*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
あれこれ考えること
うさぎの避妊手術についての話題が、偶然にもあちこちで語られ
ているのを目にして、私なりの現在の考えを記しておこうという
気持ちになりました。



現在ももは1歳8カ月で、避妊手術は受けていません。最初にも
もを飼い始めた頃は、飼育書に書かれているように避妊手術を受
けさせようと考えていました。



そのため、うさぎ専門店で避妊手術について聞いた時、「健康チ
ェックをきちんとするようにしましょう。」という、むしろ手術は勧め
ないというニュアンスの返事が返って来た時は意外なことに思い
ました。


その後、ネットで、麻酔の危険性や、避妊手術でうさぎさんをな
くした方のお話や、避妊手術後にホルモンのバランスを崩して脱
毛等の症状が出る場合もあることなど、色々な事例を知りました。



色々と迷い、考えているうちに手術をするなら1歳迄が良いと言
われている年齢を過ぎていました。そして、最近読んだ本には、
3~5歳で、もう一度手術を考えてみても良いと書かれていまし
た。



その年齢までなら、まだ少し時間はあることになります。私の中
では、絶対にこちらという程のはっきりとした意見はありません。



ただ、健康な身体にメスを入れることには大きな不安・抵抗があ
ります。



子どもが小さな頃からアレルギーの症状に悩まされたことや、私
自身も体調を崩しやすくなったこともあり、様々な健康法に関す
る本を購入し、読んで来ましたが、健康を維持するための方法に
ついても、千差万別で、正反対の意見が出ています。


その中から、自分はどの方法が向いているか考えながら、その時
々で対応して来ました。


うさぎの避妊手術に関しても、獣医さんによって、積極的に勧め
る考えもあれば、反対の考えをされる方もおられるようです。


現在の時点では、私は、ももには避妊手術は受けさせず、日々の
トイレのチェックは注意深くして、(ももの尿が赤っぽい色の時は
獣医さんで頂いた潜血反応を見る紙でチェックしたりもしていま
す)数か月に一度はうさぎ専門店さんで、爪切りと健康チェックを
して頂くようにしています。



ももが、3歳頃からは、動物病院での定期的な健康診断を受けさ
せたいと考えています。



うさぎの健康についても様々な考え・意見があり、色々な意見を
参考に、最後は飼い主が自分の考えで決断して行くしかないと思
っております。



私が幼い頃、扁桃腺と、盲腸は人間には不要な臓器だからという
理由で、小さいうちに手術で取り除いておけば、大人になってか
らの病気を防げると言われていたことがありました。女優さんで、
お父様がお医者さんだったので、子どもの時に扁桃腺と盲腸は取
ったと雑誌のインタビューに答えている方もおられました。



現在、扁桃腺や盲腸を取り除いたりする話は聞かなくなりました。



その時々で良いと言われている治療法は変化して行く可能性があ
ることは、常に考えておかなければならないと私は思っています。



私が子どもの頃、そして、私の子ども達が小学生の頃も、プール
で泳いだ後は水道水で目を洗うように言われていましたが、最近
はそれも変わって来たようです。




アメリカの有名な育児書では数年前から、牛乳礼賛はされなくな
っているのに、何故か日本の翻訳書ではそのままであるとか、話
がそれて来ましたが、常に色々な情報の変化にアンテナをはって
おきたいと思っています。



自分の判断は失敗するかもしれないし、どちらを選んでも後悔す
る可能性はあると思っています。だから、これが良いとか絶対と
いう意見は私にはありませんし、これからも持てないと思ってい
ます。



ただ、自然な流れとして、現在はももの避妊手術はしないという
考えを持つに至っています、ということです。


がんは、生活習慣病であると書かれている本などを読むと、それ
は人間の話ですが、うさぎに関しても、食べ物など、日常生活の
中で気をつけるべきことをもっと勉強して行きたいと思っていま
す。



数年後も同じ考えかどうかは分かりません。どちらを選んでも、
それはうさぎさんに、より長生きしてほしいという愛情からだ
と思っています。



今私が考えていることを全部記すことは出来ませんが、思って
いることのいくつかは述べたつもりです。


この問題については誰かと議論したいとは思いませんし、これか
らも様々な考えを知り、勉強して行きたいと考えております。私
の考えも、これから何度も変わるかも知れません。


最後に、色々な考えを知った上で最終的な判断は飼い主の自己
責任でするしかないと思っていることを付け加えておきたいと
思います。



010_convert_20100421190526[1]a



クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)