*All archives* |  *Admin*

2018/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スミレ、動物病院へ
こんばんは。








昨日は記事の更新を出来ず、申し訳ござ

いませんでした。それにも関わらず、御

訪問、応援下さった方々には心より感謝

申し上げます。ありがとうございました。








さて、今回の記事では、スミレの動物病

院受診の記録を綴っております。よろし

ければ御覧下さいませ。










二月四日(日曜日)の深夜、スミレは突

然うっ滞の症状を見せましたので、ハー

ブパッドで身体を温めながら、スミレの

お顔や背中から腰の辺りのマッサージを

一時間位続けますと、スミレは元気と食

欲を取り戻しました。







翌朝、二月五日(月曜日)、出勤前の娘

が、五時にスミレのお世話をします際に

私も一緒にスミレのお部屋に入りました

がスミレは大変元気に遊んで、お野菜や

牧草をしっかり頂いておりました。






その後、朝の八時にスミレのお給仕に私

がお部屋に入りました際も、ケージの扉

前で待機していたスミレは元気に飛び出

して来て遊んでおりました。昨夜入れた

ペレットは半分くらい残っていましたが、

うっ滞の症状が出た後でございますので、

お野菜と牧草をしっかり食べているなら

ペレットの量は少しずつ戻って行くこと

でしょうと思いました。その時入れ替え

たばかりのペレットは、私の前でいつも

と変わらず頂いておりました。(スミレ

は普段からペレットを一気に食べ終える

ことはなく、時間をかけて少しずつ頂い

ております。)






しかし、午後二時頃様子を見ようとお部

屋に入りますと、ペレットはあまり減っ

ていませんでした。前回スミレを診察し

て頂いた動物病院の先生は、夜の最後な

ら診て頂けるとのことで、夜、帰宅しま

したばかりの夫に運転を頼み、診察に間

に合うようにと、新幹線を使って帰宅し

ました娘と一緒にスミレを連れて、動物

病院へ行って参りました。








前回、スミレの歯を診て頂いてから三か

月経過していることもあり、もしかした

ら臼歯が尖っているのではないかという

こともお聞きしました。







動物病院の先生からは、スミレの症状を

聞いて歯の問題とは考え難いと思うけれ

ども、パーフェクトに診るのであれば、

軽く麻酔をして臼歯を診て、うっ滞の治

療もするということを提案して頂きまし

たので、お願い致しました。







診察の結果は、「軽く麻酔をして、臼歯

も全て診ましたが、ぐらつきもなく、歯

には全く問題ありません。」とのことで

ございました。先生のお言葉を伺って、

それまでずっと心配しておりましたが、

歯は大丈夫だということが分かり、安堵

致しました。






動物病院の先生のお話では、その日はう

っ滞のうさぎさんが沢山受診されたとの

ことでございましたので、気圧や寒波の

影響もあるのかもしれません。







その日のスミレはプリンペランのお注射

をして頂き、動物病院を出ましたのは夜

の十時を過ぎておりました。







スミレは、昨夜与えましたお野菜、ペレ

ットは全て頂いておりました。牧草もた

っぷり食べておりました。









スミレのお食事の量が完全に元通りにな

るまで服用するようにと、飲み薬を頂き

ました。ももはシロップに溶かしたその

お薬を抵抗なく服用してくれましたが、

今朝のスミレは全く受け付けず、念のた

めにとお願いして頂いておいた粉薬を擂

り下ろしたリンゴに混ぜて与えました。






スミレの体調が、このまますっかり回復

しますようにと願いながらお世話を頑張

りたいと思います。




御覧頂きありがとうございました。




<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>




IMG_0213_convert_20180201182944.jpg

(2018年1月31日撮影)




ランキングに参加しております。どうぞ

よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スミレの歯のこと
こんばんは。







今回の記事では、スミレの歯のこと等に

つきまして記録しております。よろしけ

れば御覧下さいませ。







スミレの体重の記録につきましては、以

前の記事で途中まで記録しておりますが、

今日はスミレを連れて動物病院に行って

参りましたので、これまでのことも含め

て一度記録しておきたいと思います。






スミレの体重でございますが、生後九か

月(四月八日)の、1,520g をピークに

五月二十日、動物病院受診の際は、1.5

kg(この時は大きな単位までしか測定出

来ない体重計でした。)、六月二十五

日、一歳になったばかりの頃、うさぎ

専門店さんで測定して頂いた時は、

1,435g でございました。









IMG_1106_2_convert_20171105022108.jpg

(2017年9月4日撮影)

九月四日、スミレがペレットを残してお

りましたので、動物病院を受診しました

際の体重は、1,420g でございました。









IMG_1107_2a_convert_20171105021128.jpg

(2017年9月4日撮影)

その日は、スミレのお腹や歯の状態を診

察して頂きましたが、どちらも問題はな

いとのことでございました。









IMG_1116_convert_20171104174406.jpg

(2017年9月4日撮影)

「スミレちゃん、動物病院お疲れ様でし

た。」


保冷剤を入れたキャリーの中で休憩する

スミレでございます。








IMG_1018_convert_20171104174205.jpg

(2017年9月7日撮影)

動物病院受診の三日後、九月七日、一度

食欲も持ち直したように思っておりまし

た矢先のことでございますが、ペレット

を残し、牧草もほとんど食べていない状

態を見まして、もう一度動物病院を受診

することに致しました。その日は、丁度

息子が自宅におりましたので、その日に

診察して頂ける動物病院を探してから、

息子の運転で、向かいました。







獣医さんの御説明では、スミレの下側の

臼歯の一部が伸びて棘のようになり、そ

の部分が舌の裏側に当たって炎症を起こ

しているとのことでございました。








スミレは、臼歯のカットと、食欲増進の

ためと炎症を鎮めるためのお薬を注射し

て頂きました。その時のスミレの体重は、

1,325g でございました。




スミレが盲腸○ンを残すようになりまし

てから、それまで与えておりました二種

類のペレットのうち、アルファルファベ

ースのものを少しずつ減らして行ってお

りましたが、獣医さんにご相談しました

結果、それをやめて、もう一度チモシー

ベースのものと半分ずつの割合に戻して

与えることに致しました。




帰宅後のスミレは、臼歯の処置とお薬の

お陰か、凄い勢いでまずお野菜を頂きま

した。食欲も元気も、その日のうちにか

なり回復致しました。









IMG_7365_convert_20171104174129.jpg

(2017年11月1日撮影)

毛布とトンネルハウスで遊ぶスミレさん

です。



昨夜(十一月三日)、朝に与えたペレッ

トを、3g 残しておりましたので、前回

の動物病院受診から二か月近く経ってい

ることも考え、本日、息子の運転で行っ

て参りました。






診察後の動物病院の先生の御説明では、

スミレの歯の状態は整っており、どれか

の歯に負荷がかかるということもなく、

現在の状態も正常と言えるとのことで、

今後、定期的に治療が必要な状態ではな

いとのことでございました。




前回治療を受けました際の獣医さんの御

説明でも、これから定期的に治療が必要

な状態ではないとのことでしたので、お

二人の獣医さんが同じことをおっしゃっ

ているということは、スミレの歯の状態

は、私が思っていたほどは悪くないのか

もしれないと思いました。ただ、これか

らも引き続き、注意して見守って参りた

いと思っております。



そして、本日測定して頂きましたスミレ

の体重は、1,420g でございました。前

回より増えておりましたので、少しほっ

と致しました。スミレは、「痩せ過ぎで

はないけれどもスリムな状態。」とのこ

とでしたので、先生とご相談の上、少し

ペレットの量を増やすことに致しました。






およそ二か月前、スミレの食欲不振の原

因が臼歯にあると知った時は、ショック

で直にブログに綴ることは出来ませんで

した。二か月後に、もう一度受診してか

ら、その時点で分かったことを記録出来

ればと、その時は思いましたが、ももが

歯に問題を抱えていたこともあり、悲観

的な考えに傾きそうになることもござい

ますが、その時々で出来る限りのことを

し、綴れることを綴って参りたいと思い

ます。




御覧頂きありがとうございました。




<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>




IMG_7284_convert_20171104174105.jpg

(2017年11月1日撮影)

本日の写真は、まだ整理出来ておりませ

んので、数日前のスミレでございます。


昨夜、「明日動物病院へ行きましょう。」

という会話を聞いていたスミレは、今朝、

私の前でおそばを頂く時のように三番刈

りチモシーを勢いよく頂く姿を見せてく

れました。昨夜与えましたペレットも残

さず頂いておりました。その姿を見て、

「今日受診しなくてもよいかもしれない。」

とも思いましたが、しっかり診察して頂

けて良かったと思いました。スミレがこ

れからも元気に過ごせますように・・・。




ランキングに参加しております。どうぞ

よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)