*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また後日・・・。
IMG_7808+2_convert_20110105162513[1]a




年末は時間が取れず行けなかったのですが、今朝、娘と二人で映

画館に行き、パペットアニメ、『チェブラーシカ』を観て来ました。







客層は、平日の午前中ということもありほとんど幼いお子さんと

そのお母様という感じの中に娘と二人で紛れ込んで観て来たとい

う感じでしたが、作品は素晴らしかったと思います。








娘は大学で第二外国語をロシア語をとっておりましたので、一~

二年生の頃、ロシア語の講義で、『チェブラーシカ』のDVDを

何作か観てすっかりファンになったようです。









そうして一時期は家でいつも、作品の登場人物であるワニのゲ

ーナの歌う『空色の客車』の歌をロシア語で歌っておりました。









その頃、娘から『チェブラーシカ』については何度も話を聞い

てはいたのですが、しっかり心に留めるということもなく、何

となく聞き流しているような状態でした。









そうして、最近、相互リンクして頂くようになった、

『まーりたんの暮らし探訪記』の、

まーりたんさんのセカンドブログで、

「チェブラーシカ」について詳しく色々と書かれているのを読

ませて頂いて、娘が話していたのは、このキャラクターのこと

だったのだと分かり、娘とも話が弾みました。











今回の映画のこともまーりたんさんのブログで知ることが出来、

お陰で娘と二人で楽しい、心温まる時間を過ごすことが出来ま

した。










一つだけ残念だったのは、近くの映画館では字幕では上映されて

いないため、吹き替えの映画を観ることになったことです。娘は、

せっかく観るのならロシア語の勉強を兼ねて、字幕で観たかった

ようで、少し残念そうでした。









ただ、パンフレットを眺めていましたら、吹き替えに藤村俊二の

名前を見つけて、私にはそれも楽しみの一つでしたので、良かっ

たとも思っています。












映画を観終わった後は、私もすっかりチェブラーシカのファンと

なっていて、上の写真のようにいくつかキャラクターグッズを買

い求めました。











娘は、「今迄幾つか大学で観たけれど、短い作品だったせいか、

今回のが一番良かった気がする。」と満足そうでした。そして、

「また来年も観に来たいね。」と話していました。












今回、娘と私に良い機会を与えて下さった

まーりたんさんには感謝致しております。ありがとうござい

ました。





















IMG_7754_convert_20110105162141[1]a



さて、我が家のももは、新しいベッドにもすっかり慣れた様子

で、毎日元気に跳ねまわっております。











実は、毛布やベッドを買い換えたらももは今迄のような遊びを

しなくなってしまうかもしれないと少し心配していた私は、同

じ種類のベッドも先日購入して、ももの様子を観ることにしま

した。












ももが新しい毛布を運んで遊ぶ様子を動画に撮りましたので、

よろしければ御覧下さい。(音声入りです。)

























ももの反応は、いつもより少しゆっくりでしたが、楽しそう

に遊ぶ姿を見せてくれましたので安心しました。


















IMG_7736+2_convert_20110105161342[1]a




新しいベッドにも少しずつ慣れて来ているようです。












IMG_7737+2_convert_20110105161440[1]a




「ももちゃん、新しいベッドはどうですか?」












IMG_7741+2_convert_20110105161537[1]a




「入ってみるわね。」












IMG_7748+2_convert_20110105161706[1]a




「中々良い座り心地よ。」

「良かったわ。そのベッドも回して遊べるかしら。」












IMG_7804+2_convert_20110105162343[1]a



その質問に対するももの答えは、また後日ということになり

そうです。

















(リュリュママの本日のお気に入りの一枚)




IMG_7786+2_convert_20110105162241[1]a


クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
小さい毛布だねぇ。
こんなに可愛らしいのがあるのねぇ。
反応がおニャと同じ。
猫はそれに足もプラスするけど。

そうそう、ももちゃんって歯はどうしているの?
うさちゃんの歯って伸びるんだよね。
No title
ももちゃん、新しいブランケットもベッドもとっても気に入ってくれたみたいですね☆ミ
今年もまた、新しい業を身につけてくれるでしょうか?^^

ロシア語を専攻されていたなんてステキですね!
私はアルファベッドすら知りません^^;

私は昨日テレビで放映されていた「サウンドオブミュージック」が
映画を好きになったきっかけの映画でした(*^。^*)
小学6年生の夏休みに姉妹で始めてみた大人の映画がこれです
何度観ても感動します。当時はレコード、今はCDも持っています
もちろん録画もしました^^

映画っていいですね~、サイナラサイナラサイナラ・・・^^;
ぴゆうさんへ
毛布はペットショップで購入した物ですので、小型犬用なのかも
しれません。
ももの体重は1.9Kg位なので、丁度良いサイズの物があって
助かっています。
猫さんだともう少し大きいサイズが良いのかもしれませんね・・・。

猫さんのジャンプ力もすごいですよね~。私は猫さんも好きなので、
一度おもちゃで一緒に遊んでみたいなと思ったりしています。

うさぎさんの歯は、牧草を食べることで自然に削れているようです。
ももは、年に数回うさぎ専門店さんで爪切りと健康チェックをして
頂いていて、歯もその時に見て頂いていますが、今迄のところは
大丈夫です。

春に体調を崩した時は、動物病院でも歯を診て頂きましたが、大丈
夫とのことでした。

年齢を重ねて、不正咬合の症状が出て来る場合もあるようで、歯を
動物病院で定期的に削っている(カットしている?)うさぎさんの
お話も飼育書には載っていますので、定期的なチェックはした方が
良いのかなと思っています。
きなこさんへ
> ももちゃん、新しいブランケットもベッドもとっても気に入ってくれたみたいですね☆ミ
> 今年もまた、新しい業を身につけてくれるでしょうか?^^

ももは、思っていたよりも早く、新しい物にもなじんでくれて
うれしく思っています。^^
蕗は、新しいおもちゃに慣れるまで結構時間がかかることが多
いのですが、ももは、新しい物も好きなようです。^^

> ロシア語を専攻されていたなんてステキですね!
> 私はアルファベッドすら知りません^^;

ありがとうございます。
ロシア語のアルファベットは私も知りません。^^;娘は英語が
苦手だったのですが、ロシア語は文法がかっちりしていて好きだ
と申しております。外国語にも相性があるようです。

> 私は昨日テレビで放映されていた「サウンドオブミュージック」が
> 映画を好きになったきっかけの映画でした(*^。^*)
> 小学6年生の夏休みに姉妹で始めてみた大人の映画がこれです
> 何度観ても感動します。当時はレコード、今はCDも持っています
> もちろん録画もしました^^

> 映画っていいですね~、サイナラサイナラサイナラ・・・^^;

『サウンドオブミュージック』は、私も好きです。中学生の頃、英語クラブ
でレコードから『エーデルワイス』の歌を聞いてとても気に入って、友達と
良く歌っていましたし、子ども達が幼い頃は、『トラップ一家物語』を絵本
にしたものを何度も読み聞かせしていましたので、とても懐かしいです。

昨日、放映されていたとは気付かず残念でした。

淀川長治さんの解説も、懐かしいです。^^
No title
ももちゃん、新しいベットに満足そうですね!
気に入ったようですが、回して遊ぶのかな?
楽しみです。

ももちゃんの年賀状ありがとうございました。
うれしかったです^^
写真のももちゃんがあどけない表情でかわいいですね!
最近のお写真なのでしょうか?
遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願いします☆
ビットうさぎさんへ
> ももちゃん、新しいベットに満足そうですね!
> 気に入ったようですが、回して遊ぶのかな?
> 楽しみです。

今度のベッドも同じフルーツのシリーズのベッドなのですが、
形が少し違っているようなので、回し難いとかいうことがある
のかなと思いつつ見守っているところです。(笑)

こちらこそビットくんの年賀状をありがとうございました。
とても素敵な年賀状だったので、さすが
ビットうさぎさんだなと感じました。

ももは最後まで思うような写真を撮れませんでしたので、
秋~冬頃にかけて撮った物の中から選びましたが、
「これ!」というのがなくて少し残念でした・・・。
でも、ももの写真を可愛いとおっしゃっていただいて、
とてもうれしいです。ありがとうございます。

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年もビットうさぎさんとビットくんにとって素晴らし
い年でありますよう願っております。
リュリュママさん、こんにちは♪
いつも温かいコメントを頂き、感謝していますv-238
昨日は素敵なお知らせをありがとうございました。
チェブちゃんの新作映画、ご覧になられたのですねv-238
とても楽しまれたご様子で、私も嬉しいですe-446

お嬢様はロシア語を専攻されていたのですね。
素晴らしいですe-349 既にオリジナル作品もしっかりと
ご覧になられて、きっと私よりもお詳しいでしょうねe-266

私の叔父はロシアフリークで、ガルモーシカも嗜み、
何度かロシアへも旅行しているのですが、自身は
未だにNHKのロシア語講座を眺めているような
状態で、本当にお恥ずかしい限りです・・・e-351

ゲーナの弾き語る 『 青い列車 』 は名曲ですねe-446
ロシア語では『 ガルヴォイ ワゴン 』だったでしょうか。
お嬢様は原語で歌えるのですね。本当に素晴らしいですe-349

新作映画では、残念ながらゲーナがガルモーシカを
本格的に弾き語るシーンはありませんでしたねe-330
やはり基本、お子様向けに作られていた作品のようです。

ゲーナもややお喋りでソツが無く、オリジナル作品の
紳士でありながらもどこか泥臭く、愚直なゲーナの良さが
残念な事に消えていましたe-263 また、シャパクリャクさんも
悪さは好きですが確固たる信念を持っていて、真の悪党には
知恵を絞って厳罰を下すなど、惚れ惚れする一面もあったのに、
新作映画ではサーカス小屋で大暴れしたり、自身のお金儲けの
ために無差別に人を騙すなどドロンジョ風?に描かれていて、
これも正直ちょっと違うんじゃない?なんて思ってしまいましたe-351

でもこれらは私の主観です。監督さんにはそういう人物像に
見えていたのでしょうv-410 リュリュママさんのお嬢様のように、
私もオリジナル作品信仰のオツムを柔らかくしなくては(笑)。

こちらでも、新作映画は吹き替えのみの上映でした。
それでもやはり藤村俊二さんは良かったですe-446

チェブラーシカについて、ここまで深く関心を持って
頂いていることが嬉しくて、ついつい白熱気味のコメントに
なってしまい申し訳ありませんe-330 もしご迷惑でしたら
このコメントをどうぞ削除して下さいませv-410

ブログのご紹介までして頂き恐縮ですv-421
素敵な記事を本当にありがとうございましたv-238

ももちゃんv-530、新しいベッドと毛布がすっかりお気に召した
ようですねv-410 いつ拝見させて頂いても凄く可愛いですv-10

これから帰って、リュリュママさんから頂いたコメントに
ゆっくりとお返事を書かせて頂きますねv-410 こちらこそ、
いつも優しいお言葉を本当にありがとうございますv-238
心よりお礼申し上げますv-421
まーりたんさんへ
まーりたんさん、こんにちは。

こちらこそいつも温かいコメントをいただきありがとうございます。

また、今回チェブラーシカの映画の件につきまして、素晴らしいコメント
をいただき、ありがとうございます。m(_ _)m

まーりたんさんのコメントを読ませて頂いて、原作を全く知らずに今回の
映画を初めて観た私にも、原作の素晴らしさが感じられてとても勉強にな
りました。

確かに、原作を御存知の方には色々な御意見があるのは当然のことだと思
います。私は、
『指輪物語』が大好きで、子ども達にも全巻読み聞かせしましたが、映画
化された時は、作品を観る毎に、帰りにお店で夕食をとりながら、家族皆で、
「あそこは何故、ああしたのか。ここはどうしてこうなったのか。」と、
侃侃諤諤の議論をしましたので、オリジナルを知らない私にも
まーりたんさんのお気持ち、またおっしゃることはよく分かるつもりです。

(まーりたんさんから頂いたコメントを読ませて頂いていましたら、息子が
「『ムーミン』のシリーズも原作(翻訳された本のことですが)にはスティ
ンキーのような悪役という存在は出て来なくて、登場人物皆がそれぞれに少
しずつ悪い面を持っているし、原作の方が面白い。」などと申しておりました。)

ロシア語は娘は一般教養として二年間習っただけですので、専攻は語学系で
はなく(不特定の方が御覧になっていることもあり学部名までは書けません
が)、ロシアについても
まーりたんさんの叔父様のように詳しい訳ではありませんし、チェブラーシ
カについても、
まーりたんさんのように詳しい訳ではありません。私の書き方に誤解を招くよ
うな面があったとしましたら、お詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

今回、まーりたんさんから頂いたコメントを外出中の娘の携帯に送りましたところ、
以下のような返信が届きましたので、こちらに転載致します。


<<原作(?)の、飾らないやさしさ、素朴さを愛されている
まーりたんさんのお気持ちもよく分かります。私もチェブラーシカ(ロシア)の
魅力について考えさせられました(●´д`)

因みに、私が本当にチェブラーシカファンになったのは「空色の汽車」を聴い
たからです。
今回最も残念だったのは、ゲーナの歌がなかったことかもしれません。
次に残念だったのは、確かにシャパリクかも。
まーりたんさんのコメント、とっても素敵でした。私からもありがとうござい
ましたと、よろしければお伝え下さい>>

上記の他に娘が電話で話しておりましたことは、娘はオリジナルの児童文学
作品は読んでおらず、大学の講義で見た幾つかのDVDには、土臭さやロシア
的なものはより出ていると感じたけれど、(今回の映画のもととなった作品は
娘は見ておらず、他の短編作品を幾つか観ただけだそうです。)今回観た映画
は友情というテーマの扱い方・表現が上手だと感じたというようなことでした。

ここまで書いて来て思ったことですが、本来なら、比較の対象となる作品を観て
から論じるべきことがらを、このような形で返信させていただくのは間違いであ
るかもしれません。
その点は申し訳なく思っております。

ただ、今回映画化された作品を私のように初めて観た方もいらっしゃることと
思いますが、
まーりたんさんのコメントのお陰で、オリジナルの持つ魅力をお伝えすることが
できたことは良かったと思います。私も、
まーりたんさんのコメントを読ませて頂いて是非、ロシアで作られた作品を観て
みたい、また、絵本を読んでみたいと思いました。

ロシアについても、私は米原万里さんのエッセイが好きで、何冊か娘や息子が
幼い頃に読み聞かせしたことがあり、学生時代は、チェーホフ、トルストイ、
ドストエフスキー(ドストエフスキーの長編は、『カラマーゾフの兄弟』のみ
何度も読み返したことがある程度で、他の作品は読んでいませんが)の作品を
好きで愛読していたことがある程度で、ほとんど知識というものはなく、チェ
ブラーシカについても最近知ったばかりですので、新しい魅力的な存在を知っ
て、これから少しずつもっとよく知って行きたいと思い始めたばかりです。

ゲーナが弾いているあのアコーディオンのような楽器は、ガルモーシカという
のですね。そのことも今初めて知り、とても勉強になりました。

シャパクリャクさんに関しては、オリジナル作品を知らない私も「どうなのか。」
と感じる面はありましたので、本来は違う面を持った人物として描かれていると
知ってうれしく感じました。

まーりたんさんコメントやブログを御覧いただくことで、チェブラーシカ
の本来の魅力がこの記事を読んで下さった方々にも伝わることを願ってお
ります。

全く初めて見た私には充分楽しめるものでしたが、
まーりたんさんに色々と教えて頂く機会を持てたことを有り難く思っており
ます。

オリジナルを知っている人には、映画化されたもの、テレビドラマ化された
ものは別のものと感じることも多いように思います。
今回の映画作品をきっかけとして、より多くの方が原作に興味を持つことに
なればと思います。

チェブラーシカに関しては、何も知らない私のブログより、長く深い愛情
を持って来られた
まーりたんさんのブログを御覧頂くのが良いと思い御紹介させて頂きまし
たが、思った通りの熱い愛情を感じ、うれしく思っております。
これからも色々と教えて頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


もものことを可愛いとおっしゃっていただきうれしく思っております。
ありがとうございます。
新しいベッドと毛布も気に入ってくれたようで安心しているところです。^^

これから、娘も私もゆっくり少しずつチェブラーシカのこと、ロシアのことを
知って行きたいと思っております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。