*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厳島神社
こんばんは。


今回の記事は、三月二十日(日曜日)に

家族で厳島神社に参拝した時のことを綴

っております。














「ももちゃん、今日は蕗ちゃんとお留守

番をお願いね。」









IMG_0521_convert_20160324044213.jpg
(鯛茶漬け)

IMG_0522_convert_20160324044234.jpg
(鯛釜飯と尾道ラーメン)

IMG_0527_convert_20160324044254.jpg
(天麩羅うどん御膳)

IMG_0528_convert_20160324044319.jpg
(鯛の漬け丼)



夫と息子が交代で運転をして、途中のSA

でランチを頂いた後は、一路宮島へ向か

いました。






その日は三連休の真ん中の日ということ

もあるためか、宮島へのフェリーの乗船

場にある駐車場は大変混んでおり、車を

とめるまで一時間位待ちました。









IMG_0570_convert_20160324044345.jpg


私達が到着したのは干潮時でしたので、

厳島神社の大鳥居の下を歩くことが出来

ました。










IMG_0573_convert_20160324044413.jpg


宮島には沢山の方々が訪れていました。












IMG_0650_convert_20160324044437.jpg


IMG_0652_convert_20160324044457.jpg


宮島を散策中、立ち寄ったお茶屋さんで

撮影しました。










IMG_0760_convert_20160324044546.jpg



周辺を少し散策した後、厳島神社に参拝

致しました。










IMG_0758_convert_20160324044520.jpg

(鏡の池)










IMG_0765_convert_20160324044612.jpg


大鳥居の辺りは少しずつ潮が満ちて来て

いました。




この日の満潮時は、朝八時頃と夜八時頃

と記載されていたように思いますが、夫

が学生時代に旅行で訪れた時は満潮時だ

ったそうで、今回、大鳥居の下を歩くこ

とが出来、喜んでおりました。





娘と息子は小学校の修学旅行で訪れた折

りに満潮時と干潮時の厳島神社を拝観出

来たとのことでしたが、今回少しずつ潮

が満ちて来て変化して行く様子を見るこ

とが出来、良かったと申しておりました。



私は厳島神社の参拝は今回が初めてでご

ざいましたので、次回は満潮時に参拝し

たいと思いました。









IMG_0802_convert_20160324044635.jpg

(反橋)










IMG_0823_convert_20160324044701.jpg









IMG_0833_convert_20160324044723.jpg


この日は日中は暖かかったのですが、帰

りのフェリーに乗る頃には風も冷たく寒

く感じられるほどでございました。




日帰りのため、宮島の全てをゆっくり見

て回ることは出来ませんでしたが、楽し

い一日でございました。







クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ








スポンサーサイト
太陽公園のことなど
こんばんは。






IMG_7550_convert_20160223165641.jpg


上の写真は昨年購入致しました、ヴィス

コンティの『ルートヴィヒ』の DVD で

ございます。



幸せなことに、私は『ルードウィヒ 

神々の黄昏』を映画館で観ることが出来

ましたが、もう一度、あの絵のように美

しい映像を鑑賞したいと思い、また娘や

息子も観ておくのは良いことだと思い購

入しましたが、DVDの解説によりますと、

映画館で上映されたものは三時間版で、

DVD化されたものは『ルートヴィヒ復元

完全版』(四時間版)とのことでした。



残念ながらDVDの映像では、映画で観た

美しさをそのまま鑑賞することは出来ま

せんでしたが、解説書が付いていたこと

と、映画版ではカットされていたルート

ヴィヒの周囲の人々の証言のシーンが加

わったこと、最近は西洋史関連の本をよ

く読んでおりますこと等から、映画館で

鑑賞した時よりもストーリーへの理解は

深まり、登場人物の会話もより興味深く

感じられました。



この作品も、これからも繰り返し鑑賞す

ることと思います。






さて、今回の記事では、昨年の九月に姫

路の太陽公園に出かけました際のことな

どを記録しておきたいと思います。









IMG_8024_convert_20160318191354.jpg


太陽公園には、ルートヴィヒ二世の造営

したノイシュバンシュタイン城を模して

作られたという白鳥城があり、それは近

くを通りかかった折りなどに車の中から

見えることがあり、機会があれば一度ど

んな所か訪れてみたいという好奇心を持

つに至っておりました。










IMG_8041_convert_20160318191415.jpg


昨年の九月二十日、娘は海外研修中でご

ざいましたので、夫と息子と私の三人で

太陽公園を訪れました。










IMG_8046_convert_20160318191436.jpg


その日の太陽公園は、家族連れで大変賑

わっておりました。




駐車場に車をとめ、白鳥城にはモノレー

ルに乗って参りました。











IMG_8167_convert_20160318191505.jpg


白鳥城内には、3Dアート、トリックアー

トなどが沢山展示されていました。











IMG_8217_convert_20160318191533.jpg





IMG_8224_convert_20160318191601.jpg





IMG_8268_convert_20160318191622.jpg


『城のエリア』を出て、次に『石のエリ

ア』に向かいました。









IMG_8285_convert_20160319181847.jpg

凱旋門風(?)



石のエリアには、「凱旋門」、「兵馬俑」、

「万里の長城」、「ピラミッド」等々の

レプリカがありました。



私は新婚旅行でパリを訪れた際にエトワ

ール凱旋門を観ましたが、石のエリアに

は凱旋門をはじめとして沢山のレプリカ

が数えきれないほど設置されていました。










IMG_8367_convert_20160319181909.jpg


ピラミッド風(?)、









IMG_8369_convert_20160319181932.jpg


磨崖仏は急な階段をのぼって写真撮影を

しました。





今回掲載しました太陽公園の写真は、沢

山撮影致しましたうちのごく一部でござ

います。




今回は一眼レフのカメラを持参しており

ましたが、敷地は大変広く、お城のエリ

アを先に回った後、石のエリアに入り、

石のエリアの途中、石貨神殿の辺りで私

は、「疲れたから車に戻って待つことに

するわ。」と音を上げてしまいました。





息子からの、「荷物は持つから暫くここ

で休憩してゆっくり行きましょう。」と

の言葉で気持ちを立て直して、最後まで

歩くことに致しました。




石のエリアは、私にとっては夢の中で迷

路を彷徨っているような錯覚に陥る時も

あるような不思議な空間に思えました。



広い二つのエリアを全て回るには、心身

ともに体力を要する場所であると感じま

した。ここでは綴ることの出来ない様々

な出来事もございましたが、濃い一日を

過ごしました。半年経ちました現在では、

全て楽しい思い出として綴ることが出来

るようになっていました。














IMG_8402_convert_20160319182003.jpg


その日のももさんでございます。



この頃は、まだ小さくちぎったお野菜を

食べることが出来ていたのだと、写真を

眺めて感慨深い思いでおります。



帰宅後、ももを見ているだけで全てが浄

化されて行くように感じました。うさぎ

さんの力は偉大であると改めて思いまし

た。











<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_8404_convert_20160319182040.jpg





クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ








姫路城のことなど
三月十三日(日曜日)、一年振りに姫路

城を訪れましたので、その時のことなど

を記録しておきたいと思います。













姫路城は昨年のグランドオープンから一

年経ちましたので、そろそろ空いている

頃かしらと思い、家族で出かけましたが、

思っていたよりも多くの方々で賑わって

いました。










IMG_0001_convert_20160314181517.jpg


天守閣の中に入るにも長い行列が出来て

おり、入場制限をされていました。











IMG_0315_convert_20160314181626.jpg


お城の中に入りましたのは、小学生の時

の遠足以来でございましたが、天守閣の

中の記憶としましては、急な階段と板張

りの床の印象が残っておりました。




今回は多くの人々で混雑する中をゆっく

り階段をのぼり続けました。



六階にお祀りされている長壁神社に参拝

した後、四方の窓から見える景色を順に

見ました。




姫路城で頂いたパンフレットには、大天

守内の見どころが幾つか記載されていま

すが、その日は行列に従って歩く以外の

ことは出来ませんでしたので、次回は平

日にゆっくり見て回りたいと思いました。





大天守を出てから、西の丸に向かい百間

廊下の中を見学致しました。そこでは多

くの写真や図や地図による解説が掲示さ

れており、動画も視聴することが出来、

また解説の方のお話も直接伺うことも出

来ましたので、大変興味深く楽しい時間

を過ごすことが出来ました。




姫路城では写真も沢山撮影致しましたの

で、後日機会があればもう少し写真を掲

載したいと思っております。



この日は曇り空で、夜は雨も降りました

ので、いつか青空に映える姫路城の写真

を撮影したいと思います。



御参考までに、昨年の姫路城の記事は

こちらでございます。















IMG_9752_convert_20160314181745.jpg


『アジの開き』と言われる、両翼を持ち

上げた御機嫌な姿で踊る蕗でございます。









IMG_9772_convert_20160314181823.jpg


春の楽しさを満喫中の蕗です。









IMG_9721_convert_20160314181718.jpg


「ももちゃん、お外は暖かかったり寒か

ったりの日が続くけれど、ふやかしたペ

レットとすり潰したお野菜で元気に過ご

しましょうね。」










IMG_9773_convert_20160314181845.jpg


サークルの中で食休み中のももです。











<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_0143_convert_20160314181608.jpg






クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ








神戸動物王国 (2)
皆様こんばんは。

今回の記事は昨日の記事の続きでござい

ます。神戸動物王国で撮影致しました、

うさぎ以外の動物の写真を掲載致してお

りますので、よろしければ御覧下さいま

せ。









IMG_8488_convert_20160302192401.jpg


シロフクロウ


入り口を入ってすぐの所には、フェネッ

ク、ハイラックス、ミーアキャット等々、

を見ることが出来ました。









IMG_8540_convert_20160302195112.jpg


沢山のお花で飾られた会場内を通って、










IMG_8608_convert_20160302192433.jpg


少しの時間でございますが、バードショ

ーを見ました。










IMG_8611_convert_20160302192459.jpg


観客に向かって、「バイバイ。」をするオ

ウムさんです。










IMG_8825_convert_20160302192537.jpg


穏やかな雰囲気のカピバラさんです。









IMG_8853_convert_20160302192614.jpg


息子の好きなオニオオハシさんもいました。











IMG_8864_convert_20160302192708.jpg

(ベニコンゴウインコ)









IMG_8958_convert_20160302192801.jpg


世界で最も美しいと言われているという、

アクシスジカは大人になっても白い斑点

が消えないそうです。










IMG_8987_convert_20160302192836.jpg

(ラクダ)











IMG_9012_convert_20160302192905.jpg


ピグミーゴート、その他沢山の種類の動

物にあうことが出来、楽しい時間を過ご

せました。




この他、神戸動物王国には、ワンタッチ

ゾーン、ニャンタッチゾーン、コンタク

トパロッツというコーナー等がありまし

た。






私達は午後から出かけましたので、全て

を回ることは出来ませんでした。ニャン

タッチゾーンは、ピョンタッチ広場の近

くでしたが、とても長い行列が出来てい

ました。





神戸動物王国の全てを堪能するには、開

園の時間に入場して、一日かけて様々な

アトラクション等を楽しむのが良いと思

います。












IMG_8812_convert_20160302232527.jpg

IMG_8818_convert_20160302232556.jpg

IMG_8819_convert_20160302232618.jpg


その日の夕食は、いつものイタリアンレ

ストランで頂きました。













IMG_8456_convert_20160302200120.jpg


ディナータイムのももさんです。順々に

すり潰して行くお野菜を頂きます。













IMG_8468_convert_20160302194122.jpg


冬はエアコンの暖房で空気も乾燥しやす

いためか、ももがお水を飲む姿を時折見

かけます。










IMG_8464_convert_20160302194045.jpg


小窓の前で、「もう一度出たい。」と、

アピール中のももさんです。この後すぐ

に出て参りました。









クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ









神戸動物王国 (1)
皆様こんばんは。




二月二十八日(日曜日)、家族で神戸動

物王国に行って参りましたので、その時

のことなどを何回かに分けて、記録して

おきたいと思います。



今回の記事は、タイトルの「動物王国」

を「うさぎの王国」と心の中で変換しそ

うになってしまうほど、うさぎさんの写

真を掲載致しております。











IMG_8541_convert_20160301181828.jpg



神戸動物王国が、神戸花鳥園だった頃は

何度か家族で訪れておりましたが、動物

王国に変わってからは初めてでございま

すので、楽しみに致しておりました。



その日は日曜日ということもあり、駐車

場も混んでいました。





それぞれ忙しい中、時間を合わせて午後

に到着して、まっすぐ、『ピョンタッチ

広場』に向かいましたが、丁度お昼の休

憩時間にあたっておりましたので、近く

で開催されているバードショーを見て、

午後の部の開場十分前に戻りますと、並

んで待つ人々の列が出来始めていました

ので、私達も並んで待つことに致しまし

た。









IMG_8545a_convert_20160301181852.jpg





IMG_8547_convert_20160301181920.jpg





IMG_8550_convert_20160301181944.jpg


上の三枚の写真は、バードショーを見る

前に、ピョンタッチ広場の周囲を歩いて

いる時に撮影したものです。




丁度、一羽のうさぎさんが牧草入れに入

り込むところを撮影出来てうれしく思い

ました。



そして牧草入れからお顔を出している姿

も、近くにいるうさぎさんの後ろ姿も、

どちらもとても可愛くて眺めているだけ

で幸せな気持ちになりました。









IMG_8695_convert_20160301182003.jpg


ピョンタッチ広場の開場前のご説明で、

おやつの人参の購入は一家族につき一個

まで、入場後、十分間で入れ替えになる

とのことでございました。



小さく切った人参をお箸の先に刺して与

えるのですが、一つのカップの中に入っ

ている数個の小さな人参はあっと言う間

になくなってしまいました。










IMG_8735_convert_20160301182028.jpg


ピョンタッチ広場の中には、フレミッシ

ュジャイアントもいました。




最近、ヨーデルの森で見かけなくなって

おりましたので、息子も喜んでおりまし

た。




ピョンタッチ広場の中には、うさぎとモ

ルモットが沢山いました。皆、とても可

愛く微笑ましい姿を沢山見せてくれまし

た。











IMG_8758_convert_20160301182050.jpg


隅にいるうさぎさんを見て、娘と二人で

「ももちゃんに似ている。」と思わず呟

きました。












IMG_8772_convert_20160301182122.jpg


親馬鹿な私は、どんなうさぎさんを見て

も、もものする仕草や表情など共通する

部分を見つけては喜んでいるのですが、

上の写真のうさぎさんには懐かしさのよ

うなものさえ感じました。










IMG_8781_convert_20160301182218.jpg


娘も私も心を込めて撫で撫でをしました。










IMG_8798a_convert_20160301182300.jpg


十分間はあっというまに過ぎ去ってしま

いました。



ピョンタッチ広場のうさぎさん、モルさ

ん達、皆が元気に過ごせますようにと願

いながら室内に設置された広場を出まし

た。










<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_8774_convert_20160301182150.jpg







クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ









プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。