*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ももの最後の動物病院受診
おはようございます。




うさぎさんと一緒に暮らせるというのは、

とても贅沢なことだと今の私には思えま

す。ももに出会えてそんな時間を持てた

ことは本当に良かったと娘と話したりし

ております。




今回の記事は前回の記事の続きでござい

ます。ももの最後の動物病院受診の記録

を綴っておりますので、写真は一枚だけ

でございますが、よろしければ御覧下さ

いませ。







七月二十九日の朝、開院前に当日予約の

お電話を入れますと、とても混んでいる

とのことでございましたので、家を出る

前に、ももにふやかしたペレット、すり

潰した大葉を与えましたが、食べません

でした。




余談になりますが、その日の朝は我が家

の炊飯器が壊れて、前日の夜に予約のス

イッチを押しておりました御飯は炊けて

おりませんでした。「何故こんな日に壊

れるのでしょう。」と、朝の慌ただしい

中思いました。








IMG_2916_convert_20160801010227.jpg


上の写真は動物病院へ出かける前に撮影

しましたものでございますが、今見ます

と、お腹かどこかが痛むのを耐えている

ようにも思えて参ります。



娘は動物病院に到着するまで付き添って

から、そこから大学院に向かうことにし

てくれましたので、最初は私が運転をす

るつもりでおりました。ただ、私は動物

病院が移転後は一度も自分で運転して動

物病院に行っておりませんので、その点

に不安な気持ちがありました。





元々私は運転が苦手でございますので、

最近は高速道路の運転はしないようにし

ておりますが、夫や息子が動物病院へ向

かう時はいつも高速道路を使っているた

め、カーナビを見ながら、ももを乗せて

知らない道を運転するということがプレ

ッシャーになっておりましたところ、息

子がそんな気持ちを察して、大学へ行く

前に車で動物病院までももと娘と私を送

り、そこからバスと電車を使って大学ま

で行くと申し出てくれましたので、ほっ

と致しました。





動物病院に到着後、息子はその日は試験

があるとのことで、カーナビで一般道の

帰り道のセットをしてからバス停に向か

い、娘は待合室まで一緒に付き添ってか

ら、バス停に向かいました。








動物病院では、いつもももを診て頂いて

いる先生はお休みのため、別の獣医さん

に診て頂きました。




ももは前日午後二時以降、元気と食欲が

なく、すりおろした人参を一口とすり潰

した大葉六枚のうち4/5位頂いただけで、

フィーダーで与えようとしたふやかした

ペレットや他のすり潰したお野菜は全く

受け付けないこと、七月二十五日に歯の

治療を受けた際にも申しましたが、最近

はくしゃみや鼻水の回数が増えているこ

と、呼吸がし難そうでお鼻が普段より膨

らんだ感じでいつもより広げて必死でヒ

クヒクしている状態にあること、今朝、

ももがケージから出て来た時の様子では

お腹か後ろ足が痛むのをかばっているよ

うな感じで、後ろ足がよろけがちに見え

たこと、その後横たわっている姿がお顔

を傾けているように見えたこと等から、

もしかしたらパスツレラ菌が原因なので

はと思っているのですが、ということも

含めて気になっていることをお伝え致し

ました。





獣医さんはもものお腹の触診とレントゲ

ン撮影をされた後、触診ではもものお腹

は柔らかく感じたけれど、レントゲン写

真を以前撮影したものと比べるとガスが

出ているとのことでございました。




パスツレラ菌による斜頸の症状が出始め

たのではという質問に対しては、ももの

首は傾いておらず、眼振も見られないと

のことで、確かに、ももはお顔をまっす

ぐにしておりました。



家を出る前にも娘と二人で「ももの首が

傾いているように見える。」と話してお

りますと、ももはお首をことさらまっす

ぐにした状態で私の方を見ましたので、

いつも思うことでございますが、ももに

は人間の言葉が結構分かっていると改め

て思いました。





治療としてももは、皮下輸液をして頂き

ました。内容はプリンペランとビタミン

剤と抗生剤とのことでございました。



抗生剤は、歯の根元の菌を殺すものだと

のことでございました。



獣医さんの御説明は、「歯の根元の膿み

を外に出すには歯を抜くしかない。それ

は出来ないので抗生剤で菌を殺す。」と

いうことでございました。




そして、明日も食べなければ点滴のため

受診するようにとのことでございました。











ももの治療が終わり、待合室でキャリー

のふたを少し開けてももを撫でておりま

すと、隣の御婦人から「綺麗ですね。」

と、声をかけて頂きました。



ももは人見知りをするうさぎさんだと思

っておりましたが、いつ頃からか知らな

い方に褒められることを喜ぶようになっ

ておりましたので、そのお言葉は後から

考えますと、最後の動物病院受診の日の、

ももへのプレゼントのように思えます。




点滴をしたのと同じ内容の内服薬を頂い

て、ももを車に乗せ、息子が手書きして

くれました帰り道のメモを何度も確認し、

同じく息子が設定してくれましたカーナ

ビの帰り道の表示と併用しながら、一般

道でゆっくりと家に帰ることに致しまし

た。運転が得意であったらと、この二日

間ほど感じたことはございませんでした。




御覧頂きありがとうございました。




ランキングに参加しております。どうぞ

よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ











プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。