*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ももとペレット
先日、動物病院からもものペレットが

届きました。




三kg入りのものは普段から置かれてい

るようですが、一kg入りのものは事前

にお願いしてお取り寄せして頂くこと

になっており、診察の日に受け取れる

ようにお願い致しておりますが、今回

は偶々注文し忘れておられたとのこと

で、郵送して下さいました。











IMG_0223_convert_20150223191042.jpg



ももは早速チェックにやって参りました。












IMG_0226_convert_20150223191105.jpg




以前、購入していましたペレットは、牧

草と組み合わせて摂取することで良いバ

ランスを保つと表示されていましたので、

ももが牧草を食べられなくなった時に、

動物病院の先生に御相談して、ペレット

をコ○フィ○ンスに変更致しました。













IMG_0229_convert_20150223191131.jpg



ペレットの切り替えには一か月位かけ

ましたが、どちらもアルファルファが

ベースとなっているためか、ももは抵

抗なく食べてくれました。















IMG_0230_convert_20150223191154.jpg


牧草を食べられなくなっていることを

考えますと、出来れば半分はチモシー

ベースのペレットを与えたいと、切り

替え当初は思っておりましたが、もも

は全く食べてくれず、それは上手く行

きませんでした。
















IMG_0232_convert_20150223191237.jpg



ももが牧草を食べていた頃にも、二

度チモシーベースのペレットに切り

替えたことはございますが、二度と

も無事に切り替えが終了したと思わ

れる頃にお腹の調子を崩し、結局元

のペレットに戻すということもあり

ました。(そのため、そのメーカー

のものはももには向かないと判断し、

それ以降は試しておりません。)














IMG_0233_convert_20150223191259.jpg



ペレットについては、色々と考えること

がありますが、娘と二人でペレットの種

類について悩むよりも、なるべく牧草を

多く食べさせるようにして、お野菜も与

えて、食事全体の中に占めるペレットの

比率を低く抑えるようにして行きましょ

うと話しておりました。



その頃のももは、幸い牧草が大好きで夜

の間に牧草入れに入れた山盛りの一番刈

りの牧草は翌朝にはいつもほとんどなく

なっておりましたので、毎月の牧草の消

費量は五kgと、かなり多い方でした。
















IMG_0236_convert_20150223191325.jpg



毎日、一番刈りチモシーの長い茎の部分

をしっかり沢山食べているももの歯が不

正咬合になるなどとは、その頃は予測出

来ておりませんでしたので、高齢になる

につれてペレットの量を控えて、牧草と

お野菜の量を増やして対処して行くつも

りでおりました。




ももの歯が失われて行くにつれて、牧草

を食べる量は減って行きました。歯が四

本失われてからは、牧草は食べることが

出来なくなっております。




お野菜では十分な繊維を取ることは出来

ないと、うさぎの雑誌やネットなどで目

にしますが、与えられた条件の中で出来

る限りのことをして行くしかないと思い、

出来るだけ沢山のお野菜と、一日に三十

〜四十gのペレットを与えています。




毎日五種類以上(最近の平均は七〜八

種類です。)の沢山のお野菜とふやか

したペレットが現在のももの生命を支

えてくれています。これからも、もも

が元気に過ごせますようにと願う日々

です。














<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_0231_convert_20150223191215.jpg


「ももちゃん、これからも一緒に頑張

りましょうね。」










クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。