*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太陽公園のことなど
こんばんは。






IMG_7550_convert_20160223165641.jpg


上の写真は昨年購入致しました、ヴィス

コンティの『ルートヴィヒ』の DVD で

ございます。



幸せなことに、私は『ルードウィヒ 

神々の黄昏』を映画館で観ることが出来

ましたが、もう一度、あの絵のように美

しい映像を鑑賞したいと思い、また娘や

息子も観ておくのは良いことだと思い購

入しましたが、DVDの解説によりますと、

映画館で上映されたものは三時間版で、

DVD化されたものは『ルートヴィヒ復元

完全版』(四時間版)とのことでした。



残念ながらDVDの映像では、映画で観た

美しさをそのまま鑑賞することは出来ま

せんでしたが、解説書が付いていたこと

と、映画版ではカットされていたルート

ヴィヒの周囲の人々の証言のシーンが加

わったこと、最近は西洋史関連の本をよ

く読んでおりますこと等から、映画館で

鑑賞した時よりもストーリーへの理解は

深まり、登場人物の会話もより興味深く

感じられました。



この作品も、これからも繰り返し鑑賞す

ることと思います。






さて、今回の記事では、昨年の九月に姫

路の太陽公園に出かけました際のことな

どを記録しておきたいと思います。









IMG_8024_convert_20160318191354.jpg


太陽公園には、ルートヴィヒ二世の造営

したノイシュバンシュタイン城を模して

作られたという白鳥城があり、それは近

くを通りかかった折りなどに車の中から

見えることがあり、機会があれば一度ど

んな所か訪れてみたいという好奇心を持

つに至っておりました。










IMG_8041_convert_20160318191415.jpg


昨年の九月二十日、娘は海外研修中でご

ざいましたので、夫と息子と私の三人で

太陽公園を訪れました。










IMG_8046_convert_20160318191436.jpg


その日の太陽公園は、家族連れで大変賑

わっておりました。




駐車場に車をとめ、白鳥城にはモノレー

ルに乗って参りました。











IMG_8167_convert_20160318191505.jpg


白鳥城内には、3Dアート、トリックアー

トなどが沢山展示されていました。











IMG_8217_convert_20160318191533.jpg





IMG_8224_convert_20160318191601.jpg





IMG_8268_convert_20160318191622.jpg


『城のエリア』を出て、次に『石のエリ

ア』に向かいました。









IMG_8285_convert_20160319181847.jpg

凱旋門風(?)



石のエリアには、「凱旋門」、「兵馬俑」、

「万里の長城」、「ピラミッド」等々の

レプリカがありました。



私は新婚旅行でパリを訪れた際にエトワ

ール凱旋門を観ましたが、石のエリアに

は凱旋門をはじめとして沢山のレプリカ

が数えきれないほど設置されていました。










IMG_8367_convert_20160319181909.jpg


ピラミッド風(?)、









IMG_8369_convert_20160319181932.jpg


磨崖仏は急な階段をのぼって写真撮影を

しました。





今回掲載しました太陽公園の写真は、沢

山撮影致しましたうちのごく一部でござ

います。




今回は一眼レフのカメラを持参しており

ましたが、敷地は大変広く、お城のエリ

アを先に回った後、石のエリアに入り、

石のエリアの途中、石貨神殿の辺りで私

は、「疲れたから車に戻って待つことに

するわ。」と音を上げてしまいました。





息子からの、「荷物は持つから暫くここ

で休憩してゆっくり行きましょう。」と

の言葉で気持ちを立て直して、最後まで

歩くことに致しました。




石のエリアは、私にとっては夢の中で迷

路を彷徨っているような錯覚に陥る時も

あるような不思議な空間に思えました。



広い二つのエリアを全て回るには、心身

ともに体力を要する場所であると感じま

した。ここでは綴ることの出来ない様々

な出来事もございましたが、濃い一日を

過ごしました。半年経ちました現在では、

全て楽しい思い出として綴ることが出来

るようになっていました。














IMG_8402_convert_20160319182003.jpg


その日のももさんでございます。



この頃は、まだ小さくちぎったお野菜を

食べることが出来ていたのだと、写真を

眺めて感慨深い思いでおります。



帰宅後、ももを見ているだけで全てが浄

化されて行くように感じました。うさぎ

さんの力は偉大であると改めて思いまし

た。











<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_8404_convert_20160319182040.jpg





クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ








プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。