*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毛布を運んで遊ぶもも 後編
こんばんは。




いつかブログに記録しておきたいと思い

つつ写真を撮影しておりませんでしたの

で、そのままになっておりましたももの

小さなエピソードがございます。







それは私の記憶では、今年に入ってから

の出来事だと思います。




ミニテーブルの上に置いておりますデジ

タル秤にお皿をのせて、ももに与えるペ

レットの重さを量る際、いつもは座って

量っているのですが、その日は急いでい

たのでしょうか、膝立ちした状態で量っ

ておりました。





目敏いももはそれを見逃さず、瞬時に膝

立ちをしている私のふくらはぎの上に乗

りました。ももは両前足を私の片方のふ

くらはぎにのせ、後ろ足をもう片方のふ

くらはぎにのせて、楽しそうにバランス

を取りながら前足側と後ろ足側に体重を

移動させるような感じでゆらゆら動かし

て遊び始めました。





私はあまりのくすぐったさに叫びたい衝

動にかられましたが、そんなことをすれ

ばももを愕かせてしまうことになると思

い必死に耐えました。






もちろん後ろを振り返ることも出来ず、

カメラを手にすることも撮影することも

不可能な状態でございました。






ももは私がペレットの用意をはじめたこ

とにウキウキして楽しい気持ちで、「早

く早く〜。」と催促するつもりもあった

のかもしれません。




私は身体を動かしてももを退かせること

もせず、叫び声を上げてももを愕かせる

こともなく、その時間を耐えることが出

来てほっとしました。




その後、お部屋に入って参りました娘に

そのことを話しますと、それは耐えられ

そうもないと申しましたが、ももが私の

ふくらはぎの上に乗って楽しそうに遊ん

でくれたというのは、私にとって楽しい

得難い時間でございました。(※注 娘

の記憶では、その時お部屋でその様子を

見ていたそうでございます。そして私が

耐えておりますことを「凄い。」と思っ

て見ていたと申しております。)










さて、今回の記事は前回の続きでござい

ます。毛布を運んで遊ぶももの写真を掲

載致しておりますので、よろしければ御

覧下さいませ。









IMG_8584_convert_20160826172915.jpg

(2016年5月18日)








IMG_8585_convert_20160826172945.jpg

(2016年5月18日)









IMG_8586_convert_20160826173012.jpg

(2016年5月18日)








IMG_8588_convert_20160826173052.jpg

(2016年5月18日)








IMG_8589_convert_20160826173116.jpg

(2016年5月18日)


「ここに毛布を運んで来ますから、しっ

かり投げて頂戴ね。」と言っているかの

ような表情のももさんでございます。








IMG_8590_convert_20160826173145.jpg

(2016年5月18日)








IMG_8593_convert_20160826173210.jpg

(2016年5月18日)


「ももちゃん、投げますよ〜。」








IMG_8594_convert_20160826173234.jpg

(2016年5月18日)








IMG_8596_convert_20160826173306.jpg

(2016年5月18日)








IMG_8597_convert_20160826173345.jpg

(2016年5月18日)









IMG_8598_convert_20160826173410.jpg

(2016年5月18日)


沢山遊んだ後は休憩するももでございま

す。




このお遊びは、というかどんなお遊びも、

ももが自分で考え出しましたもので、始

めるのも終わるのも、ももが決めており

ました。








IMG_8603_convert_20160826173502.jpg

(2016年5月18日)



ホリホリの本能を毛布を運ぶ遊びに変え

たもも、クッション枕を立てたり、ベッ

ドをくるくる回したり、いつも創造的な

遊びを思いついて、それを楽しんでいた

ももは、私にとって奇跡的に出会えた宝

物のような存在でございました。





御覧頂きありがとうございました。




<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>




IMG_8599_convert_20160826173432.jpg

(2016年5月18日)



「ももちゃん、輝く日々をありがとうご

ざいました。」





ランキングに参加しております。どうぞ

よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ







プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。