*All archives* |  *Admin*

2020/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
もも、動物病院へ。
IMG_3419+2_convert_20101121044343[1]a




ももが右足の爪を折るケガをしたのは、金曜日の午後のことです。





ももが、お遊びの時間にお部屋の中を走り回っていた時、ふと

見ると、床に血がついていたため、あわてましたが、ももの右

足のつま先から出血していることが分かり、爪を折っているよ

うでしたので、ももをケージに戻しました。








ケージに戻したももの様子を見ていると、ももは、自分で怪我

をしたところを何度もなめていて、出血は止まったようでした。








ももが爪を折ったのは二度目ということもあり、出血が止まった

ことで安心していました。






その日の夜、ももをケージから出した時も元気いっぱい遊んで

いましたので、もう大丈夫だろうと思いましたが、怪我をした

直後は、ももが嫌がって触ることが出来なかった足の爪の状態

を見ようと思い、娘と二人で、ももを撫でながら、

「ももちゃん、足を見せてね。」と言うと、










ももは、身体をサッと沈ませて足を触り難くし、更に、スッと

後ろ足を身体の下に隠しました。










「何か、二段階で隠したわね。」と、娘と笑いながら言い合い

ました。そして、ももが二段階で隠した後ろ足を身体の下から

引き出して、爪先の毛をかき分けて見てみましたが、血が止ま

っていることは分かったものの、どうなっているのかは、はっ

きりとは分かりませんでした。










昨日、土曜日の朝も、お昼も、ももは変わらず元気でしたが、

夕方、ケージから出した時に、ももの身体の右側に血がついて

いるのに気付き、ももを抱っこしてじっくり見ると、金曜日に

怪我をした所からまた出血していることが分かりました。












IMG_3429_convert_20101121044737[1]a


(動物病院から帰って来た日の夜、キャリーをチェックする

ももです。)





爪は、以前のように根元から折れたのではなく、途中から折れ

て、そこをひっかけたのかもしれないと思いましたが、ももの

爪先を見ても、どういう状態かはっきり分からないため、丁度

外出先から帰宅したばかりの娘と一緒に、ももを動物病院へ連

れて行くことにしました。







高速道路は渋滞していて、思っていたより時間がかかり、動物

病院も混んでいました。









ももの後ろ足の爪は、やはり途中から折れていたようで、止血

剤を使ったけれども、また、出血することもあるかもしれないが、

大丈夫でしょうとのことでした。








せっかく動物病院に行くことにしたので、日頃気になっている

こともいくつか聞いて、爪切りもお願いしました。







ももが、最近ケージの中のト○レを使わないことや、もものオ

○ッコは子うさぎの頃から赤っぽいことがよくあり、今迄何度

か潜血反応を調べたけれども、反応が出たことはないことを話

し、最近ケージの中でオ○ッコを我慢しているのだとしたら、

膀胱炎にならないか心配に思っていることも伝えました。








そして、膀胱炎を起こしていないかを、エコーで検査して頂き、

ももの膀胱は綺麗で大丈夫だとのことでした。潜血反応を調べ

る紙も出して頂き、避妊手術についても少しだけですが、お話

を伺いました。












IMG_3428+2_convert_20101121044612[1]a





ももの体重も測って頂きましたが、1.9Kgとのことでした。









ももの右足の爪が折れた所も、見せていただいたのですが、じ

っくり見ても、怪我の部分には、血液が固まった状態が見えるだ

けで、どんな怪我なのかは、はっきりとは分かりませんでした。







動物病院へ行くために家を出たのは夕方でしたが、帰宅したの

は夜遅くになってしまいました。















ももにとっては長時間の外出となりましたが、ももの怪我が心

配のない状態だということが分かり、膀胱炎にかかっていない

ことも分かりましたので、良かったと思っています。












IMG_3420+2_convert_20101121044442[1]a






ももは、帰宅後はお部屋の奥に走って行って隠れていましたが、

夜、キャリーのお掃除をしようとすると、傍に来てチェックを

念入りにしていました。











IMG_3421+2_convert_20101121044526[1]a



そうして、あちこち元気いっぱいに走り回っていました。


ももが、もう怪我をしませんように・・・。








(リュリュママの本日のお気に入りの一枚)


IMG_3435+2_convert_20101121044824[1]a



クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
ももちゃんなんともなくてよかったですね!
血がでていたりすると、焦りますよね**
いろいろ検査もしてもらって、悪いところはないのがわかって
病院へ行った甲斐がありましたね^^
ももちゃん、お疲れ様でした(*^。^*)
きなこさんへ
はい、ありがとうございます。
すぐに出血が止まったようで安心していたら、翌日出血したのを見て、
心配になりましたが、何ともなくて良かったです。^^
ももは、病院へ行った日は疲れているようでしたが、翌日は朝から元気
いっぱいで、暴れ回っております。^^;
No title
ももちゃん痛い思いしたけど、大した怪我でなくて良かったね。
普段の心配事が解決できて良かったですね。

ももちゃんお大事にね。
大事に至らず良かったですね。
我が家の兵隊も爪が吹っ飛んで血だらけに
なったことがありました。
まぁ~すぐ治りましたけど・・・
病院には不定期ですが、通っています。
大病を患ったことが過去にありましたから。
あずさんへ
ありがとうございます。
ももは、怪我をしても普段と変わらず走り回っていますので、
見ている方がハラハラしています。
動物病院では、いくつか気になることを聞けて良かったです。
沖田根艦長さんへ
ありがとうございます。
ももは、以前前足の爪を根元から折ってしまったことが
ありますが、その時は翌日以降出血することはなかった
ので、今回は心配しました。
大きな怪我でなくて良かったと思います。
動物病院には、時々行っておいた方が、うさぎさんにと
っても良いかもしれませんね。
No title
ももちゃん、大事にいたらず 良かったですね。
病院から帰った後の、ももちゃんの様子が元気そうなのでひと安心ですね。
リュリュママ、ももちゃん お疲れさまでした。
チョビ母さんへ
チョビ母さん、こんばんは。
早速の御訪問とコメントをいただき、ありがとうございます。

ありがとうございます。
ももは、動物病院は苦手なのですが、今日は、昨日病院で大人しく
していた分を取り返す勢いで走り回っていました。
大事に至らず、本当に良かったと思います。
これからも、ももが元気に過ごせるよう見守って行きたいと思います。
No title
爪は大丈夫 何処で引っ掛けたのかなー 親指なんかは 伸びてても判り図来ので 引っ掛けて怪我をするのだったら判るけど 後ろ足の内側の爪は蹴る時力の入る所だから其処かな? リュリュママさんの処は凄く綺麗にしてるから 何処で遣ったのかな? 此方は家の中は 見事な位 グチャグチャで モモとクーリー それと モル三姉妹が 走り回って 良く怪我をしないもんだと 感心してます 
SR1さんへ
御心配頂き、ありがとうございます。

ももが引っかけたのは、右の後ろ足の内側から二番目の爪です。

一番あやしいのは、ももは、最近お部屋の奥へ行ったり来たりする時の通路として、
ケージの上に飛び乗ったり飛び降りたりを繰り返していますので、ケージから飛び
降りる時に、金網に爪を引っ掛けたのではないかと思うのですが、折れた爪が見当
たらないのと、奥の本棚の中へ入れないように、金網でガードしている所へも何故
か入り込んでいる時がありますので、そこで金網に引っ掛けた可能性もあります。

季節の変わり目になると、お部屋の隅々まで縄張りを拡げたくなるようで、ケージ
の上に飛び乗らせないように、お部屋の奥へ行くためのもう一方の通路を開けたの
ですが、ももは、両方の通路を使ってぐるぐる走り回っています。v-356

一番安全なのは、もものお遊びの場所をサークルの中だけに限定することだと思う
のですが、ももが現在使っているト○レはサークルの外にあることや、私の躾の甘
さもあり、それが出来ずにおります・・・。

SR1さんのお家では、うさちゃん達、モルちゃん達が、怪我をしたことがないと
いうのは、素晴らしいことだと思います。

ももは、季節の変わり目になると縄張り拡張の意識が強くなり、そこから色々な問題
が発生していると感じていますが、その時期の過ごさせ方は、もものト○レのことも
あり、頭を悩ませているところです。
納得
其処は 一番爪を 立て易い所ですから 引っ掛けたのですね 処で 外トイレはこの時期大変ですね 此方は6箇所 置いてます ウサギ用が3箇所 モル用が3箇所 モモとクーリーは其の日の気分で 3箇所を ローテイションで使うので 減らす事が出来ないし モル達は する所が 其々違うので これまた 減らせないので 困る 救いなのは モル達が割りと 外トイレを 使ってくれる事 但し 欠点が有ります モモとクーリーの喜びウンピです する所は決まってるのですが ポロポロと撒いて行くから 掃除機を持って 回収してます 「ワシは お前達の 清掃屋かい」と言っても 知らん顔ですよ
SR1 さんへ
やはり、ももの後ろ足の爪は、金網に引っかかったのでしょうか。
今、ケージの上半分は、カバーで覆っていますが、これから、ももをお部屋に出す時は、
ケージの上全体を布で覆うようにしようと思います。

SR1さんのお家では、うさちゃん達、モルちゃん達用に、六箇所ト○レを置かれているの
ですか。
多くのうさちゃん達、モルちゃん達のお世話は、やはり大変な面もあるのですね。
モルモットのトイレの躾は難しいと思うのですが、モルちゃん達もト○レを使ってくれる
のは、素晴らしいですね。

我が家のももは、春と秋は、縄張りを広げるために、ウ○チをばら撒こうとしますが、
うさぎさんのウ○チは、お掃除しやすいのは助かりますよね。
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)