*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
うさぎの魅力
IMG_2862_convert_20120127171410.jpg


毎日寒い日が続いていますが、ももは今日もクッションで元気に遊んでいます。




高校三年生の息子も明日から高校はお休みで、大学受験の日まで残り二十九日とな

りました。





このブログを始めた時の、娘は大学生、息子は高校生という私のプロフィールとももう

すぐお別れです。







娘と息子の卒業を機に、私も子育ての大きな段階を『卒業』することになります。


























IMG_2864+2_convert_20120127171535.jpg


その時を契機に、このブログを一度お休みして新しいブログのスタートを切ってみたい

という気持ちと、このまま、青息吐息の状態ではありますが、小休止を取りつつ何とか

続けて行きたい気持ちとが入り混じった状態におります。




















IMG_2870+2_convert_20120127171647.jpg


最近のももは、この厳寒の最中に春の訪れを予感しているのか、発情期に入ったようで、

お遊びの時間は大変な甘えモードになっております。うさぎ立ちをして私の腕に前足をか

け、お顔をペロペロしてくれるももと、そんなももに大甘な私・・という構図に、「ママはもっ

とクールだと思っていたのに・・・。」と、娘は申します。

























IMG_2882+2_convert_20120127171802.jpg


思いがけない時に、PC上とはいえ自分のブログにエールを送って下さる言葉に出会え

るのはうれしいものです。




そんな時、私は「言葉の持つ力」の大きさを改めて思い知らされたような気持ちになり

ます。


























IMG_2883+2_convert_20120127171901.jpg


「・・・。あまり舞い上がらないようにね。」






















IMG_2885_convert_20120127172539.jpg



「もちろん、大丈夫ですとも。三年と数か月前のももちゃんとの出会いがなければ今起

っていることは何も始まらなかったのだと思うと、とても不思議な感じがするわ。ももち

ゃんは、自分が必要とするものを全部自分の力で引き寄せたのではないかと、時々そ

んな風に思えることがあるのよ。」

























IMG_2888+2_convert_20120127172716.jpg


「それについてはノーコメントよ。」



























IMG_2894+2_convert_20120127173622.jpg


もう何年も前のことですが、小動物についての雑誌で当時の若手のライター二人の対談

が載っていたことがあります。二人とも男性で、うさぎを飼っている方に、もう一人が「うさ

ぎを飼っている人って(うさぎに対して)ディープな人が多いと聞くけど、どんなところが魅

力なのか。」という趣旨の質問をしていました。当時、その答えを私も知りたいと思いなが

らその対談を読み進めて行きましたが、もう一人の答えはむしろ彼の追究をはぐらかす

ような感じのものでした。





ももと暮らし始めてからの私は、毎日少しずつ、その答えを教えてもらいつつあると感

じています。このブログでもその質問に対する答えの断片は時折あちらこちらに見つ

けることが出来るでしょう。




うさぎさんの魅力・・・。それはどこか神秘的で奥深いものと繋がっているように感じ

られるところにもあるのではないでしょうか。



















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_2891+2_convert_20120127173141.jpg






※コメント欄はしばらくの間開いたり閉じたりするかもしれません。コメントへの御返信

&更新は遅くなるかもしれませんが出来る限り頑張りたいと思っておりますので、これ

からもどうぞよろしくお願い致します。





クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




Secret
(非公開コメント受付中)

^^
うさぎの魅力!かなり難しいような?単純に?

自分の場合は?シオンは友達ですね^^言う事?聞いたり?聞かなかったり?

ゆかいな^^うさぎさんです^^ 的外れな?コメントしか?出来ません^^;

シオンパパさんへ
こんばんは。
コメントを頂きありがとうございます。

シオンパパさんにとってシオンちゃんは友達とのこと、
それも成程と思います。
とても賢くて活発なシオンちゃんは素敵なお友達だと思い
ます。
全然的外れなコメントではないと思います。

私にとってももは、子どものような、友達+恋人のような、
あこがれの存在のような、自分を癒してくれる自然そのも
ののような、それらがミックスした存在・・・という感じ
です。^^
大甘(笑)
そっか、息子さんが高校生じゃなくなるということは、リュリュママさんにとっても
大きな節目なのですね。
私は子供を持ったことがないのでよく分からないのですが、なんとなくそういう
感じを分かるような気がしつつも、充分に歳をとった今でも、両親からみたらまだ
『子供』なんだろうな~という気もします。

ももちゃんは、たっちして顔をなめてくれるのですか!!!
そんなことされたら、幸せすぎてトロトロにとろけちゃいそうです~!
それはもう、大甘になってもしょうがないです。娘さん、許してあげて下さい(笑)

うさぎの魅力、ですか・・・

先日、鳥撮りの友人から、『うさぎって、可愛いの?』と聞かれました。
動物と接してない人なので、余計にピンと来ないのでしょう。うさぎって、檻の
中で飼われていて、何を考えてるのかよく分からない動物、と考えている人は
多いように思います。
私が思うに、うさぎは、接すれば接するほど、こちらが好奇心を持てば持つほど
うさぎのほうもこちらにより好奇心を持ってくれる、という動物なんだと。
彼らは、人間に対して無関心になることもできる。でも関心を持つこともできる。
知る人のみぞ知るうさぎの魅力、というそのものが、魅力なのかな~と思います。

先の友人には、『うさぎは、好奇心旺盛で喜怒哀楽激しくて自分勝手で頑固で
上から目線でボス気取りで、すっごく可愛いんだよ!』と言っておきました。
私の気持ちが伝わったかどうかはわかりませんが (^^;
うさうささんへ
こんばんは。
温かいコメントを頂きありがとうございます。

うさうささんのコメントを読ませて頂いて、何歳になっても「親子」であること
は変わらないという一面に目を向けてみると気持ちが明るくなりました。
ありがとうございます。

はい。最近のももは大変な甘えモードになっています。^^私が大甘になってし
まうのは無理もないことですよね。(←完全親馬鹿状態でございます。)
うさぎさんの魅力には勝てません。
以前、ブログでお写真を拝見しましたが、
うさうささんの足元で眠っているうさこちゃんも可愛過ぎます。
うさぎさんは、人間の心のツボを良く分かっているような気がします。


> 私が思うに、うさぎは、接すれば接するほど、こちらが好奇心を持てば持つほど
> うさぎのほうもこちらにより好奇心を持ってくれる、という動物なんだと。
> 彼らは、人間に対して無関心になることもできる。でも関心を持つこともできる。
> 知る人のみぞ知るうさぎの魅力、というそのものが、魅力なのかな~と思います。

うさうささん、凄いです。うさぎさんの深い魅力の秘密の一つが明かされたように
思います。
うさうささんがおっしゃったようなことが、当時の雑誌の対談で語られていたら、私
は納得し深い満足を覚えたのではないかと思います。

うさぎさんて、人間との距離の取り方が絶妙だと感じることが多いですが、それも
うさうささんがおっしゃったことと繋がっているような気が致します。


> 先の友人には、『うさぎは、好奇心旺盛で喜怒哀楽激しくて自分勝手で頑固で
> 上から目線でボス気取りで、すっごく可愛いんだよ!』と言っておきました。
> 私の気持ちが伝わったかどうかはわかりませんが (^^;


うさうささんのおっしゃる通りだと思います。
うさぎさんの内面の豊かさは、外見からは想像できないほどですよね。
うさぎさんの魅力と
うさうささんのうさぎさんへの深い愛情が、私にはしっかり伝わって参りました。^^
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)