*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
食生活
IMG_0317+2_convert_20110216192449[1]a




「ももちゃんの歯は、綺麗で良いわね~。」




などと、思わず呟いてしまうのは、歯医者さんに通い始めた

からです。








定期的に歯の検診に行っていれば、または、少し違和感があっ

た時にすぐに行っていれば、良かったのですが、後回しにして

来たため、「これからは、半年に一度、せめて年に一度は、歯

のチェックに行くことにしよう。」と反省しています。
























IMG_0321+2_convert_20110216192537[1]a






それから、甘いものを控えなければいけません。考えてみると、

昨年十二月から、娘の誕生日、クリスマス、年末、今年のお正

月、と甘い物を以前よりずっと食べるようになって、それが習慣

化してしまっていました。



































IMG_0331+2_convert_20110216192622[1]a







ネットで検索してみると、うさぎも虫歯になることはあるような

ので、ももには、現在の食生活を―牧草、お野菜、小さなドラ

イフルーツを一日に一粒、果物は少量を一か月に一~二回―

という内容を、これからも続けて行こうと、改めて思いました。






















IMG_0422+2_convert_20110216192926[1]a





今回のことがあって、私自身の食生活を反省していたのですが、

ずっと以前、野村獣医の本の中に、パンを与えられていたうさ

ぎは、歯を見れば分かると書かれていたことを思い出しました。
























IMG_0337+2_convert_20110216192733[1]a





時折、うさぎに関するブログで、パンやごはんを食べていても、

長生きされているうさぎさんも見かけますので、食事に関して

は個体差も大きいようだと感じることも多くあります。







もしかしたら、それらのうさぎさん達は、うさぎさんの身体には良

くないと言われているものを食べても大丈夫なほど丈夫に生ま

れついていたから、長生き出来たのかもしれないと考えたりも

しています。










ペットショップ出身のももは、きっと母うさぎから離されたの

も早かったでしょうし、昨年の春に、一度うっ帯のような症状

が見られたこともありますので、なるべく、うさぎの身体に良

いと現在言われている食生活を、我が家で出来る範囲で送

らせたいと考えています。








そして、これからもうさぎ専門店さんや、動物病院や、本やネ

ットを通して様々な情報を取り入れ、また、取捨選択しながら

勉強して行きたいと思っておりますので、これからもどうぞよ

ろしくお願い致します。























(リュリュママの本日のお気に入りの一枚)





IMG_0376+3_convert_20110216192827[1]a


クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
虫歯になるのか。
そうか、気をつけないといけないのね。
うさぎって前歯だけが気になるけど。
奥歯も大事だものね。

勉強になる。
みー達は一度歯石を取りました。
麻酔をかけてやるから大事なの。
桃ちゃんは?
ぴゆうさんへ
こんばんは。

そうなのです。
うさぎの飼育書なども色々と読んでいても、全てを覚えている訳ではな
いので、虫歯の話はあまり聞かないせいもあり、どうだったかなと思っ
て取り敢えずネットで調べてみましたら、うさぎも虫歯になることがあ
ると書かれていました。

うさぎの場合、歯が伸び過ぎて削らないといけないという症状について
は、よく見聞しますが、そういう場合麻酔をかけて削ることが多いよう
です。

歯石をとったうさぎさんの話は、あまり記憶にないのですが、どうなの
でしょう。また飼育書を読み返してみようと思います。

ももは、体調を崩してペレットを食べなくなった時、動物病院で歯も診
て頂きましたが、お口の診察に慣れていないせいもあり、中々お口を開
けず、動物病院の先生も大変そうでしたが、歯は大丈夫とのことでした。

うさぎ専門店さんに健康チェックと爪切りに連れて行った時も、お口の
中もチェックして下さいますが、家では、お口の中を見ようとしても、
奥歯まで見ることは出来ません。

みーちゃん達は、麻酔をかけて歯石を取ったとのことですが、猫さんも、
お口の中を治療するのは大変そうですね・・・。
でも、歯石を取ることで、虫歯の心配が減るのなら助かりますね。

犬や猫に比べて、うさぎは、麻酔にも弱いと言われていますので、出来
る限り牧草もたくさん食べて、歯もすり減るようにと願っていますが、
食事には、楽しみの面も含まれていますので、ごく少量のドライフルー
ツや時折の果物などは与えています。
虫歯・・・
うさぎの虫歯・・・身近では聞いたことはないのですが、確かになり得るでしょうね。
今朝の新聞に、虫歯の原因となる酵素の構造が明らかになったと載っていましたので、
改めて私もうさこも虫歯に気をつけなきゃ・・・と思ってたところです。
甘いお菓子類でなくても砂糖は含まれてますもんね・・・うさぎは歯磨きできないし。
人間でも、個人によって歯が強い、弱いがあるみたいなので、うさぎにもそういう
個体差があるのかもしれないですね。
リュリュママさんは歯医者さんに通わざるを得なくなったのですね・・・。
私は虫歯はなく、歯は丈夫なほうなのですが、慢性ビタミンB不足で歯茎が弱く
そのせいで定期的に歯医者さんに行っています。面倒ですが仕方ないです・・・
リュリュママさんの治療が早く終わりますように。
うさうささんへ
こんにちは。

虫歯の原因となる酵素の構造があきらかになったとのこと、出来れば
身体に優しいお薬で治る日が来てほしいものです。

うさうささんは、定期的に歯医者さんに行っておられるのですね。
やはり、それが一番安心だと思います。私は、今回久し振りに行くこ
とになり、とても緊張しました。(笑)

今回、うさぎの飼育書を改めて読み返してみましたが、虫歯については
記載されていなくて、やはり少ないのだろうと思いました。
ネットのお陰で、本に載っていない情報も知ることが出来るようになり、
便利になったと思います。

温かいお言葉をかけて頂きありがとうございます。
この機会に全部診ていただいて、これからは定期的に通うことにしよう
と思いました。
No title
甘いものの誘惑はこわいです。。
私もソフィーも大好きです><でも虫歯になるのは甘いものを我慢するよりもっと嫌です;
なので私もソフィーも?気をつけなきゃと思いました!
パンを食べているうさぎさんの歯ってすぐにわかっちゃうんですね。
こわくて食べさせたことが無いのですが・・・
うさぎさんは歯ブラシできないですものね、おいしいものをずっと長く食べていけるように私達がちゃんと食生活を見てあげなきゃいけないですよね。
おやつのあげすぎは気をつけていたのですがフルーツのあげすぎも注意しなければ・・・!
トルネラさんへ
こんばんは。

トルネラさんもソフィーさんも甘いものがお好きなのですね。私は、何かの
きっかけで一度甘いものを食べると、翌日から止まらなくなってしまう所が
ありますので、今回は自分の食生活を反省する良い機会になりました。

ももも、果物は結構喜んで食べますので、一時期毎日与えていましたが、
昨年の春に一度体調を崩してからは、月に一~二回に減らしました。

毎日食べていても元気に過ごしているうさぎさんもいるようですし、食事
に関しては個体差が大きいなと感じますが、ももは、食べ物によって結構
影響を受けやすいように見えます。

おやつに関しては楽しみの面や、コミュニケーションの手段という面も
あって、飼い主さんが様々な情報をもとに決めて行くしかないのかなと
思います。

パンやごはんは私も与えたことはありません。ももは、オーツ麦なども
食べようとしませんので、牧草・お野菜・ペレット・少量の果物・ドラ
イフルーツという食生活を続けています。

お野菜の量に関しても色々な説があるようですが、我が家では一日に二
回与えています。

トルネラさんがおっしゃるように、うさぎさんは歯磨きが出来ないので、
なるべく牧草をしっかり食べてもらえるようにするのが良いのだろうと
思っています。

うさぎさんの食生活に関しては、どれがベストかはまだはっきり分から
ない面もありますし、うさぎさんによっても違うと思いますので、私も
これからも学び続けて行きたいと思っております。

ブログを通して可愛いうさぎさん達の姿を拝見していると、うさぎさん
達が皆、出来る限り元気で長生き出来るよう願わずにはいられません。
小生の持論
ペレット 幼時時期 6ヶ月頃まで育児用を与え 8ヶ月頃までバニーを与え 後は 各社のを混ぜて 好き嫌いを無くしました(実を言いますと モルちゃんの餌を食べるので 分けていたのが 何時の間にか ゴチャゴチャになり 判んなくなってのが事実です モルも同じ)
野菜  2~3日置きに遣り 果物入り 青汁を与える 此れにより クッキーは止め (此れも皆で食べるので取り過ぎてる感じなので 食べれない子には悪いけど 連帯責任)
野草 雑草 取れる様になったら 極力与える 新鮮 自然な物が一番
段ボール 好きなように齧らす 鬱憤晴らし ストレス解消
何を遣っても怒らない(成るべく) いじけるといけないから
此れで何か有ったら如何し様(笑)
奥歯を見る方法て 何か有るのかな~? 一度 唇をニーッとしてやろうかな?噛まれたりして(ショボン)
勉強嫌いだから 何か良い情報が 有ったら教えてね(御願い ペコリ ) 
SR1さんへ
こんばんは。

SR1さんのお家では、モルちゃん達、うさちゃん達が楽しく元気に過ごせる
ように、色々と工夫されていますね。

我が家でも、段ボールは齧ってOKということにしています。
そして、齧られて困る物には、金網や、段ボールや、プラスチックの段ボール
や、木の板で防いでいます。

動物病院では、奥歯を診るための器具を口に差し込んでおられましたが、自宅
では、お口を開けて見る以上のことは難しそうです。

私は、ももの奥歯を見たことはありません。お口をそっと開けて、前歯を見る
のが精いっぱいです。

SR1さんのコメントは、私にはとても勉強になり、有り難く思っております。
お役に立てるかどうか分かりませんが、なるべく新しく知った情報などは公開
しながら、ブログを続けて行きたいと思っておりますので、これからもどうぞ
よろしくお願い致します。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)