*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もも対娘
お正月三日の午前中の出来事です。娘が朝のケージのお掃除をしている時、私も一緒に

和室に入りもものお遊びの時間を一緒に過ごしました。ももは、娘と私が同時にお部屋

に入って相手をするのを、いつもとても喜んでくれますが、その日もうれしそうに遊ん

でいました。






ももは、ハイテンションで色々なジャンプも披露して張り切って遊んでいましたが、私

達は外出の予定があり、午前中のもものお遊びの時間はいつもより短めに切り上げなく

てはなりませんでした。





そういう時、ももを説得するお役目は娘に頼んでしまいます。






















IMG_2013+2_convert_20120121182959.jpg


娘がサークルの入り口に座っているので、サークルで遊べなくなってしまったももです。

























IMG_2014+2_convert_20120121183245.jpg



ももは何とか突破しようと試みますが、娘は動きません。

























IMG_2017+2_convert_20120121183349.jpg



「入るべきか入らざるべきか、それが問題だわ。」とケージの前で悩むももです。























IMG_2019+2_convert_20120121183457.jpg



「困った時は、良い対策をしばしパウダールームで考えましょう。」



娘の話では、娘とももだけの時、ケージに戻るように言うと、ももは必ずお部屋用のト

○レに行きお部屋にいる時間の引き延ばしを図るそうです。
























IMG_2021+2_convert_20120121183605.jpg



ももは再びケージの前に戻って来ましたが、娘は相変わらずサークルの前に座ったまま

「ももちゃん、お家に入ってね。」と繰り返しています。

























IMG_2023_convert_20120121183907.jpg


「何か良い方法はないかしら。」と悩むももです。


























IMG_2025_convert_20120121184153.jpg


リュリュママに目で訴えてみたけど、効果はなさそうです。


























IMG_2027+2_convert_20120121184253.jpg


娘に甘える作戦も通用しませんでした。

























IMG_2040+2_convert_20120121184444.jpg


「・・・。」
























IMG_2041+2_convert_20120121184540.jpg


ももは、これ以上は粘れそうもないと諦めたようです。


























IMG_2044+2_convert_20120121184730.jpg


「ももちゃん、お利口さん。代わりに夜のお遊びの時間はたっぷり遊びましょうね。」




ももがこんな風にケージに戻る姿を見ると、とてもいじらしく思えて来るのでした。

















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_2038+2_convert_20120121184359.jpg








※コメント欄はしばらくの間開いたり閉じたりするかもしれません。コメントへの御返信

&更新は遅くなるかもしれませんが出来る限り頑張りたいと思っておりますので、これ

からもどうぞよろしくお願い致します。







クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Secret
(非公開コメント受付不可)

鍵コメントさんへ
こんばんは。
コメントを頂きありがとうございます。
お忙しい中、御丁寧にありがとうございます。
無事に届いたとのこと安心致しました。^^

親馬鹿グッズばかりで申し訳ございませんが、ブログにも載せて
頂いたとのこと恐縮です。ありがとうございます。
早速伺わせて頂きます。^^

ももを可愛いとおっしゃって頂いてうれしいです。
ありがとうございます。

鍵コメントさんがお出かけする時は、やはりうさぎさんには分かって
しまうのですね。
うさぎさんは、「自分はお留守番なの?」とか思っているのでしょう
か。
おやつ作戦は、ももが小さい時に失敗して以来諦めていますが、もう
忘れているかもしれないので、また試してみたいと思います。
今の所は娘に頑張ってもらっています。(笑)
No title
ももちゃんがケージに入る姿を見ると、本当にいじらしくて
もっと遊んであげたくて、でも仕方なくて・・・。
こんな時って、胸が痛いですよね。
ちゃちゃも、ケージに入れる時やはりわかるらしくて逃げます。
まだ入りたくない、遊んでいたいよってアピールします。
でも、さくちゃんを遊ばせないとお昼寝の時間に入ってしまうので
仕方なく説得をしながら、おやつをあげます。
おやつはケージに入らないともらえないってわかっているので
自ら(あきらめて)ケージに入ってくれます。
これは、時間をかけてやってきたのでちゃちゃは入ってくれるんだけど
さくちゃんはそうはいきません。
まだ、おやつイコールケージに入るとは覚えてくれないです。
でも、さくちゃんは私がケージの中に手を入れるとすっと入ってきてくれるのです。
その後、私がおやつをあげるといった具合です。
ケージに入れる方法は、みなさんそれぞれ工夫されているみたいですね。
ももちゃんは、諦めて入っちゃうところがかわいらしいな。
 ̄(=∵=) ̄
たくさん!あそびたいよね~ももちゃん~シオンも!いつも!かんがえてるよ

~でもね!シオンわ!ごはんに!よわいの~パパが!おちゃわんに!ちゃら

りん~って!ごはん!いれるおと!きいちゃうと~おうちに!もどっちゃうんだ

~  ̄(=∵=) ̄

(素直な?シオンでした^^)
ばじるさんへ
こんにちは。
コメントを頂きありがとうございます。

はい。ももがケージに戻る姿を見ている時は、
ばじるさんがコメントして下さった通りの心境でおります・・。

ちゃちゃくんとさくちゃんがケージに戻る時も、それぞれの個性に合わせて
ばじるさんが工夫されているのですね。
ばじるさんがケージの中に手を入れると入って来てくれるというのは、素敵
だなと思います。
コメントを読ませて頂いて、うさぎさんて本当に可愛くて健気で魅力的な生
き物だという思いが益々強くなりました。
シオンパパさん&シオンちゃんへ
こんにちは。
コメントを頂きありがとうございます。

シオンちゃんも、いつもたくさん遊ぶために色々考えているのですね。^^
ももも、いつもあれこれ考えているようです。

シオンパパさんがごはんをケージの中に用意されたら、シオンちゃん
はケージに戻ってくれるとのこと、お利口さんです。

ももは、へやんぽ中にペレットもお野菜の美味しい部分も食べてしまう
ことが多いのです。(ももの喜ぶお顔を見たさについついそんな習慣が
出来てしまいました・・・。)

コメントを読ませて頂いて、うさぎさんの個性に合わせてケージに戻る
方法も色々あることが分かり参考になりました。ありがとうございます。
No title
トイレを「パウダールーム」と言う表現、ステキですね。
可愛い女の子のももちゃんには ぴったりです(^-^)
コロンは……おトイレでいいかしら? (笑)
ももちゃん、もっと遊びたかったのかな~。
でも、自分からお部屋に戻ってくれるなんて
こっちの気持ちを分かってくれて、お利口さんですね!
でも、そうして聞きわけよいと、カワイソウになってしまうんですよね。
難しいものです(>_<)
なっちゃんへ
こんにちは。
コメントを頂きありがとうございます。

ももはト○レでよく毛繕いをしていますが、そんな姿を見ていて素敵
なパウダールームがあれば良いな~という願望を表現しています。(笑)
コロンちゃんも一緒にパウダールームでお手入れしましょう。^^

ももは、満足するまで遊んだ時は素直にケージに戻ってくれますが、
時間が短めだったり、ももに気持ちが集中していなかったりすると、
もう少し遊びたそうにします。
なっちゃんがおっしゃる通り、聞き分けがよいと可哀相になって胸が
苦しくなってしまうのです。
うさぎさんは適度に(←ここが難しいところですが・・・。)我儘に
ふるまってくれるのが丁度良いのかもしれません。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。