*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
ライバル
IMG_5992+2_convert_20101219204103[1]a



毎日同じ部屋で一緒に毛繕い・羽繕いをしたり、ごはんを食べ

たりしている蕗とももは、仲良しとは言えないけれど、良きラ

イバルとは言えるかもしれません。













IMG_5993+2_convert_20101219204243[1]a



そんな二羽の姿を見ていたら、私の中学時代のことを思い出し

ました。










IMG_6014+2_convert_20101219204344[1]a



中学三年生の時同じクラスにいた彼女は、年賀状にも、卒業式

が近付いた頃に交換したサイン帳にも、私のことを、「良きライ

バル」と書いていました。







私は、彼女をライバルと思ったことはなく、むしろ他の多くの

級友と同じように、カリスマ性のある彼女にあこがれの気持ち

を持っていましたので、「ライバル」という強い表現をされた

ことに愕いていました。












IMG_6063_convert_20101219204646[1]a



彼女も私も、お互いにそれぞれ仲の良い友達がいましたので、

席が近くになった時に話をする程度で、いつも一緒に行動す

るということはありませんでした。







卒業式が間近になった頃、皆お互いの名札の台布の裏に色々な

メッセージを書き合いました。






卒業式が終わった時、彼女は私に自分の名札をはずして見せて

くれましたが、そこにはたくさんのメッセージが書かれていま

した。






「メッセージでいっぱいね。」と私が言うと、彼女は、「あげ

る。」と一言だけ言って、その名札を私に差し出しました。






その名札は彼女へのメッセージでいっぱいでしたので、私は、

彼女が持っておくべきだと思い、そう伝えましたが、彼女は

笑って私にその名札をくれました。






先日、探し物をしていた箱の中に彼女の名札を見つけて、その

時のことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。







彼女は、その時のことをすっかり忘れてしまっているかもしれ

ませんが、私にはとても懐かしい中学時代の思い出です。





この話には後日談があり、その話を子ども達にすると、娘は分

かってくれましたが、息子にはよく分からないようでした。







「それはどういう話?」と聞かれました。








「恋愛感情ではないけれど、思春期の頃の同性の友達に対す

るあこがれの感情と、それが相手にも伝わっていたというお

話よ。」と答えましたが、あまりピンと来ないようでした。






人にはそれぞれ個性があると感じた出来事でした。

















IMG_6367_convert_20101219204853[1]a



ネットの通販で購入した、蕗のペレット二種類とビタミン剤が

届いたのを見て、ももは、チェックにやって来ました。












IMG_6368_convert_20101219205001[1]a




「これは、蕗ちゃんのごはんよ。」とももに言いましたが、

ももは、届けられた箱にも、中のペレットにも顎を擦りつ

けていました。













IMG_6372_convert_20101219205249[1]a



こんな時、いつも思うことですが、蕗が、ももの行動の意味

(顎を擦りつけてニオイをつけることで、「これは、私のも

の。」という印をつけているらしい。)を知らなくて良かっ

たわと思いました。












(リュリュママの本日のお気に入りの一枚)



IMG_5924_convert_20101219204504[1]a



クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Secret
(非公開コメント受付中)

No title
なんか、元気になったみたい。
良かった、良かった。
ニャハハハ。
ももちゃんはおニャみたいだね。
猫もよくやるよ。

ぴゆうさんへ
ぴゆうさんには、色々とお世話になりありがとうございます。m(_ _)m

昨日は、ぴゆうさんのブログ、『五黄猫国往来記』を読ませて頂いて
いるうちに、少しずつ元気が出て来ました。o(^-^)o
少しずつ前に進んで行きたいと思っておりますので、どうぞよろしく
お願い致します。

ぴゆうさんがおっしゃるように、うさぎさんがニオイ付けをする姿は、
少し猫ちゃんと似ているとかも知れません。
「自分の物」と主張せずにはおれないのでしょうか。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)