*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
うれしい変化




「ももちゃん、お野菜が落ちているわよ。」






















IMG_7269+2_convert_20110806182620.jpg



「分かっているわ。今食べるところよ。」



















IMG_7270+2_convert_20110806182743.jpg


「あら。また落としてしまったの。」



















IMG_7277+2_convert_20110806182902a.jpg




「・・・。」


























IMG_7279+2_convert_20110806183009.jpg



「このお野菜はね、今少しずつ少~しずつ食べている途中なの。」






















IMG_7281_convert_20110806183550.jpg




普段、お野菜は一気に食べてしまうことも多いのですが、この

日は、美味しい部分を先に食べ終えてしまったのか、残ってい

るお野菜を少し食べかけては下に落とすことを繰り返していま

した。








「ももちゃん、また美味しいお野菜が見つかると思うから、楽

しみにしていてね。」



















IMG_7231+2_convert_20110806182107.jpg



さて、タイトルの最近のもものうれしい変化についてですが、

毎日のお手入れの時、以前は、もものお腹&お尻周りのチェッ

クをするために仰向け抱っこをした後は、余程御機嫌の良い時

を除いては、もものお手入れの時専用にしている私の割烹着を

ホリホリしたり、割烹着に付いているアップリケをカジカジしたり

して抗議していたのですが、そういうことをしなくなりました。



















IMG_7239+3_convert_20110806182308.jpg



ももは、子うさぎの頃から膝の上に乗ることや、横向きの抱っこ

は嫌がりませんでしたが、縦抱っこや、仰向け抱っこは苦手な

ようでした。

























IMG_7240+2_convert_20110806182401a.jpg



そんなももでしたが、最近ふと気がつくと、仰向け抱っこを自

然に受け入れてくれるようになっていました。

























IMG_7306+3_convert_20110806183655.jpg



もものうれしい変化の理由は、特に思い当たることはないので

すが、三歳という年齢に近づいた頃から、少しずつ落ち着いて

来たのかもしれないと思っています。


























IMG_7291_convert_20110806183331.jpg



いつか、爪切りも嫌がらずにさせてくれる日が来ると良いの

ですが、ももの場合、それはやはり難しいことなのかもしれ

ません。今は、ももの小さな変化を喜びたいと思います。
























<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>







IMG_7309+2_convert_20110806183744.jpg





クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




Secret
(非公開コメント受付中)

No title
仰向け抱っこを嫌がらなくなったのですか?
すばらしいことです!!i-189
ウチは嫌がるので…i-230
リュリュママさんの気持ちが通じたのではないですか?
ももちゃんも三歳になって、落ち着いたのかしら?
少しずつウサギさんも勉強していき大人になって
いろんなことを受け入れてくれるようになるのかしら?
ワガママな子供が成長してくれるのは
嬉しいですが、ちょっと寂しい?? i-228
ウチもあせらず、成長を見守りたいと思います。
ももちゃん、偉いね!
^^
今日も!綺麗だね~ももちゃん^^

爪きりは家も永遠の課題ですね~シオンは黒いから?血管見えないし?

ネイルサロン(動物病院)にお世話になるしかないですね^^;
なっちゃんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

仰向け抱っこは、ももにとっては今でも嫌なことだと思うのですが、
以前は仰向け抱っこの後によくしていた抗議のホリホリやカジカジ
をしなくなりましたので、毎日のお尻周りやお腹回りのチェックが
楽になりました。

最初はたまたまかなと思っていたのですが、ずっと落ち着いた状態
が続いていますので、ある程度受け入れてくれるようになったのか
なと思っています。←まだ半信半疑だったりします。(笑)

なっちゃんのおっしゃるように私の気持ちが通じているのだとした
ら、とてもうれしいのですが、ももは、ちょっとしたことでもくる
りと気持ちが変わってしまうこともありますので、これからもずっ
とこんな風でいてくれると良いなと願っています。

ももを褒めて下さってありがとうございます。
ももは、我儘なところもたくさんありますが、どれも理不尽ではな
く理由のあることだと感じています。

一歳になったコロンちゃんは、これからもどんどん成長して色々な
面を見せてくれることと思います。楽しみな日々ですね。^^
なっちゃん&みのさんとコロンちゃんとの楽しい日々をこれからも
ブログを通して拝見させて頂くのを楽しみにしています。

三歳になったばかりのももも、これから更に変わって行くのだろう
と思うと寂しい面もありますが、やはりとても楽しみです。
シオンパパさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ももを綺麗とおっしゃって頂いてうれしいです。
ありがとうございます。

シオンちゃんのいつもとても綺麗な姿をブログで拝見する
のを、楽しみにしています。^^

シオンちゃんはネイルサロン(動物病院)で爪切りをしてお
られるのですか。
確かに血管が見えないと自宅で爪を切るのは難しいですよね。

ももは、家とうさぎ専門店さんと半々くらいです。動物病院
で爪切りをお願いしたこともありますが、連れて行くのが結
構大変です。(^^;

定期的に爪切りのために動物病院に通っていると、健康面の
チエックにもなるのは良いなと思います。

仰向け平気・・・
なんと、ももちゃん、仰向けだっこ平気になったんですか!素晴らしい!
飼いうさぎの鏡ですね!
うちのは、1歳過ぎるくらいまでは平気だったんですが、その後は無理やりです(^^;
仰向け平気になってくれると、お尻周りのお手入れがしやすくていいですよね~。
なんとなく思うのですが、リュリュママさんがお手入れし慣れて、安定感、安心
感があるようになって、それがももちゃんを平気にさせているのかなって。
飼い主がおそるおそるやってると、気持ちがうさぎに伝わるように思います。
だから、ももちゃんがまだ爪切りは苦手なのかもしれません(でも、多くの
うさぎは苦手だと思いますが・・・)。
なんにせよ、お腹を見せることが致命的になる被捕食動物であるうさぎが安心
してお腹を見せるという事は、リュリュママさんを信頼しているってことだと思い
ます。相思相愛な関係、素晴らしいと思います^^
うさうささんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。

うさうささんに頂いたコメントのタイトルを拝見して、「これは大変な誤解を
与えてしまったかもしれない。」とあわててしまっております。

ももは、今迄にも仰向け抱っこを平常心で受け止めてくれることはありました
が、それは余程上機嫌の時だけで、それ以外の時は、仰向け抱っこの後は、大
抵、「それは嫌なことだと言っているでしょう。」と言うように、お手入れ用
の割烹着を掘ったり齧ったりして抗議していたのですが、それを止めてくれた
という程度です。

これは大きな一歩だと私は感じてはいますが、まだ「仰向け抱っこも平気。」と
いうレベルには到達していないと思います。私の記事の書き方が至らず、申し訳
ございません。

仰向け抱っこでチェックする所まではO.K.でも、そこでハサミを取り出して
汚れた毛をカットしようとしたら、間違いなく嫌がって逃げようとすると思いま
す。

お尻周り&お腹回りを目でチェックすることに関してだけは、「仕方ない。」と
許してくれた、という感じです。私がブログの記事を通して受ける感じでは、
うさこちゃんはかなり受け入れてくれる範囲が広いのでは・・・と思っているの
ですが・・・。そして、ももも、年齢とともに少しずつ変わって行ってくれる、
受け入れてくれる部分も増えて行くのかなと感じているところです。

うさうささんのコメントを読ませて頂いて思ったのですが、私のももへの対応も
少しずつ知らないうちに変化している点はあるかもしれません。
それは、ももと付き合ううちに自然に変わって来たもので、何とかこちらの思い
を分かってもらおうと日々心を砕いているうち何かが、ももに伝わったのかもし
れないと感じています。

ももにとっての爪切りは、私にとっての歯医者さんと同じようなもので、慣れる
のは中々難しいものなのだろうと思います。

うさうささんがおっしゃって下さったような、“相思相愛の関係”にはまだまだ
距離があると思いますが、少しでも、ももに受け入れてもらえる範囲が広がって
行くよう、これからも日々のお世話を頑張りたいと思います。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)