*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
ももの動物病院受診の記録






十一月二十三日(日曜日)、ももを動物病院へ連れ

て行って参りましたので、その時のことを記録して

おきたいと思います。(今回の記事の写真は、全て

動物病院から帰宅後に撮影したものです。)













IMG_3990+1_convert_20141129182935.jpg



今年の七月十三日の診察の際、ももの歯の調子の良

い状態が続いていましたので、それまで、毎月一回

の歯の診察・治療のペースでしたが、次は二か月後

にしましょうとのことでした。



その後、予定より一週間早く、七週間後の九月七日

に受診致しましたが、その際、切歯が結構伸びてお

り、治療が後一週間遅ければ折れていたかもしれな

いとのことでした。臼歯の症状は落ち着いているの

で、次回の診察は十月中にとのことでした。




切歯の伸びが早いことが心配でしたので、その後は

十月十九日に受診しました。その際も、臼歯はほと

んど伸びておらず、切歯が上下ともずれて、捩じれ

ている状態で、伸び過ぎになりやすいため、次回は

六週間以内に受診するようにとのことでした。






これまでいつも、動物病院の先生の御指示より一~

二週間早目の受診を心がけて参りましたが、それで

も毎回、何とかギリギリ持ち堪える程度の状態が続

いて来たことを思い、今回も六週間以内との期限か

ら一週間早い五週間目に受診することに致しました。













IMG_3999+1_convert_20141129183049.jpg



(動物病院から帰宅後のももは、毎回、キャリーの

中で、「一兎牧草パーク状態」を楽しんでいます。)






今回は、一か月前にももの診察を予約致しておりま

したが、受診予定日の一週間前、もものブラッシン

グとお手入れをしている時、何気なくお口の中を見

てみますと、ももの切歯が思っていたより伸びてい

るように見えました。






以前、拙ブログの拍手コメント欄で、切歯は一度折

れると折れやすくなるので、気を付けた方が良いと、

一緒に暮らしておられるうさぎさんの経験をもとに

アドバイスして下さった方もおられましたので(そ

の節はありがとうございました。)、診察の日まで

無事に過ごせますようにと祈るような気持ちでおり

ました。














IMG_4013+1_convert_20141129183205.jpg



(ももは動物病院から帰宅した日は、休憩している

時間が長くなります。「ももちゃん、お疲れ様でし

た。」)






十一月二十三日の診察の際、ももの切歯が結構伸び

ているように見えたことをお伝えしました。





先生は、治療前と治療後の切歯の写真を見せて説明

して下さいました。臼歯は今回も伸びていないとの

ことでした。そして、「次回の診察は五週間後がマ

ックス。」とのことでした。




七月に、次回の診察は二か月後にとおっしゃって頂

けるほど、落ち着いていたももの臼歯の状態ですが、

切歯が捩じれている状態のため、上手く噛み合わせ

ることが出来ず、切歯の治療は五週間に一度は必要

な状態だということが分かりました。















IMG_4021+1_convert_20141129183441.jpg



(動物病院で歯の治療を受けた日の深夜、小さくち

ぎる前のサラダ菜を食べるももです。既に歯を四本

失っておりますので、苦労しながらですが、頑張っ

て上手に食べる姿を見て、安心致しました。)





その日、診察室でももの体重測定をして頂いたので

すが、体重計が以前の百グラム単位まで測定出来る

ものから、十グラム単位まで測定出来るものに変わ

っていて、うれしく思いました。





まず、先生が測定しようとして下さったのですが、

新しい機器のため、量り方の手順が逆になっていた

ことに途中で気付かれましたので、キャリーの中で

抱っこしていたももを一度元に戻されました。




ももは不機嫌だったのか、足をタンタンしましたの

で、代わりに私が抱っこをしてから、キャリーの中

に戻しました。その際、ももは、また足をタンタン

しましたので、折角の新しい体重計の数値が、1.78

~1.80の間を動いて、中々静止しませんでした。



それでも、ももの体重に大きな変化はないことが分

かり、安心致しました。




七月に少し治療の間隔が空きそうになったものの、

ももの歯の状態は、結局五週間を限度として、一か

月に一度の治療が必要なようです。





それでも、ももの臼歯が良い状態が続いていること

に感謝して、これからも、ももが元気に過ごせます

ようにと願う日々です。









<ももの歯の治療に関する覚書>

2014-11-23

歯の不調による受診 :31回目

歯のカット:26回目

麻酔:28回目

ももの体重:1.78~1.80kg


次回の診察は五週間以内にとのことでした。












<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>







IMG_4017+1_convert_20141129183324.jpg




その後のももですが、動物病院で歯の治療を受けた

翌日は、少し柔らかめのウ○チもしましたが、翌々

日からは食欲も元気もほぼ元通りになりました。

今朝のお遊びの時間は、私が投げた毛布を運んで来

る遊びをずっとしていました。


「ももちゃん、これからも一緒に頑張りましょうね。」












クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)