*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もも、動物病院へ。
IMG_3419+2_convert_20101121044343[1]a




ももが右足の爪を折るケガをしたのは、金曜日の午後のことです。





ももが、お遊びの時間にお部屋の中を走り回っていた時、ふと

見ると、床に血がついていたため、あわてましたが、ももの右

足のつま先から出血していることが分かり、爪を折っているよ

うでしたので、ももをケージに戻しました。








ケージに戻したももの様子を見ていると、ももは、自分で怪我

をしたところを何度もなめていて、出血は止まったようでした。








ももが爪を折ったのは二度目ということもあり、出血が止まった

ことで安心していました。






その日の夜、ももをケージから出した時も元気いっぱい遊んで

いましたので、もう大丈夫だろうと思いましたが、怪我をした

直後は、ももが嫌がって触ることが出来なかった足の爪の状態

を見ようと思い、娘と二人で、ももを撫でながら、

「ももちゃん、足を見せてね。」と言うと、










ももは、身体をサッと沈ませて足を触り難くし、更に、スッと

後ろ足を身体の下に隠しました。










「何か、二段階で隠したわね。」と、娘と笑いながら言い合い

ました。そして、ももが二段階で隠した後ろ足を身体の下から

引き出して、爪先の毛をかき分けて見てみましたが、血が止ま

っていることは分かったものの、どうなっているのかは、はっ

きりとは分かりませんでした。










昨日、土曜日の朝も、お昼も、ももは変わらず元気でしたが、

夕方、ケージから出した時に、ももの身体の右側に血がついて

いるのに気付き、ももを抱っこしてじっくり見ると、金曜日に

怪我をした所からまた出血していることが分かりました。












IMG_3429_convert_20101121044737[1]a


(動物病院から帰って来た日の夜、キャリーをチェックする

ももです。)





爪は、以前のように根元から折れたのではなく、途中から折れ

て、そこをひっかけたのかもしれないと思いましたが、ももの

爪先を見ても、どういう状態かはっきり分からないため、丁度

外出先から帰宅したばかりの娘と一緒に、ももを動物病院へ連

れて行くことにしました。







高速道路は渋滞していて、思っていたより時間がかかり、動物

病院も混んでいました。









ももの後ろ足の爪は、やはり途中から折れていたようで、止血

剤を使ったけれども、また、出血することもあるかもしれないが、

大丈夫でしょうとのことでした。








せっかく動物病院に行くことにしたので、日頃気になっている

こともいくつか聞いて、爪切りもお願いしました。







ももが、最近ケージの中のト○レを使わないことや、もものオ

○ッコは子うさぎの頃から赤っぽいことがよくあり、今迄何度

か潜血反応を調べたけれども、反応が出たことはないことを話

し、最近ケージの中でオ○ッコを我慢しているのだとしたら、

膀胱炎にならないか心配に思っていることも伝えました。








そして、膀胱炎を起こしていないかを、エコーで検査して頂き、

ももの膀胱は綺麗で大丈夫だとのことでした。潜血反応を調べ

る紙も出して頂き、避妊手術についても少しだけですが、お話

を伺いました。












IMG_3428+2_convert_20101121044612[1]a





ももの体重も測って頂きましたが、1.9Kgとのことでした。









ももの右足の爪が折れた所も、見せていただいたのですが、じ

っくり見ても、怪我の部分には、血液が固まった状態が見えるだ

けで、どんな怪我なのかは、はっきりとは分かりませんでした。







動物病院へ行くために家を出たのは夕方でしたが、帰宅したの

は夜遅くになってしまいました。















ももにとっては長時間の外出となりましたが、ももの怪我が心

配のない状態だということが分かり、膀胱炎にかかっていない

ことも分かりましたので、良かったと思っています。












IMG_3420+2_convert_20101121044442[1]a






ももは、帰宅後はお部屋の奥に走って行って隠れていましたが、

夜、キャリーのお掃除をしようとすると、傍に来てチェックを

念入りにしていました。











IMG_3421+2_convert_20101121044526[1]a



そうして、あちこち元気いっぱいに走り回っていました。


ももが、もう怪我をしませんように・・・。








(リュリュママの本日のお気に入りの一枚)


IMG_3435+2_convert_20101121044824[1]a



クリックしてね、幸福のポチ。どうぞよろしくお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

リュリュママ

Author:リュリュママ
オカメインコの蕗(ふき)とライオ
ンラビットのももと暮らすリュリュ
ママの日記

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ ↑ ランキングに参加致しております。 クリックして頂けると更新の励みに なります。 どうぞよろしくお願い致します。
復興への願いを込めて
IMG_9009+2_convert_20110407143828[1]
FC2カウンター
このブログについて
このブログはオカメインコの蕗(ふき♂)と、 うさぎのもも(♀)と、夫と、大学生の娘と、 高校生の息子と暮らす主婦・リュリュママ の日記です。

036+2_convert_20101118231049[1]b

蕗(ふき):オカメインコ♂ 2007年7月生まれ 2007年7月20日、 我が家に迎えて差し餌をして育てた。我が家で5代目のオカメイン コである。紙が大好きで、紙をかじって遊んでいる時は、大変攻撃 的になるが、普段は明るくおしゃべりが上手でいたずら好きのイン コである。爪切りが苦手。

076+3_convert_20101118233354[1]

もも:ライオンラビット♀ 2008年7月生まれ 9月のある日、 リュリュママがペットショップで出会ったうさぎを忘れることがで きず、2008年9月20日、我が家に迎え、ももと名付ける。 ベッドをくるくる回して遊ぶことが好き。蕗が注目を集めていると 不機嫌になるが、普段はなでなでの好きな甘えっ子で、リュリュマ マ&娘を完全に籠絡しているようである。蕗と同じく爪切りが苦手。

2010年1月5日 記

2016年8月2日追記

ももは、2016年7月29日、八歳でお月様に 帰りました。

(ももをお迎えしましたペットショップの方の お話では、ももは7月下旬生まれとのことでござ いましたが、我が家では覚えやすい8月1日を仮 のお誕生日としてお祝いすることに決めておりま したので、これまでブログ内ではそれをもとに表 示して参りましたが、今回のことを機に、より正 確に表示することに致しました。御了承願います。)

(カウンター設置:2010年5月13日)


蕗とももの宝石箱
IMG_6249+1_convert_20120925101935c.jpg
最新記事
カテゴリ
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。