*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お野菜を頂くもも
こんばんは。








今日はももの六七日でございます。ただ

いま夏休みで家におります息子と一緒に

(娘がおります時は娘も一緒に)毎日御

供養を致しておりますが、四十二日間は

あっという間だったようにも思えます。







さて、今回の記事は昨日の続きでござい

ます。よろしければ御覧下さいませ。








IMG_1196_convert_20160908173901.jpg

(2016年3月24日撮影)


「ももちゃん、すり潰したお野菜のお味

は如何ですか。」








IMG_1197_convert_20160908173947.jpg

(2016年3月24日撮影)


ももはすり潰したお野菜を最初に頂くよ

うになりました頃は、一種類ずつすり潰

したお野菜をどれも凄い勢いで一気に頂

いておりましたが、だんだん新鮮味も薄

れて来たのでしょうか、またそれまでと

違う産地のパセリがももの好みではなか

ったということもございましたので、そ

んなことも原因の一つかと思われますが、

いつ頃からか、慎重に匂いを確かめてか

ら時間をかけてゆっくり頂くようになっ

ておりました。








IMG_1201_convert_20160908174102.jpg

(2016年3月24日撮影)


ももが、「これなら大丈夫よ。」と美味

しそうに食べ始めますと、娘も私もほっ

と一安心する日々でございました。








IMG_1204_convert_20160908174246.jpg

(2016年3月24日撮影)


歯の治療は四週間に一度のペースでずっ

と続けておりましたが、切歯が伸びて来

ますと食べ難いようで、最後の方のペレ

ットなどはポロポロとお皿の中にこぼれ

落ちてしまうこともよくありました。

その分をスプーンで掬って口元に持って

行きますとももは頑張って食べてくれま

したので、そんなももをいつも褒めてお

りました。









IMG_1208_convert_20160908174654.jpg

(2016年3月24日撮影)


今振り返って考えますと、ももは昨年の

十二月に右下の臼歯を全て失って、ふや

かしたペレットとすり潰したお野菜しか

食べられなくなってからおよそ八か月の

間、本当に頑張ってくれていたのだと思

います。








IMG_1210_convert_20160908174729.jpg

(2016年3月24日撮影)


この頃になりますと、大根菜や春菊をす

り潰したものはお遊びの時間はそのまま

で、ケージに戻ってから頂いていたよう

でございます。









IMG_1212_convert_20160908174755.jpg

(2016年3月24日撮影)


「ももちゃん、美味しく頂きましょうね。」



最初の頃は三つ葉とサラダ菜等は一緒に

すり潰すこともございましたが、途中か

らは、産地によっても好みがあるのなら、

一種類ずつすり潰した方が好みでないお

野菜が含まれていた時、残す分量を減ら

すことが出来るでしょうということで、

混ぜてすり潰すことはやめて全て一種類

ずつすり潰して与えておりました。









IMG_1213_convert_20160908174831.jpg

(2016年3月24日撮影)


「ももちゃん、また明日ね。おやすみな

さい。」





ももは、二〇一三年九月十六日より硬い

ままのペレットや牧草を食べられなくな

り、ふやかしたペレットと小さくちぎっ

た大量のお野菜を頂く生活を二年と二か

月あまり続けましたが、二〇一五年十二

月四日以降は、小さくちぎったお野菜を

頂くことが出来なくなり、ふやかしたペ

レットとすり潰したお野菜を頂くように

なっておりました。






小さくちぎったお野菜を頂いておりまし

た頃は、好物の春菊は一日に三束食べて

おりましたが、すり潰したお野菜に切り

替えました最後の方は一日に一束分の春

菊でも残している日もございました。





少しずつの変化でございましたが、今振

り返りますと、ももは弱って行く歯の問

題を抱えながら、一日でも長く元気で生

きていてほしいという私達家族の願いに

こたえて一生懸命頑張ってくれていたの

だと思います。





御覧頂きありがとうございました。





ランキングに参加しております。どうぞ

よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ









プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。