*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もも、動物病院へ行きました
IMG_4816+2_convert_20120307211528.jpg



ただいま春休み中の娘と、私は今朝いつもより遅い時間にもものいる和室

に入りました。






娘がケージのお掃除を始め、私はもものお野菜、牧草三種類、ペレット二

種類をセットしながら、もものケージの扉を開けましたが、ももは出て来ま

せん。







お給仕&お掃除が遅くなったため拗ねているのかもしれないと思いました

が、お野菜もペレットも食べようとしませんので、アクアコールを溶いたお

水をお皿に入れてももに差しだしてみましたが、グイッとお鼻で突き返して

来て、その後前足でお皿を押しやって引っ繰り返してしまいました。私は手

でお皿を支えていましたがほとんどケージの床に零れてしまいました。










昨日のももはとても元気で、昨夜入れた牧草もかなり減っており、夜にお

掃除をしたケージのト○レにはウ○チもオ○ッコもいつもと変わらずされて

いましたので、夜の間は元気に過ごしていたのだろうと思います。







蕗ともものいる和室はエアコンをつけたままにしており、もものケージに

はパネルヒーターも付けたままの状態にしておりますので、冷えによる体

調不良とは考え難いと思いましたが、薬草ホットパッドで身体を温めてみ

たり、背中をマッサージしたりしてみましたが、食欲が戻らないままでした

ので、娘と一緒にももを動物病院に連れて行くことにしました。














動物病院でレントゲンを撮って頂いた結果、胃が膨らんでいて毛球症だと

いうことが分かりました。栄養剤とお薬の入った点滴をして頂き、爪切り

もして頂いて、お薬を頂いて帰宅しました。











帰宅後、ももはキャリーから出てもすぐにケージには戻らず、お部屋用の

ト○レに長い間座っていました。少しオ○ッコをしていただけで、ウ○チは

出ないようでした。







お部屋用のト○レから降りて、そのままその場に横たわりましたので、疲

れているのだと思い、ずっともものお顔から背中にかけてのマッサージを

続けました。








思えばここ十日間位色々と慌ただしく、もものお遊びの時間も他のことに

気をとられていたり、様々なストレスをももも感じ取っていたのかもしれ

ないと反省致しました。









ももの毎日のブラッシングの際の抜け毛の量から、最近換毛が始まってい

ることも感じておりましたので、普段の二・五倍位の時間をかけてブラッ

シングもしていたのですが、それでもまだ足りなかったのかもしれません。














動物病院の先生は、「今は食べられるものは何でも与えて下さい。」と

おっしゃいましたので、帰宅後ずっとももを撫で続けながら、合間にお

皿に残ったアクアコール入りのお水を差し出してみましたら、ももは、

ほんの少しですが飲んでくれました。









ももをずっと撫でていると、それまでぺったりと床に身体をつけて横たわ

っておりましたが、急に起き上がって毛繕いを始めようとしましたので、

急いでブラッシングをすることにしました。ブラッシングの後の御褒美は

普段は干しリンゴを一粒にしているのですが、今日は毛球症の予防に

良いと言われている青ドライパパイヤを与えました。ももは何本か食べ

てくれましたのでホッとしました。










その後、お薬が効いてきたのか、急に元気になってケージの上に飛び乗っ

て普段禁止しているお部屋の奥へ行ってしまいました。(これは動物病院

へ連れて行かれたことに対するももの抗議のようで、前回、動物病院で歯

をカットして頂いた時も、帰宅後同じことをしていました。)




























IMG_4799+2_convert_20120307210929.jpg



私としては、ずっと横たわってばかりだったももが、元気に動いてくれる

ようになってとてもうれしく思いました。







その後サークルの中で少し遊んでから、ももはケージに戻りました。そして

ケージの中にセットしていたお野菜を食べ始めましたので、とてもうれしく

思いました。











ももがお野菜を食べ始めるまで私の心はパニック状態でしたが、今はこの

まま回復してくれることを願うばかりです。




















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_4811+2_convert_20120307211211.jpg







※都合によりコメント欄はしばらく閉じた状態にするつもりでおります。

(ブログは、ももについての記録と写真を載せる場所として、また私自身の日記代わ

りとしてこれからも続けて行けたらと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお

願い致します。)







クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。