*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
性格が変わった?—蕗ともものお花見 (5)
今回の記事は、「蕗ともものお花見 (1)

(2) (3) (4) 」の続きです。




諸々の事情により、記事の更新が滞りが

ちで申し訳ございません。

その間もご訪問、応援クリック等頂いた

方々には心より感謝申し上げます。

ありがとうございます。







四月十二日(日曜日)は、歯の定期的な

治療と健康診断を兼ねてももを動物病院

へ連れて行って参りました。



動物病院から帰宅後のももは、少し軟便

をしたり、食欲も普段に比べて少し落ち

てしまうことがよくあります。今回もそ

ういうところはありましたが、全体とし

ては元気に過ごしていると思います。




ももの歯の治療と血液検査の結果等につ

きましては、後日の記事に掲載致したい

と思います。







☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°













IMG_4838_convert_20150414001716.jpg


五回に渡って続きましたお花見の記事で

ございますが、今回で最終回と致したい

と思います。










IMG_4840_convert_20150413235557.jpg


春の空気をのんびりと味わっているもも

に、「そろそろお家に帰りましょう。」

と声をかけますと、











IMG_4938_convert_20150413235707.jpg



予想された行動ではありますが、突然、

シートの外へ出てお散歩を再開しました。












IMG_4944_convert_20150413235733.jpg


まだ帰りたくなさそうなももです。











IMG_4961_convert_20150413235812.jpg







IMG_4962_convert_20150413235837.jpg


そして、愕きましたことに、ももは急な

坂道をピョンピョンと駆け上がり始めま

した。




その姿を見た夫は、「(ももの)性格が

変わった。」と、意表を突かれた様子で

呟いておりました。












IMG_4995_convert_20150413235912.jpg


坂の上に上り、満足そうなももです。



私は、ももの後を追いかけようとして転

んでしまいましたので、リードを息子の

手に託し、後から回り道をして緩やかな

道を通って、もものそばへ行くことにし

ました。











IMG_4998_convert_20150413235935.jpg


通りがかった女性グループの方達に、

「こんにちは。はじめまして。」と、

御挨拶をするももです。



私はこの時は、まだ坂の下におりました

ので、皆様の表情までは把握出来ません

でしたが、後でももと一緒に写っている

ご様子を拝見しますと、全員がニコニコ

と笑顔でももを眺めておられました。



私達家族はこれまで、ももは人見知りで

内弁慶なタイプのうさぎだと思っており

ましたので、結構人通りのある場所に、

もも自ら赴くとは予想外の反応でござい

ました。




この時お会いした方々のうち、お一人は

以前うさぎさんと暮らしておられたとの

ことで、十一歳でお月様に帰られたのだ

そうです。




「何か特別なことはされていましたか。」

とお聞きしますと、「普通のペレットと

牧草を与えて、ずっとケージの中で暮ら

していました。爪切り等の際にケージか

ら出す程度で、運動の為に毎日ケージか

ら出すようなことはしていません。夏は

ペレットと牧草だけでは持たないような

のでキャベツも与えていました。」とい

う内容のお話をされていました。



ももが歯の状態が悪く、定期的に動物病

院に通っていると申しますと、そのうさ

ぎさんは、一度も動物病院のお世話にな

ることはなく、十一年間、元気に過ごし

ていたとのことでした。




お話を伺っていて、生き物は皆、持って

生まれたものがあるということや、また、

それぞれのうさぎさんにあった食事や暮

らし方を考えて行くことが大切なのだと

改めて思いました。












IMG_5020_convert_20150414000003.jpg


坂の上から満開の桜の景色を眺めるもも

です。




他にも、少しご年配の御婦人方にもお声

をかけて頂きました。


少し離れた所から、「うさぎ?うさぎっ

てあんなに目が大きかったかしら。」な

どとお話しされている声が聞こえて参り

ましたので、「うさぎですよ。」と申し

ますと、可愛いとおっしゃって頂き、い

つも親馬鹿な私は、とてもうれしく思い

ました。













IMG_4888_convert_20150413235640.jpg


もう一人のお方には蕗を見て、「とても

綺麗な羽をしている。」と何度もお褒め

頂き、そのことも大変うれしく思いまし

た。(どこまでも親馬鹿なのでございま

す。)












IMG_5021_convert_20150414000034.jpg








IMG_5111_convert_20150414000126.jpg



お外での交流も出来て満足したのか、そ

の後、家族と一緒の写真を撮影した後、

キャリーに戻ったももです。













IMG_5120_convert_20150414000419.jpg


「来年も、蕗とももを含めた家族皆元気

で桜の花を眺めてお散歩出来ますように。」

と願いながら、帰路に就きました。













<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_5038_convert_20150414000059.jpg



「『お花見 (5)』の記事は、クリスマス

の頃になるかもしれないわ・・・。」な

どと娘に泣き言(?)を申しておりまし

た私ですが、今回無事に終了致しました。

最後まで御覧下さった方には心よりお礼

申し上げます。ありがとうございました。







クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。