*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
大きなベッドを運んで遊ぶもも
昨日の午後は、娘が早目に帰宅出来るとのことでし

たので、一緒に遅めのランチに出かけた後、二人で

お掃除をすることにしました。









ランチに出かける準備をする前に、もものお給仕を

しましたが、「今日は、お遊びの時間は少しだけに

して、早目にお家(ケージのことです。)に戻って

ね。」と、声をかけてから、もものケージの扉を開

けました。







娘も、もものお野菜を小さくちぎるのを手伝いに来

てくれましたので、「最近のももちゃんはね、大き

い方のベッドを運んで遊んでいるのよ。」と、申し

ますと、娘は、「え。どうやって運ぶの。私も見た

い。」と、興味津津の様子です。









そこで、既にももが運んで移動させていたベッドを、

元の定位置に戻しますと、ももは早速、ベッドを運

び始めました。






















運び方は、毛布やクッションを運ぶ時と同じように、

前足でベッドをホリホリしながら、後ろ向きに運び

ます。

















IMG_6464+1_convert_20140424202241.jpg




もものお野菜をちぎりながら、「わあ。ももちゃん、

凄いわね。」と、歓声をあげる娘に、お鼻をツンと

当てて御挨拶をするももです。
















IMG_6465+1_convert_20140424202743.jpg




娘が、ももがベッドを運ぶところをもっと見たいか

らと、ももが運んで来たベッドを何度も元の位置に

戻す度に、ももはベッドを運んで来ましたが、「も

うふやかしたペレットも頂いたし、ベッドを運ぶ姿

も見せたから、そろそろお家に入る時間かしら。」

と考えたのか、

















IMG_6475+1_convert_20140424203100.jpg





ももは自らケージの中に入ってしまいました。



もしかしたら、娘と私がおしゃべりをしているのが

面白くなくて、注目を集めようとしたのかもしれま

せんし、「今回は早目に戻ってね。」と言われたこ

とを覚えていたのかもしれません。








ももは、娘と私がまだお野菜をちぎり終えていない

ことに気付いたのか、もう一度ケージから出て参り

ました。


















IMG_6491+1_convert_20140424203505.jpg



私がちぎっている途中のパセリを、美味しそうに頂

くももです。






「ももちゃん、今日はお出かけした後、お掃除を頑

張りますから、その後、また一緒に遊びましょうね。」

















IMG_6498+1_convert_20140424203843.jpg




ももは昨夜のお遊びの時間も、大きなベッドを何度

も運んで遊んでいました。

















IMG_6504+1_convert_20140424204136.jpg




写真では分かり難いと思いますが、このベッドはお

花とうさぎの絵柄のもので、何年か前に購入したも

のです。その時は、まさか、ももがこんな遊びに使

う日が来るとは思いませんでした。





春になってエネルギーに満ち溢れたももが、楽しく

遊ぶ姿を見ることが出来、うれしく思っています。



















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_6455+2_convert_20140424201450.jpg












クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











爪とぎ器で遊ぶもも




網戸越しにお外を眺めるももです。




「ももちゃん、また一緒にお散歩に出かけたいわね。」


















IMG_5769+1_convert_20140422181018.jpg






最近は落ち着いていたように感じていましたが、春

の訪れとともに、ももは再びお部屋の隅やサークル

の奥をホリホリし始めました。






私がももを撫でている間は、じっと気持ち良さそう

に横たわっていますが、撫でるのを止めてお野菜を

小さくちぎり始めると、直に金網の近くやサークル

の陰に行ってホリホリすることが増えて参りました。







そんなももに、何か気晴らしになるようなおもちゃ

はないかと思っておりましたので、ペットショップ

で写真のような爪とぎ器を見かけた時は、「もしか

したらこれで楽しく遊ぶかもしれない。」と思いま

した。







購入した爪とぎ器をももの前に置きますと、ももは

匂いを確かめたり、少し齧ってみたり、上に乗った

り、ホリホリしながら後ろ向きに運んだりして遊び

ました。


















IMG_5776+1_convert_20140422181320.jpg




ももは、爪とぎ器をケージの扉の前まで運んで、そ

の上に乗り、そこからケージの中に入りました。





「一体、これは何なのかしら。」と、観察しながら

考えているのかもしれません。

















IMG_5777+1_convert_20140422183423.jpg




今度はケージの中から爪とぎ器の上に飛び乗りまし

た。


















IMG_5783+1_convert_20140422183816.jpg




「踏み台にも使えそうね。」


















IMG_5784+1_convert_20140422182134.jpg




爪とぎ器の上から下の方を覗いてみたりして、楽し

そうなももです。


















IMG_5802+1_convert_20140422182641.jpg




爪とぎ器の上で遊んでいるももを見ているうちに、

ふかふかの毛に覆われたうさぎさんの足の裏は、ソ

アホックに注意しなければいけないという気持ちに

なり、おもちゃとして遊ぶのは短時間にしておいた

方が良いと思えて参りました。





うさぎさんの足の裏に優しい材質で、ホリホリを楽

しめるおもちゃがあれば・・・と思いかけては、否、

あまりホリホリに夢中になると、巣作りの衝動を誘

発するかもしれず(実際、ももは先日少し巣作りの

ような行動をしました。)、やはり、撫で撫での時

間を更に更に増やして、ももには落ち着いて過ごし

てもらえるようにするのが良さそうだと、思い直し

たのでした。



















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>






IMG_5812+1_convert_20140422182842.jpg



お遊びの時間、私がクッションを投げるのを待って

いるももです。












クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











ももに爪をとぐおもちゃを与えてみました






パセリの奥から春菊を引っ張り出して、食べるもも

です。






ももは、パセリを毎日二~三パック食べ続けている

うちに、少し飽きて来たようで、最近は、以前のよ

うに真っ先にパセリを頂くということはなくなりま

した。



















IMG_5716+1_convert_20140421184420.jpg





春菊は、毎日二~三束をずっと食べ続けていますが、

飽きるということがないようです。ももの一番の好

物は春菊かもしれません。

















一週間程前のことになりますが、ペットショップで

もものおもちゃにと思い、猫さん用の爪とぎ器を購

入しました。

















IMG_5725+1_convert_20140421184557.jpg




爪とぎ器はベッドの形をしていて、その上で休憩

することも出来るようになっていますので、もも

も、本来の使い方はしなくても、遊びに使えるか

もしれないと思いました。

















IMG_5729+1_convert_20140421185023.jpg




ももは、新しいおもちゃを早速チェックしています。


















IMG_5752+1_convert_20140421185818.jpg





ももは、一通り爪とぎ器のチェックを終えると、


















IMG_5753+1_convert_20140421190216.jpg





毛布やクッションを運んで遊ぶ時と同じように、爪

とぎ器を後ろ向きにホリホリしながら運び始めまし

た。

















IMG_5759+1_convert_20140421190745.jpg




「ももちゃん、元気ね~。爪とぎ器を運ぶなんて凄

いわ。」(序でにももの爪もとげると良いのですが

・・・。)

















次回の記事では、爪とぎ器で遊ぶももの様子と、爪

とぎ器をもものおもちゃに購入しようと思うに至っ

た経緯(と言うほど大袈裟なものではございません

が)、などについても言及する予定でおります。

















<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>





IMG_5728+1_convert_20140421184841.jpg





「ももちゃん、そこで思い切りホリホリして見ては

如何?」














クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










もものお遊び・動物病院のこと
IMG_8760+1_convert_20130112181736b.jpg


一月十三日、日曜日に夫の運転で娘と私の三人でももを動

物病院へ連れて行って参りました。





今回は、ももの前歯は伸びていないとのことで、右下の臼歯

がほんの少しだけ伸びているのを、麻酔をして削って頂きま

した。次回の診察は二か月後で良いとのことで、このまま少

しずつでも良くなって行ってくれますよう願っております。
















IMG_9071+1_convert_20130126192355.jpg



動物病院から帰宅後、三人で外出したり色々と慌ただしく過

ごしておりましたので、もものキャリーのお掃除が遅くなって

しまいました。















IMG_9087+1_convert_20130126192629.jpg



ももは、いつものように楽しそうに念入りにキャリーのチェ

ックをしていました。
















IMG_9096+1_convert_20130126192747.jpg


扉も













IMG_9098+1_convert_20130126192851.jpg



中も













IMG_9100+1_convert_20130126192946.jpg



側面も

















IMG_9120+1_convert_20130126193553.jpg



上部の扉も、全てに顎を擦りつけます。




















IMG_9079+1_convert_20130126192527.jpg


蕗はケージの中から、そんなももの様子をじっと興味深そ

うに眺めていました。「ももちゃん、頑張っているね。」とで

も思っているのでしょうか。

















IMG_9125+1_convert_20130126193723.jpg


キャリーの中からお外を眺めてみたりもして、まるで新し

いおもちゃで遊ぶ時のように熱心にチェックをして、もも

はやっと満足したようでした。








昨年の十一月二十九日に、動物病院から帰って来た後のこと

など、記録しておきたいことはたくさんありますが、それはまた

次の機会を待ちたいと思います。

















先日、ももがプラスチックの容器で遊ぶ様子を動画に撮り

ましたので、よろしければ御覧下さいませ。












もものお遊びの時間に、もものブラッシングをする準備とし

て、もものお手入れの時専用のごみ箱の代わりに使ってい

る空のプラスチックの容器をサークルの中に置きます。





ももは、時々もっと遊びたい時など、私が置いた容器をお口

で銜えて投げ飛ばしたりしますので、この日はそんなももの

様子を動画に撮ろうと、私はカメラを準備してから容器をサ

ークルの中に置いて、「ももちゃん、投げてみて。」と頼んだ

のですが、ももの動くスピードは予想以上に速く、最初に撮

影出来たのは、投げ終えた後の動画でした。



そのため、「ももちゃん、もう一度投げて頂戴。」とお願いし

てみますと、ももは機嫌良くもう一度容器を投げて遊ぶ様子

を見せてくれました。














<リュリュママの本日のお気に入りの一枚>







IMG_9060+1_convert_20130126192249.jpg


「いつも色々と協力しているのよ。」










クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)