*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
荒巻バラ公園 後篇
六月六日、水曜日は家族で唐招提寺に参拝致しました。次回の記事で

はその時のことを載せたいと思っております。





今回は、引き続き荒巻バラ公園で撮影した写真を記録として載せてお

きたいと思います。遠くから撮影した薔薇の花は、ブログ用にサイズ

を縮小すると更にぼやけた感じになってしまいました。豪華に咲いて

いる薔薇の美しさを表すことが出来ず残念ですが、よろしければ御覧

下さい。
























IMG_0956_convert_20120607232645.jpg


ピース、
























IMG_0960_convert_20120607232922.jpg



熱情、

























IMG_0972+2_convert_20120607233154.jpg


マダム ヴィオレ、




























IMG_1092+2_convert_20120605193443.jpg



ハナグルマ、



























IMG_1101+2_convert_20120605193544.jpg



ジュビレ デュ プリンセス ドゥ モナコ、


























IMG_1111_convert_20120605193813.jpg






IMG_1112_convert_20120605194231.jpg



ピエール ドゥ ロンサール、























IMG_1119_convert_20120607131243.jpg

























IMG_1124+2_convert_20120607131510.jpg






















IMG_1159+2_convert_20120607131830.jpg







IMG_1160_convert_20120607132406.jpg



レッド ヒロシマ、

























IMG_1169+2_convert_20120607132915.jpg







IMG_1173+2_convert_20120607133237.jpg



ギィ ドゥ モーパッサン、




先出の『ジュビレ デュ プリンセス ドゥ モナコ、』と、『ギィ ドゥ 

モーパッサン』は、今年の春、我が家でも購入した品種ですので、

この公園の薔薇のように立派に育ってくれますようにと思いながら

眺めておりました。

























IMG_1178_convert_20120607133518.jpg


























IMG_1179_convert_20120607133854.jpg

























IMG_1188_convert_20120607134459.jpg



緑光、


























IMG_1196+2_convert_20120607135019.jpg



フレデリック ミストラル、


























IMG_1253+2_convert_20120607135316.jpg

























IMG_1256+2_convert_20120607135702.jpg


























IMG_1258_convert_20120607135941.jpg


























IMG_1263_convert_20120607140440.jpg



月光、






ベートーヴェンの三大ソナタのうち、『熱情』と、『月光』という薔薇が

あるのなら、『悲愴』と名付けられた薔薇もあるかもしれないと思い

ながら歩きましたが、見当たりませんでした。

















薔薇の見頃という点では、もう少し早い時期が良かったかもしれない

と思いましたが、それでも、丹精込めて育てられた二百五十種類の

美しい薔薇にすっかり魅了されました。







そして、その個性と雰囲気に合った素敵な名前を付けられた、一つ一

つの薔薇に込められた思いに想像を巡らせながら歩くという、贅沢な

時間を過ごせたことに感謝したいと思いました。
























IMG_9882+2_convert_20120608032305.jpg



公園から帰宅後は、息子も一緒に家族揃ってよく行くブッフェ形式の

お店で昼食を頂きました。

























IMG_1277+2_convert_20120607140730.jpg



お土産には、ハーブ枕、テーブルセンター、ランチョンマットを購入

しました。ランチョンマットはももへのお土産です。

























IMG_1330+2_convert_20120607142936.jpg



翌日、ももがお野菜を食べる時に、早速使ってみました。





「ももちゃん、公園の薔薇はとても綺麗に咲いていて、良い香りがし

ていたわ。ももちゃんも、そのマットの薔薇を見て、気分だけでも味

わってね。」


























IMG_1332+2_convert_20120607143332.jpg



ももは、最初は上の写真のような姿でお野菜を食べていましたが、


























IMG_1343+2_convert_20120607144006.jpg



途中からはランチョンマットの上に座って食べていました。

























IMG_1337+2_convert_20120607143433.jpg



ももにとっては、ランチョンマットというよりレジャーシートのよう

な物なのかもしれません。





「ももちゃんには、薔薇の模様のマットも似合うわね。」と思った私は、

相変わらずの親馬鹿なのでした。


















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_1351+2_convert_20120607144603.jpg







クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





Secret
(非公開コメント受付中)

リュリュママさん、おはようございます♪
いつも温かいコメントを頂き、心より感謝しています(*^^*)

荒巻バラ公園、英国の庭園の様で凄く素敵ですね♪♪
前編から引き続き、楽しませて頂いてます(*^^*)

伊豆の踊子ほか、先月の大神ファームではまだ咲いてなかった
遅咲きの品種もこちらで美しく咲き誇っているのを拝見出来、
また、生まれて初めて観る品種も多く、感激しています!

お忙しいなか丁寧なご紹介、そして薔薇の花にまつわる
リュリュママさんご家族の楽しいエピソードも添えて下さり
本当にありがとうございます(*^^*)♪

ご主人様がご注目されたプリンセス・ミチコ、
抑制された深く渋めのオレンジ色で、清楚な花姿の薔薇です。
豪華さは無いけれど、慈愛と辛抱強さを感じる美しい薔薇だなあと、
昨年秋、大神ファームで観た時に感じました(*^^*)

薔薇の育て方から多くの事をお感じになられたリュリュママさん、
とても素敵です。 万物は先生なのかもしれませんね♪

ももちゃんも、実は何でも分かっているのかもしれませんネ^^
私も、可愛らしいももちゃん先生からいつも沢山のことを
教えて頂いてますヨ。 どうぞ宜しくお伝えください♪
ももちゃん、素敵なお土産を頂いて良かったですね(*^^*)

リュリュママさん、昨日は鍵コメントでのお気遣いも頂き恐縮です。
夕べの通り、自身は時間の使い方が大変ヘタッピなため
相変わらず日々ドタバタしていて、お恥ずかしい限りです・・・。

リュリュママさんのブログにお伺いするのが私も楽しみです(*^^*)
いつも心和む素敵な記事を届けて下さり、ありがとうございます♪
ピンクのランチョンマット
薔薇って本当に見ていて飽きない花ですよね~。うちの庭の5種も咲きそろって
きて、庭に出るたび眺めています。
リュリュママさんは、私の中では薔薇が咲き誇るイングリッシュガーデンが似合い
そうなイメージです。まさに今回行かれた薔薇園のような!
ベートーヴェンソナタの中で私は一番『悲愴』が好きです。私の弾き方が合って
いたのかもしれませんが、私の心と共鳴する曲だなあと思いました。
だから、『悲愴』というバラがあったら、庭に植えてしまうかも・・・(笑)

ももちゃん、ピンクのランチョンマットがまたまた似合ってますね!
上に乗って野菜を食べている写真があまりに可愛いので周囲にいる人たちに
見せたら、『かわいい~!どこかの暴れウサギとは違いますね』と・・・(^^;

先の記事のコメントで、肉垂とアゴの間の毛のカットのことを書きましたが、
カットは私がやっています。暴れウサギも綺麗にしてもらうのは好きなようで、
意外に大人しく切られていますよ(笑)
まーりたんさんへ
こんにちは。
こちらこそ、いつも温かいコメントを頂きありがとうございます。

ありがとうございます。薔薇にお詳しい
まーりたんさんの記事に触発されて、私も薔薇園の記録を残しておきたく
なりましたが、ほぼ鑑賞した順番に御紹介するのがやっと、という状態
の記事になってしまいましたので、
まーりたんさんから温かいコメントを頂き、とてもうれしい思いでいっぱ
いです。

まーりたんさんのブログで、昨年、今年と薔薇について色々と教えて頂い
たお陰で、今年は、以前より薔薇を観る楽しみも一層深まったように思い
感謝致しております。ありがとうございます。

南欧風の公園にはたくさんの薔薇が咲いていて、すっかり魅了されて帰っ
て参りましたが、もう少し早い時期に行っておけば良かったかもという思
いも持っておりましたので、『伊豆の踊子』が遅咲きの品種であることを
まーりたんさんから教えて頂いて、丁度今の時期だから観ることの出来た
品種もあったのだと分かり、長い期間、それぞれの時期で楽しめるのも薔
薇の魅力の一つだと思いました。

薔薇について系統立てた素晴らしい記事を綴っておられる、
まーりたんさんから、「生まれて初めて観る品種も多い」とのお言葉を伺
って、私にとっても今回初めて出かけた荒巻バラ公園のことを記録してお
いて良かったと思いました。^^うれしいお言葉をありがとうございます。

『プリンセス・ミチコ』についての素晴らしい御説明には、流石、
まーりたんさんだと思い、感激しながら何度も読ませて頂きました。あり
がとうございます。

ももに対しましても、いつも温かいお言葉をおかけ頂いてありがとうござ
います。私の方こそ、
まーりたんさん、御主人様、マンジ君、こだぬき君からいつもたくさんの
ことを学ばせて頂いております。

まーりたんさんにはお忙しい中色々とお気遣い頂き、こちらこそ恐縮致し
ております。ありがとうございます。

コメントを残せないことも多いのですが、
まーりたんさんのブログからは様々なことを教えて頂き、感謝致しており
ます。こちらこそ、いつも素晴らしい記事を拝見させて頂きありがとうご
ざいます。
うさうささんへ
こんにちは。
コメントを頂きありがとうございます。

はい。薔薇の花を眺めていると、世界中の多くの人々に愛されているのも
無理のないことだと思えます。

うさうささんのお家のお庭には、五種類の薔薇が咲き揃って、それをお庭
に出るたびに眺めておられるのですか。とても贅沢で幸せな時間をお過ご
しですね。^^

うさうささん、うれしいお言葉をありがとうございます!イングリッシュ
ガーデンの持つ雰囲気には、子どもの頃から映画などを観て、あこがれて
おりましたので、とてもうれしいです。

今回の公園は、私の写真では分かり難いと思うのですが、南欧風に作られ
たものとのことで、お天気の良い日なら光溢れる中、咲き誇る薔薇の写真
を撮れたことでしょう。

うさうささんは、ベートーヴェンのソナタの中では、『悲愴』が一番お好
きとのこと、
うさうささんのお弾きになる『悲愴』を、是非お聴きしたかったと思いま
す。
『熱情』が赤い薔薇で、『月光』が黄色い薔薇なら、『悲愴』は青みがか
った紫の薔薇かしらと、想像しながら歩いておりましたが、見当たらず残
念でした。『悲愴』は、とても素晴らしい曲だと私も思いますが、薔薇の
名前としては少し重いのでしょうか。

お庭から切って来た『悲愴』という名の薔薇をお部屋に飾って、ベートー
ヴェンのピアノソナタを弾いておられる
うさうささんのお姿を想像すると、とても素敵でうっとりしてしまいます。

ももにランチョンマットが似合うとおっしゃって頂いて、うれしいです。
うさうささんを始め、周囲の方々にも感謝申し上げます。ありがとうござ
います。

前回のコメントでの件に関しましても、御丁寧にお答え頂きありがとうご
ざいます。
うさこちゃんは、顎の毛玉のカットを大人しくさせて下さるとのこと、素
晴らしいうさぎさんだと思います。

以前、ももの顎の絡まった毛を一か所だけカットした時、ももから小さな
「ブー。」という息が聞こえて来て、小さなお口を開けているのが見えま
したので、それ以上は出来ませんでした。(^^;
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)