして歯のカットをして頂いております。

歯をカットして頂いている間は麻酔が効いていると思いますので、意識は
ないと思うのですが、それでも動物病院へ行って診察を受けたりすること
自体が、ももにとっては大変怖いことなのだと思います。

動物病院へ行く前や、帰宅後に、ももが大人しくしていると元気がないの
ではと却って心配な気持ちになりますので、適度に発散してくれる方が良
いかもしれません。

ももに温かいお言葉をありがとうございます。
うさうささんへ
こんばんは。
温かいコメントを頂きありがとうございます。

うさうささんの方こそお疲れ様でございます。
うさこちゃんのことは愕いてしまいましたが、
うさうささんの素早い御判断のもと、全力を尽くされて、うさこちゃんも
頑張っておられるのが伝わって来て、本当に良かったと思いました。

それと同時に、うさぎさんの体調急変の怖さを改めて感じました。

ももにとって歯のカットは今回で四回目なのですが、麻酔を受けてのこと
とはいえ、その前の診察もありますし、その後は私達とは離れて別室で治
療して頂きますので、心細く思っていると思います。私も、ももと離れる
時、心の中には不安な気持ちがあります。

家の中では女王のように(?)振る舞っているももの足が震えているのを
見ると、とても可哀相に思えます。

動物病院で歯をカットして頂くことが必要なことは、ももにも分かってい
るようですが、本能的な、怖いという気持ちは自然なことだし、そんな時
ケージから出そうとされたら、咄嗟に噛んでしまうことは十分ありうるこ
とですので、これからは、そのことを頭の片隅で忘れないよう、意識して
おこうと思い、記録しておきました。

温かいお言葉をありがとうございます。

ももも、本気ではなく加減してくれていますので、傷跡もすぐに消えまし
たし、私がももの気持ちにもっと配慮して、出かける前に時間の余裕を持
てるよう気をつけたいと反省は致しましたが、ももの気持ちはよく分かっ
ておりますので、大丈夫です。^^
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)