*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
高野山





毎日、ふやかしたペレットと沢山のお野

菜を食べて元気に過ごすももです。



ももは、私がトレイにふやかしたペレッ

トを入れたお皿とお野菜をのせてお部屋

に戻りますと、いつも襖のところで待っ

ていて、私の足元をくるくる回りながら

トレイを置くのを待っています。




そしてトレイを置くと、以前のももは一

生懸命ふやかしたペレットの入っている

お皿を探していました。(うさぎさんは

視力はあまり良くないのか、近くは見え

難いようです。)



私は、ペレットを入れたお皿の置き場所

をトレイを持っている私から見て向かっ

て左奥と決めて、いつもそこに置くよう

にしておりましたので、いつか、ももも

そのことに気付くでしょうと思っており

ました。



ももは、始めの頃はトレイの周りを回り

ながらペレットの入ったお皿を探してい

ましたが、いつの頃からか、トレイを置

く時にはペレットのお皿のある場所に瞬

間移動して、トレイを置くと同時ににペ

レットを食べ始めるまでになりました。



ももはトレイの上のペレットのお皿を視

覚で捉えているのではなく、これまでの

経験からその場所を覚えて勘で突進(?)

しているのだと思いますが、そんなもも

の姿を見ると、私も楽しい気持ちになり

ます。














IMG_5338_convert_20150421191616.jpg





IMG_5344_convert_20150421191657.jpg


先日、家族で高野山に参拝致しましたの

で、その時のことを記録しておきたいと

思います。




その日は急に冷え込んで雨も時々降ると

いう一日でした。運転は夫と息子が交代

でしてくれましたので、私は娘と後部座

席に座り、桜の花を撮影したりしており

ました。




昼食は雑誌の特集を見て、予約したい所

がございましたが、夫がお電話での予約

をお願いしようとしました所、今の時期

は高野山開創千二百年の年にあたり、一

か月前でも既に予約はいっぱいとのこと

で、残念ですが今回は諦めて、予約がな

くても大丈夫なお店で頂くことにしまし

た。














IMG_5360_convert_20150421202122.jpg


昼食後、まず前回高野山を訪れた際にお

参り出来なかった金剛峰寺に参拝致しま

した。










IMG_5373_convert_20150421192925.jpg



建物の中は撮影禁止ですので、国内で最

大級の広さを誇ると言われている蟠龍庭

(ばんりゅうてい)を撮影させて頂きま

した。












IMG_5397+2a_convert_20150421193509.jpg




四月二日~五月二十一日は、金剛峯寺の

御本尊を開創法会期間限定特別公開され

るとのことで、多くの人々が参拝されて

いました。












IMG_5441+のコピー+2_convert_20150421193636



金剛峰寺では、最初に甘茶が振る舞われ、

その後、煎茶とお菓子を頂き、法話を拝

聴致しました。



法話を終えられた和尚様が、「どちらか

ら来られましたか。」と尋ねられ、娘が

答えました。娘の横の若い外国の女性二

人にも同じように尋ねられましたが、日

本語が分からないようでしたので、隣に

座っていた娘が英語で話しかけますと、

「ドイツ。」と日本語で答えられました。



開創千二百年ということもあるのか、そ

の日は沢山の外国の方が来られているこ

とにその時、気付きました。










IMG_5458_convert_20150421193714.jpg


次に金堂に参拝致しました。


ウィキペディアによりますと、旧金堂は

昭和元年、火災に見舞われ全焼したとの

ことで、昭和九年の弘法大師千百年御遠

忌にあわせて再建され、本尊も当時の大

仏師高村光雲師の手により新刻されたそ

うです。




帰宅後、金堂の本尊についてネットで検

索しましたところ、ウィキペディアには、

「高村光雲作の本尊像は高野山開創

1200年を記念し、2015年4月2日から

5月21日までの間、初めて開扉されるこ

ととなった。」と記載されていました。



旧金堂の本尊について、高野山霊宝館の

ウェブサイトには、

「旧金堂の正面の厨子内には、一説に一

丈六尺(約4.8mの半分)の阿閦如来坐像

が祀られていたと伝えられています。しか

し『高野御幸記』(天治元年)などには、

本尊が「薬師如来」であると記しているこ

とから、本尊名称に二説があることがわか

ります。また『高野春秋巻第十八』には、

本尊は薬師如来であるとしながらも尊容は

阿閦仏であるともいっており、こうしたこ

とから、阿しゅく・薬師同体説も提唱され

た時期もあったようです。

では現在はといいますと、金堂本尊は「阿

閦如来」としている場合が多いように見受

けられます。

こうした尊名が明確ではなかった一つの理

由として、本尊は完全なる秘仏として扱わ

れたためでもあったのでしょう。」

と記載されていました。(引用は前後の部

分を省略させていただいております。)










IMG_5461_convert_20150421204517.jpg


その後、根本大塔を拝観しました。












IMG_5477_convert_20150421193814.jpg


最後に霊宝館に参りました。


霊宝館では、「国宝 聾瞽指帰(ろうこ

しいき)弘法大師筆 2巻」、「国宝 

諸尊仏龕」、「金銅三鈷杵(飛行三鈷杵)

伝弘法大師所持」、「国宝 仏涅槃図 

一幅」、等々が展示されており、その一

つ一つが素晴らしく、最後の方は、もう

少し時間があればと残念に思いました。




その日の帰り道、道路に外気温は摂氏二

度と表示されており、寒い一日でしたが、

日本の三筆の一人と謳われた弘法大師空

海の文字の美しさに言葉を失うほど感嘆

したことをはじめ、大変勉強になること

が多く、「百聞は一見に如かず」を実感

する一日でございました。








<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_5506_convert_20150421194247.jpg


帰宅後も食欲旺盛なももの様子を見て、

うれしく思いました。





クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)