*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ももの小さなエピソード
皆様こんばんは。私の住んでおります所

では、今日は比較的暖かい日でございま

したが、皆様如何お過ごしでしょうか。



私は今日は、娘と息子と一緒に公園に出

かけてブライスの写真撮影を致しました

ので、後日の記事に掲載致したい思って

おります。







さて、ももの小さなエピソードでござい

ますが、残念ながらその時、私はカメラ

を手にしておらず、写真はございません

が御了承願います。






今週は娘の出張が続きましたので、娘の

いない時は、現在春休み中の息子が、娘

に代わってもものお野菜をすり潰してく

れました。





最初の日、ももはとてもお腹を空かせて

いたようで、凄い勢いで息子のすり潰す

パセリを三杯分頂いていました。




ももの食欲が落ち着いて来た頃を見計ら

って、私の膝に両前足をのせ、四杯目の

お野菜を頂き始めたももに、「ももちゃ

ん、○○(←息子の名前)にありがとう

の御挨拶は?」と話しかけますと、もも

は食べかけていたのをやめてお顔を上げ

両前足を私の膝から下ろしました。




そして次のお野菜を乳鉢ですり潰してい

る息子の所へ行き、何度も頭を下げまし

た。




ももが私達の言葉または意図するところ

をいつも大変よく理解しているうさぎで

あることは、私達家族も分かっているつ

もりですが、それでも、ももの今回の素

直な行動に軽い愕きを禁じ得ませんでし

た。





息子は、何度もお辞儀をするももに、

「おお。ももちゃん、ありがとう。」と

逆に何度もお礼を申しておりました。



私も、「ももちゃん、私の言うこともよ

く分かっているのね。お利口さんだわ。」

と褒め続けました。





ももは、今週娘の二度目の出張の際は、

一杯目のパセリを頂く前に、自ら息子の

もとへ赴き、お鼻を何度もツンと当てて

お礼の気持ちを表していました。




その日のももは、何度も息子の傍へ行っ

てはお鼻をツンと当てることを繰り返し

ましたので、息子も大量のお野菜をすり

潰しながらも思わず顔がほころんでおり

ました。




その間、私はもものお野菜を次々に小さ

くちぎっておりましたので、カメラを手

にするタイミングを掴めず、大変残念に

思いました。




今回のももの小さなエピソードには写真

がございませんでしたので、別の日に撮

影しました写真を以下に掲載致します。










IMG_7867_convert_20160305195003.jpg


サークルの中で休憩中のももです。










IMG_7869_convert_20160305195022.jpg


お野菜をすり潰すのを待っているところ

でございます。









IMG_7875_convert_20160305195109.jpg



最近のももは、すり潰したパセリを三杯

頂いた後は遊んだり休憩したりして過ご

しますので、パセリ以外のすり潰したお

野菜はお皿に入れてケージの中に置いて

おくようにしています。




上の写真のももは、遊んでいる途中にお

腹が空いて来たようで、ケージに戻って

すり潰したお野菜を頂いています。











IMG_7876_convert_20160305195132.jpg



その日は沢山遊んだ後でしたので、「そ

ろそろケージの扉を閉めても良い頃かし

ら。」と思い始めた時、











IMG_7881_convert_20160305195156.jpg


「まだまだ遊ぶつもりよ。」と言わんば

かりに急いで飛び出して来たももです。




先のエピソードと合わせて、ももには人

間の心の動きがよく分かっているようだ

と感心致しました。










<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_7874_convert_20160305195044.jpg


クッション枕にカクカク中のももです。

(※注 ももは女の子でございます。)






クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ








スポンサーサイト
リヴィングルームで過ごすもも





先日の夜のことです。ももはいつものように、元気

に毛布を運んで遊び、ふやかしたペレットとお野菜

を食べ、撫で撫でも沢山要求して、

















IMG_5497+1_convert_20140418201313.jpg




休憩もしました。その日は、娘がお料理を担当して

くれましたので、息子が、夕食の時間だと私を呼び

に来てくれた時、私はまだもものお野菜をちぎり終

えていませんでした。






私は、「まだお野菜をちぎり終わっていないので、

お先に三人でどうぞ。」と申しましたが、息子は

それなら待っていると申しますので、少し思案し

た後、とりあえず、ちぎり終えている分をケージ

に入れ、残りは夕食後、すぐにもものいるお部屋

に戻って来てちぎり終えれば良いと思い、ももに、

「すぐに戻って来ますから、ももちゃんはケージ

に戻って、お野菜を食べて待っていてね。」と、

声をかけました。





するとももは、小さくちぎり終えたお野菜をお皿に

入れている私の手元に突進して参りました。私はお

野菜に気を取られていて、その時は、一瞬何が起こ

ったか分かりませんでしたが、ももは私の言ったこ

とに怒ったようで、私の手にももの前歯が当たった

ようです。






怪我はしませんでしたが、軽い痛みがあり、ももに

「駄目でしょう。」と注意をすると、サークルの奥

に逃げて行きましたので、追いかけて捕まえ抱っこ

をして、「人に歯を当てたり噛んだりしてはいけな

い。」と、今後のこともあるので言い聞かせました。




その後、仰向け抱っこもしましたが、ももは静かに

していましたので、自分がしたことが悪いことだと

分かっているようでした。







ももは、昨年の九月に、乾いたペレットと牧草が食

べられなくなり、それ以降、大量のお野菜を手でち

ぎって与えるようになりましたので、その間、ケー

ジのお外でのお遊びの時間も長くなり、回数も多く

なり、それにつれて、ももの要求水準も高くなって

来ていることを感じています。





大好きな牧草を、自分の歯で思うように食べられな

いももを不憫に思う気持ちがありますので、私も、

ももの要求を出来る限り叶えたいという気持ちで接

していることを、ももも感じ取っているようで、そ

の日は、ももも寂しいのでしょうと思い、リヴィン

グルームに連れて行くことにしました。
















IMG_5526+1_convert_20140418201712.jpg




ももに、「まだケージに戻りたくないのなら、リヴ

ィングルームに一緒に行くことにする?」と声をか

けますと、ももはその場でじっとしておりましたの

で、抱き上げてリヴィングルームに連れて参りまし

た。














IMG_5516+1_convert_20140420001822.jpg




和室から運んだ、もものベッドの上で寛いでいます。





「これから何をして遊びましょうか。」と、考えて

いるところかもしれません。
















IMG_5533+1_convert_20140418202518.jpg




晩御飯を一緒に頂くももです。

















IMG_5549+1_convert_20140418202905.jpg





ももがよく行くドアの手前に、おもちゃを置きまし

た。ももは、この場所が気に入ったようです。

















IMG_5567+1_convert_20140418203211.jpg




この日は、娘にも沢山撫でてもらって満足したよう

でした。

















IMG_5584+1_convert_20140418203442.jpg




好物のパセリは、和室にいる間に食べ終えて、春菊

を入れた容器も空になり、残っているのは人参葉と

大根の中抜き菜とセロリの葉の入ったお皿です。

















IMG_5587+1_convert_20140418210225.jpg




ももは、一生懸命食べているうちに、お野菜をのせ

たトレーの上にのってしまいました。

















IMG_5606+1_convert_20140418203738.jpg




この日の夜、娘は、「ももちゃんは、大分落ち着い

て来たわね。」と、何度も申しました。





昨年の暮れ頃、リヴィングルームで過ごした時は、

お部屋のあちこちを走り回りながら、ウ○チを一粒

ずつ落して、マーキングをしておりましたが、この

日はドアの近くに置いたト○レで用を足し、もも用

に敷物を置いたスペースで楽しそうに過ごしていま

した。
















IMG_5616+1_convert_20140418204133.jpg




ももを我が家にお迎えして五年七か月になりますが、

リヴィングルームで過ごした回数は少なくても、前

回のことを忘れるということはないようで、一回毎

にお部屋に慣れ、落ち着いて来ているようです。






野生のうさぎさんも、一度訪れた場所は忘れず記憶

に留めているのでしょうと思います。
















IMG_5618+1_convert_20140418204341.jpg




「ももちゃん、しっかりお野菜を食べて、これから

もずっと元気に過ごしてね。」

















諸々の事情により記事の更新が滞り、申し訳ござい

ません。その間も、御訪問、応援クリック等を頂き

感謝申し上げます。ありがとうございます。これか

らも少しずつでも、我が家の(主にももの)記録を

綴って参りたいと思っておりますので、どうぞよろ

しくお願い申し上げます。

























<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>







IMG_5534+1_convert_20140418202703.jpg












クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










ももからの様々なメッセージ
IMG_3548+2_convert_20120815125003.jpg


最近のももは、以前は毎日していた、私の所に毛布を運んで来ては、

投げられた毛布を追いかけて、また運んで来るという遊びをしなくな

ってしまいました。



























IMG_3550+2_convert_20120815125047.jpg


ももが毛布遊びをしなくなったのは、動物病院へ行く日が近付いて来

た、今月始め頃からでしたので、最初は不機嫌なせいかと思い、動物

病院から帰宅後は、歯の治療が終わり疲れているせいかと思っており

ましたが、最近は、同じ遊びを続けることに飽きてしまったのかもしれな

いと思うようになりました。
























IMG_3554+2_convert_20120815125141.jpg



「ももちゃん、また新しい遊びを見つけてね。」



私も、ももに気に入ってもらえるようなおもちゃを探そうと思って

おります。



























IMG_4103+2_convert_20120815122718.jpg









IMG_4109+2_convert_20120815122757.jpg



毛布遊びをしなくなった代わりに、お遊びの時間はお部屋のパトロー

ルに余念がないももです。(逆光のため、上手く撮影出来ず申し訳ご

ざいません。)

























IMG_4526+2_convert_20120815122328.jpg



娘の一か月余りの不在の間、もものケージのお掃除は私がしているの

ですが、その間ももは、私の腕や背中に前足をかけたり、お鼻をツンと

当てて来たり、私の周りを身体を擦り付けるように歩き回ったりして遊ん

でいます。

























IMG_4528+2_convert_20120815122436.jpg



ももに、「お掃除ありがとう。」と言われているような、「一緒に遊ん

で頂戴。」と催促されているような、そのどちらもを含んでいるような

様々な仕草が、私にはとても可愛く思えます。




もしかしたら、「しっかりやりなさい。」と言われているだけなのかも

しれませんが・・・。

























IMG_4530+2_convert_20120815122520.jpg



昨日の午前中、もものケージのお掃除をしている時、ももが二回も

蕗のアクリルケースの後ろの通路を塞いでいる金網を動かしたこと

がありました。






私は二度とも、お掃除の手を止めてももの所へ行き、「もう悪戯を

しては駄目よ。」と、注意しました。お掃除の終わり近くになって、

和室が普段より暑いように思え、エアコンを見上げると、前夜の雷

雨のせいで停電になった時に電源が切れたままの状態でした。







昨日は、前夜から涼しかったため、エアコンの電源が切れているこ

とに、私は気付かないままでしたが、ももには暑く思えていたので

しょう。






そして、以前、エアコンの設定温度をもう少し下げるべきかどうか迷

っていた時、ももが蕗のアクリルケースの後ろへの通路を塞ぐ金網を

お顔で動かしたのを見て、「ももは、暑くて不機嫌なのかもしれない。」

と気付き、エアコンを付けたことがありました。(参考記事)






もしかしたら、ももはその時のことを覚えていて、私にエアコンの

スイッチを入れるよう訴えていたのかもしれないと思いました。

























IMG_4532+2_convert_20120815122617.jpg



私がエアコンを付けてお部屋が涼しくなると、ももは安心したように

ケージに戻って、ペレットを食べ始めました。




「ももちゃん、エアコンが切れていることを教えてくれていたの。」と、

聞いてみましたが、ももは穏やかな表情でペレットを食べているだけ

でした。











記事の更新、皆様のブログへのご訪問等、滞りがちですが、動物病院

へ行った時のこと、牧草を購入した時のこと等々、少しずつ記録して行

きたいと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。


























<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_4162+2_convert_20120815122852.jpg







クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










目は口ほどに・・・。
このブログを綴っている今、窓からは降り続く雪が見えています。私の住んでいる所で

は雪が降ることは少なく、積もることは数年に一度程度という感じですので、雪が降っ

ているのを眺めると子どもの頃と同じようなわくわくした気持ちになります。




今日は冷え込む一日となりそうですが、皆様お風邪などひかれませんようお気をつけ下

さいませ。ここ数日間ほど私は風邪気味でしたが、やっと治まりかけて来たところです。


























IMG_3947+2_convert_20120214141107.jpg


お目目パッチリ、いつも通りの可愛いももです。(←いつもの親馬鹿でございます。お許

し下さいませ。)


























IMG_3948+2_convert_20120214141220.jpg


ももに困ったことをされて注意した時など、ももが半眼になると迫力があり、私は気圧

されそうな圧迫感を感じます。(この時のももは眠いだけのようです。)



























IMG_3949+2_convert_20120214141319.jpg


夢見るももです。(笑)「何して遊ぼうかな~?」などと考えているのでしょう。





「目は口ほどに物を言う。」という諺がありますが、鳴かないうさぎさんの場合は一層

目で語りかけてくれることが多いように思います。





































IMG_3978+2_convert_20120216160328.jpg



今朝の出来事です。ももの朝のお掃除とお給仕をするため娘と私で和室に入った時、もも

はケージから出たいとアピールしていました。その様子を見た私は、午前中は外出の予定

があったため、「どうしましょう。ももちゃんを五分だけ出して、また戻ってもらうなんて出来

ないし・・・。」と、話しかけました。娘は、「私なら、『五分たったから入って頂戴。』ってももち

ゃんに言えるから大丈夫よ。」と答えました。


























IMG_3985+2_convert_20120216160452.jpg



「ももちゃん、五分だけね。」と、声をかけながらケージの扉を開けますと、ももはいつも

通り勢いよく飛び出して来て、まずお部屋のト○レに行きました。(繁殖期のももは極力

ケージの中のト○レは使わず、お部屋用のト○レを使うようにしているようです。)

























IMG_3963+2_convert_20120214141733.jpg


最近は、ももがケージから出て来たらお膝抱っこをしてナデナデをしているのですが、

今朝はそれを拒否してお膝に乗らないでナデナデすることを要求されました。その後、

サークルの中の段ボールの後ろで一羽で遊んでいました。







そうして娘がもものト○レのお掃除を終え、私がもものお食事のセットをして二人で

しばらく話をしている時、ももは段ボールの陰から走り出て来て自分からサッとケー

ジに入りました。





「ももちゃんがケージに入ったわ。」という娘の声で、私は初めてそのことに気付き、

ケージの扉を閉めました。





その時は、「偶然にも短時間のお遊びでももがケージに戻ってくれて良かったわ。」

と思いましたが、お部屋を出てしばらくしてから、「あれは偶然ではない。ももは『少し

しか遊べない。』と言った私の言葉を理解しているし、『五分経ったらケージに戻す。』

と言った娘の言葉も理解していたから、遊んでいる間は、娘と私に捕まらないようにお

膝抱っこも拒否して、サークルの中の段ボールの後ろで遊んで、娘にケージに戻され

る前に自分からケージに戻ったのだわ。」という考えが浮かんで来ました。








これまでのももとの様々なやりとりを思い返して、その考えは私の中では確信に変わっ

て行きました。









リヴィングルームに戻ってその話をしますと、娘も私と同意見でした。息子は、「しかも

相手と状況によって(お遊びの時間の)引き伸ばし作戦が通用するかどうかも考えてい

るしね・・・。」と、申しました。(※注 二月十四日のブログの記事及び動画を参照の

こと。)









うさぎさんとしては立派な大人の年齢である三歳のももが、「自分の意思で動きたい。」

と思うのは当然のことで、そんなももの様子を見る度、いつかももを放し飼いにしたい

という夢の実現に向けて少しずつでも準備を進めて行きたいという気持ちになるのでし

た。



























<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_4022+2_convert_20120214142118.jpg









※コメント欄はしばらくの間開いたり閉じたりするかもしれません。コメントへの御返信

&更新は遅くなるかもしれませんが出来る限り頑張りたいと思っておりますので、これ

からもどうぞよろしくお願い致します。







クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。