*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
ももの過長歯のこと
昨日はお花見の続きの記事を載せるつもりでおりましたが、昨日、伸

び過ぎたももの歯を動物病院で切って頂きましたので、今回はその時

のことを先に記録しておきたいと思います。(今回の記事中の写真は、

全て四月十二日に撮影したものです。)





















IMG_7420+2_convert_20120419164148.jpg



(イタリアンパセリを食べるももです。)


もものウ○チとオ○ッコの状態はいつもと変わりませんでしたが、二~

三日前からケージの中の一番刈りのチモシーの減り方が少なくなって

いました。






お野菜、ペレット、カナダ産二番刈りチモシー、アメリカ産三番刈りチモ

シーなどはいつも通り食べていましので、牧草に対する好みの変化も

あるかもしれないとも思いましたが、様子を見て、このまま一番刈りを

あまり食べないようなら週末に動物病院に行きましょうと家族と話して

おりました。























IMG_7430+2_convert_20120419165206.jpg



三月七日にうっ滞の症状で、動物病院で全身のレントゲンを撮って頂

いた時、先生から、ももの歯の状態は「要観察」の状態と伺っておりま

したので、そろそろ二度目の治療の必要な時期かもしれないとは思っ

ておりました。







お遊びの時間にお野菜を食べているももの口元を覗き込んで見ました

ら、下の前歯が伸び過ぎた状態になっているのが見えましたので、急

いで動物病院に行くことにしました。




















IMG_7436+2_convert_20120419165306.jpg



昨年十二月の下旬に初めて歯を削って頂いた時は、上の前歯の裏側

の歯が斜めになっていましたので、ももの休憩している時などに、上唇

をそっとめくって上の前歯の状態は見ておりましたが、下の前歯の状態

は見えておりませんでしたので、「いつの間にこんな風になったのか。」と、

愕いてしまいました。





















IMG_7443+2_convert_20120419171221.jpg



動物病院で先生に診察して頂いている時、斜めになっていた下の前歯

が折れました。






私の目には、ももはほとんど動いていないように見えましたが、先生

のお話でも、「普通、歯はそんなにかんたんに折れないけれど、大分

脆くなっていたのでしょう。」とのことでした。




















IMG_7441+2_convert_20120419171040.jpg



麻酔をかけて歯を削って頂いた後、治療前と治療後の写真を見せて頂

きました。ももの前歯はかなり伸びていたようでした。奥歯も一本が長く

伸びていました。






前回、十二月下旬の歯の治療の際は、奥歯は気になる程は伸びていな

い状態とのことでしたが、二度目の歯の治療を受けた今回は、奥歯も伸

びていましたので、これからは毎月一回、定期的に診察して頂くことにな

りました。










麻酔がももの身体に及ぼす影響がどれ位なのか、私には分かりません

が、先生のお話では、ガス麻酔で身体への負担の少ない種類のものだ

とのことでしたので、ももには、これからも頑張って治療を受けて元気に

過ごしてほしいと願っております。


















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_7446+2_convert_20120419171437.jpg



※コメントへの御返信が遅れがちで申し訳ございません。必ず御返信

させて頂きますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。








クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
やはり食べるためには歯が大事ですね。
とがった歯でお口の中が傷ついてしまっていたという話も聞きます。
ももちゃんは、早目の処置で良かったです。
牧草の食べが、歯の目安になるのでしょうか。
麻酔をかけるのは、とても不安ですよね。
短時間の処置でしょうから麻酔の量も多くはないにしても
やはり、心配になるのが親ですからね(>_<)
定期的な処置になってしまうのですか?
ももちゃん、歯に負けずにたくさん食べて頑張ろうね。
いつも応援しているよ♪
ばじるさんへ
こんにちは。
コメントを頂きありがとうございます。
御返信が遅くなり申し訳ございません。

うさぎさんによっては、伸びた歯が頬の内側に突き刺さるまで普通に
食べ続ける場合もあるとのお話も伺ったことがありますが、ももの場
合は、一番刈りのチモシーを食べる量が減ってしまいましたので、そ
れが目安になりました。

はい。定期的に麻酔をかけることには大きな不安があります。獣医さ
んのお話では、麻酔なしでも歯をカットすることは出来るそうですが、
その場合微妙な調整は出来ないとのことですので、そちらの方法も不
安が残ります・・・。

ありがとうございます。
ばじるさんの温かいお言葉にはいつも励まされ、感謝致しております。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)